鉄道ホビダス

2013年1月 7日アーカイブ

石井大智(山梨県)
2013_01_06_ishii_daichi001.jpg 撮影会前半、1001号編成のヘッドマークは〈迎光〉。
'13.1.6 富士急行河口湖線 河口湖

2013_01_06_ishii_daichi002.jpg
後半は1001号編成に〈陣馬〉のヘッドマークを掲出。

'13.1.6 富士急行河口湖線 河口湖
 1月6日、富士急行河口湖駅側線にて「富士急行1000系 新春ミニ撮影会」が13:30~14:00までの30分間開催された。
 展示車輌は左から、JR東日本豊田車両センター189系、1000系1001号編成(京王5000系カラー)、1002号編成、1202号編成(昭和30年代リバイバルカラー)だった。
 前半は1001号編成に〈迎光〉、1002号編成に〈陣馬〉、1202号編成に〈迎春〉のヘッドマークが提出され、後半は1001号編成に〈陣馬〉、1002号編成に〈ありがとう1002号編成〉(行先表示は「惜別」)、1202号編成に〈迎光〉のヘッドマークが提出された。
 撮影会終了後、1001号編成は快速大月行きに充当され、〈迎光〉のヘッドマークと「快速」の副票が掲出された。
 なお、この撮影会を以って1002号編成は廃車・解体となる模様。

宮川政樹(東京都)
2013_01_05_miyagawa_masaki001.jpg
〈小江戸〉として運行する"レッドアロークラシック"。
'13.1.5 西武鉄道新宿線 花小金井―小平
 普段は池袋線所属の10000系10105編成"レッドアロークラシック"だが、1月5日(土)から1週間限定で新宿線の〈小江戸〉運用についている。これは新宿線の特急利用促進をアピールするために貸し出されたもの。
 運行初日の1月5日は〈小江戸64号〉から運用入りし、終日にわたって西武新宿―本川越間を往復していた。
星合裕介(千葉県)
2013_01_05_hoshiai_yusuke001.jpg
朝日を浴びて郡山へ向かう。
'13.1.5 両毛線 思川―小山
 1月5日、高崎車両センター所属のキハ110-218が高崎→新前橋→小山→黒磯→郡山の経路で郡山総合車両センターまで配給輸送された。 牽引は高崎→黒磯が高崎車両センター所属のEF64 1001で黒磯→郡山が仙台車両センター所属のED75 757だった。
山田 優(香川県)
2013_01_02_yamada_yuu001.jpg
 
'13.1.2 近畿日本鉄道南大阪線 矢田―河内天美
 近鉄南大阪線では、1月1日から1月3日までの3日間、大阪阿部野橋―橿原神宮前間で臨時急行〈開運号〉が11往復運転されたが、その内3往復がリバイバル塗装のラビットカー6020系6051編成で運転された。また復刻版角型特殊看板と丸型特殊看板の2枚が掲出され、ファンを喜ばせた。
橋 尚輝(和歌山県)
2013_01_04_hashi_naoki001.jpg
今後の動きが注目される、マイテ49 2。
'13.1.4 東海道本線 立花―甲子園口
 1月4日、網干総合車両所宮原支所所属のマイテ49 2が宮原操から網干まで回送された。
 牽引は下関総合車両所運用検修センター所属のEF65 1124が務め、網干総合車両所で検査を受けると思われる。  マイテ49 2の本線走行は、昨年11月3日に開催された「網干総合車両所ふれあいフェア2012」で展示され、返却回送が実施された11月5日から約2ヶ月振りのことである。
土屋 遼(新潟県)
2013_01_03_tsuchiya_ryo001.jpg
新潟駅に200系新幹線が3本も! 
'13.1.3 上越新幹線 新潟
 Uターンラッシュで混雑する中、1月3日の新潟駅では200系使用の定期列車に加え、多客輸送用の臨時列車が2本運転されたことから200系新幹線が3本並ぶという光景が見られた。
 200系新幹線は今年の3月16日で定期列車から引退となるため、今後このようなシーンは見られなくなるものと思われる。
後藤篤史(千葉県)
2013_01_03_goto_atsushi001.jpg
5年連続掲出となる新春記念ヘッドマーク。
'13.1.3 新京成電鉄新京成線 三咲―二和向台
 新京成では、毎年正月にその年の干支をあしらった新春記念ヘッドマークを掲出して運転しているが、今年も「蛇」の絵柄のマークを掲出している。
佃 明弘(奈良県)
2013_01_02_tsukuda_akihiro001.jpg
JR北海道から譲渡されたキハ141が、ヤンゴンで走りはじめた。
'13.1.3 ミャンマー国鉄 ヤンゴン中央
 JR北海道よりミャンマー国鉄に譲渡されたキハ141形が、2013年1月より点検のうえ試験走行が開始された。キハ141形の後には控えのディーゼル機関車が連結されている。

