鉄道ホビダス

2013年1月15日アーカイブ

武田雄太(北海道)
2013_01_13_takeda_yuta001.jpg
車体の仕様は昨年4月に導入された8009号車と同様である。
'13.1.13 函館市企業局交通部大森線 松風町―函館駅前
 811号車をアルナ車両で車体更新した8010号車が1月11日(金)より営業運転に投入された。車輌側面には「全国"鉄道むすめ"巡り2nd」と市電100周年を告知するラッピングが施されている。8010号車の登場で原型のまま残る800型は812号車1輌のみとなった。
宮島昌之(石川県)
2013_01_15_miyajima_masayuki001.jpg 運転台側に転落防止設備が取り付けられた521系が登場。
'13.1.15 北陸本線 東金沢

2013_01_15_miyajima_masayuki002.jpg
横方向から見た転落防止設備。

'13.1.15 北陸本線 東金沢
 金沢総合車両所所属の521系G06編成(クモハ521-11+クハ520-11)の運転台側左右に、転落防止用とみられる幌(柵)が取り付けられているのを1月15日(火)の440Mで確認した。
 同編成の足回りが綺麗であったことから、金沢総合車両所松任本所で検査を受けた際に取り付けられたものとみられる。
 G06編成が同系で初めて取り付けられた編成かどうかは全て確認できていないが、先月12月の時点ではこのような521系の姿を見かけることがなかったことから、ここ最近登場したものと考えられる。
 昨年秋、近畿エリアの223系に同様の設備が取り付けられた編成が登場し話題になったが、北陸エリアの521系にも安全策にともなう同様の取り組みが始まった模様だ。
 また、現時点で試験的な扱いかどうか不明だが、今後、同所属の他のG編成や、敦賀地域鉄道部のM編成やE編成にも順次取り付けられるのか、また仮に取り付けが進んだ場合、2011年5月頃より始まった同様の理由による、4輌(6輌)編成での中間先頭車間の「前照灯点灯」の扱いが継続されるのか、今後の動向が注目される。

酒井将孝(広島県)
2013_01_15_sakai_masataka001.jpg
夕日にあたりながら広島地区を走る223系MA21編成。
'13.1.15 山陽本線 広島―横川
 1月15日に網干総合車両所宮原支所223系6000番代MA21編成(減車2連)が下関に回送された。同編成は下関エリアで試運転を行なうものとみられる。
佐久間悠太(東京都)
2013_01_13_sakuma_yuta001.jpg
山梨エリアからの成田線直通列車。
'13.1.13 中央本線 日野―立川
 1月6・13日、松本車両センター所属のE257系M-107編成を使用した快速〈成田山初詣やまなし号〉が小淵沢→新宿→成田で運転された。なお14日には青梅→立川→新宿→成田で快速〈成田山初詣青梅号〉が運転されている。
穂積諒介(東京都)
2013_01_12_hodumi_ryosuke001.jpg
久慈川沿いに走るお座敷列車。
'13.1.12 水郡線 矢祭山―下野宮
 1月13日に初詣臨時列車としてキハ40・48形"ふるさと"を使用した団体臨時列車が常陸大子―福島間で運転された。これに伴い12、14日に小牛田―常陸大子間で回送運転が実施されている。
渡邊一弘(大阪府)
2013_01_13_watanabe_kazuhiro001.jpg
曇天に輝くHID。
'13.1.13 山陰本線 亀岡―馬堀
 リニューアルを受けた吹田総合車両所京都支所所属の221系K12編成が営業運転に復帰した。同編成は昨年末に出場し、乗務員訓練や向日町での検修訓練、1月10日の報道公開ののち、11日から営業運転に就いている。
宮島昌之(石川県)
2013_01_13_miyajima_masayuki001.jpg 特産"能登かき"が旬を迎える冬にあわせて運転。今年は新たに第2便の復路も設定された。
'13.1.13 のと鉄道七尾線 西岸

2013_01_13_miyajima_masayuki002.jpg
使用車輌の返却を兼ねていた137D。

'13.1.13 のと鉄道七尾線 能登中島―西岸
 のと鉄道七尾線では1月12日(土)より、臨時列車"牡蠣グルメ&語り手列車"の運転を開始した。1月13日(日)はNT212が使用され、穴水方(往路向き)にオリジナルヘッドマークが掲出された。
 これは「能登ふるさと博(冬シーズン)」開催にあわせ、和倉温泉観光協会及び和倉温泉旅館協同組合と、のと鉄道が協力して昨年に続き実施しているもので、同列車には"山ちゃん"こと、のと鉄道の名物ガイドが乗務し、沿線の魅力や見所を軽妙な語りで紹介する。また乗車後は沿線の駅周辺に点在する、今が旬の特産"能登かき"料理でもてなす食事処(事前に予約)を利用することで絶品牡蠣料理が堪能できるというもの。
 期間は1月12日(土)~3月24日(日)の土曜・日曜及び祝日限定で、運行区間は第1便が七尾・和倉温泉―穴水(折り返し)―和倉温泉間、第2便が和倉温泉―穴水(折り返し)―七尾間と、昨年に比べ第2便の復路が新たに設定されたほか、期間が大幅に延長され、運賃兼参加費は往復で500円(各便の往路乗車の際に車内精算、食事処での代金は別)と、利用しやすい内容となっている。
 さらに、のと鉄道では今季も穴水駅の一部を特別に改装した食事処"穴水駅ホームあつあつ亭"を開設、"牡蠣グルメ&語り手列車"の運行日にあわせて営業している。
 のと鉄道本社の一部と駅ホーム跨線橋の通路に炭火コンロが並べられ、生牡蠣や魚介の干物を焼いて食することができるほか、牡蠣御飯などをあわせたセットメニューもある。このため駅構内のみならず周囲まで炭火焼独特の美味しそうな匂いや磯の香りで溢れていた。
 これらの詳細は、公式ホームページや、昨年10月末より新たに設けられたFacebookのページに掲載されているので、沿線を訪れる際はぜひ参考にしてみてはいかがだろうか?
 なお、同臨時列車運転に伴い車輌運用の一部が変更されている模様で、13日(日)に確認したところでは所定136D~137Dの流れのところ、136D(花いろラッピング:NT201)が七尾駅到着後臨時ダイヤにて穴水駅へ返却回送され、一方で同臨時列車の第2便復路が七尾駅到着後、そのまま137Dに充てられた。
 同臨時列車がJR七尾駅の"のとホーム"に入線できるよう、線路を空けるためと考えられる。

濱田昂之(東京都)
2013_01_11_hamada_takayuki001.jpg
五井を発車し上り勾配。
'13.1.11 内房線 五井―姉ヶ崎
 1月11日、内房線経由で外房線へレール輸送の工臨が運転された。11日は新小岩(信)を出発し内房線経由で安房鴨川へ向かった。
 なお翌12日に安房小湊付近で取り卸しを行い、大網経由で新小岩(信)に戻っている。また牽引は全区間をDE10 1202が担当、チキ車の編成はC編成が使用された。
中司純一(兵庫県)
2013_01_13_nakatsukasa_junichi001.jpg
福知山電車区287系FA03編成による9076M。
'13.1.12 福知山線 西宮名塩―生瀬
 1月2日より運転を開始した9076M特急〈こうのとり86号〉だが、既報の通り、6日までの5日間は福知山電車区381系FE62編成が6連で充当されていたところ、13日(日)からは同区の287系FA編成(4連)に変更されている。13日はFA03編成が使用された。
 2月末までの日曜及び祝祭日が運転日だが、13日以降はFA編成が充当される予定である。
佐々木淳人(千葉県)
2013_01_12_sasaki_junto001.jpg
総武快速線を行く209系2100番代C621編成。
'13.1.12 総武本線 西船橋―船橋
 1月12日、幕張車両センター所属の209系2100番代を使用した団臨が両国→千葉→姉ヶ崎→君津の経路で運行された。
酒井将孝(広島県)
2013_01_12_sakai_masataka001.jpg
宮島線で試運転を実施する1001号。
'13.1.12 広島電鉄宮島線 廿日市市役所前(平良)―宮内
 先日江波車庫に陸送され、車庫内で試運転をしていた新型低床車輌1001号が荒手車庫に回送され、1月12日に荒手車庫→宮島口→荒手車庫の経路で試運転が実施された。なお、試運転は数往復実施された。

【JR貨】EH800-901 東福島へ

岡田雄太郎(栃木県)
2013_01_12_kadowaki_tsubasa001.jpg 仙台貨物ターミナルから検測コンテナを併結して東福島へ。
'13.1.12 宮城野貨物線 仙台貨物ターミナル P:門脇 翼

2013_01_12_okada_yutaro001.jpg
DE10に牽引されて東福島を目指す。

'13.1.12 東北本線 白石―越河 P:岡田雄太郎
 1月8日(火)に北府中から東仙台(信)まで甲種輸送が実施されたEH800-901だが、1月12日(土)に性能試験を行なうため東仙台(信)から東福島で甲種輸送された。
 なおコキ車は仙台貨物ターミナルから連結され、リサーチキャビンコンテナ ZX45A-1が搭載されていた。また全区間を仙台総合鉄道部所属のDE10 1120が牽引した。

須藤佑介(東京都)
2013_01_10_sudo_yusuke003.jpg
 
'13.1.10 東北本線 蕨―西川口
 1月9日から10日にかけて、秋田総合車両センターにて転用改造を終えた209系2100番代C619編成の配給輸送が土崎―尾久間にて行なわれ、長岡車両センター所属のEF81 134が牽引した。
伊藤 健(奈良県)
2013_01_11_ito_ken001.jpg
大和八木で小休止。
'13.1.11 近畿日本鉄道大阪線 大和八木
 1月11日(金)、近鉄名古屋線富吉車庫所属の2000系XT07編成が五位堂検修車庫を出場し、所属先へと回送された。同編成は全般検査のために同所へ入場していた。
妹背光洋(大阪府)
2013_01_10_imose_mitsuhiro001.jpg
帰所後すぐに運用復帰し、この日は区間快速運用に入ったHH403編成。
'13.1.10 阪和線 東貝塚―和泉橋本
 吹田総合車両所でリニューアル工事を受けていた205系HH403編成だが、1月7日に東海道本線で試運転を行ない、1月8日に日根野支所に帰所、1月9日より運用復帰している。
 この編成も他の205系1000番代と同様のリニューアル工事が施され美しく整備されているが、1000番代の中でこの編成が唯一であったLED式の運行番号表示器も外されており少々残念である。
 なお、これと前後してHH404編成が吹田総合車両所に入場したため、205系1000番代の原型車は消滅することになる。
酒井優一(神奈川県)
2013_01_08_sakai_yuichi001.jpg EF64 1030の牽引で新前橋を目指すD14編成。
'13.1.8 上越線 上越国際スキー場前

2013_01_08_sakai_yuichi002.jpg
上越国際スキー場前駅を通過するD14編成。

'13.1.8 上越線 上越国際スキー場前
 1月8日、E233系3000番代D14編成(5輌)の配給輸送が、長岡車両センター所属のEF64 1030の牽引により新津→新前橋で行なわれた。

須藤佑介(東京都)
2013_01_10_sudo_yusuke001.jpg
小名路踏切を行く。
'13.1.10 中央本線 高尾―相模湖
 1月10日(木)、幕張車両センター所属211系3000番代502+509編成が幕張―蘇我―八王子―長野の行程で配給輸送された。牽引機は長岡車両センター所属EF64 1030だった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2013年1月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.