※ミャンマー鉄道省および関係各所の許可を取得し撮影
船山太一(神奈川県)
2013_01_03_funayama_taichi001.jpg
雪降る路線を重々しく駆け抜ける。
'13.1.3 篠ノ井線 冠着―聖高原
 1月1日と3日、愛知機関区所属のEF64の1000番代4輌が南松本―篠ノ井間で4重連を組んで回送された。1日は南松本→篠ノ井で運転され、編成は篠ノ井方から順にEF64 1043+EF64 1014+EF64 1042+EF64 1020で組成されていた。
 3日は篠ノ井→南松本で運転され、編成は松本方から順にEF64 1020+EF64 1042+EF64 1014+EF64 1043で組成されていた。なお画像は3日に運転された篠ノ井→南松本の回送。
中司朔良(兵庫県)
2013_01_03_nakatsukasa_sakura001.jpg 撮影名所を行くFE62編成による9076M。
'13.1.3 福知山線  黒井―石生

2013_01_05_nakatsukasa_sakura001.jpg
塚口駅で3021Mを待避する送り込み回送の回9777M。

'13.1.5 福知山線  塚口
 福知山電車区183系B編成の引退が発表された〈こうのとり〉だが、新年恒例の臨時特急〈こうのとり86号〉が城崎温泉から新大阪まで9076Mとして運転されている。
 運転日は、1月2日~6日、以降1・2月の日曜日、及び1月14日・2月11日の祝日となっており、車輌には今回初めて381系が起用されている。なお1月2・3日はFE62編成が充当された。但しFE編成の充当は1月2~6日のみで、1月13日以降は287系となる予定である。
 また、〈こうのとり86号〉は城崎温泉から新大阪までの片道運転のため、吹田総合車両所京都支所から福知山電車区、城崎温泉への送り込み(最終日は返却)回送列車が設定されている。
 福知山までの回送は回9777Mで、吹田総合車両所からの検査出場車が福知山電車区まで回送される回7777Mと同じダイヤ設定となっている。同回送列車は、途中塚口駅で381系FE編成による3021M〈こうのとり21号〉を待避するため、回9777Mが381系FE編成で運転される1月2日から同月6日までは381系FE編成同士の追い越しシーンが見られた。

穂積諒介(東京都)
2013_01_02_hodumi_ryosuke001.jpg
夕日に照らされるゴールデンコンビ。
'13.1.2 烏山線 大金―鴻野山
 昨年12月に首都圏色へと変更されたキハ40 1004だが、1月2日には国鉄一般色であるキハ40 1003とコンビを組み運用に就いていた。
地疋進之介(神奈川県)
2013_01_01_jibiki_shinnosuke001.jpg 元日の未明に停車中のロマンスカー・VSE(50000形)。
'13.1.1 小田急電鉄小田原線 新百合ヶ丘 P:地疋進之介

2013_01_01_takahashi_kosuke001.jpg
〈ニューイヤーエクスプレス4号〉にはロマンスカー・EXE(30000形)が充当された。

'13.1.1 小田急電鉄小田原線 南新宿―参宮橋 P:高橋幸佑

2013_01_01_nakayasu_kiichi002.jpg
今回は〈メトロニューイヤー号〉にヘッドマーク掲出編成(60252編成)が充当された。

'13.1.1 小田急電鉄小田原線 町田 P:中安喜一
 2012年大晦日から2013年元日にかけて新宿―小田原・片瀬江ノ島間で〈ニューイヤーエクスプレス〉が上下合わせて12本運転された。これは初詣客や初日の出客の輸送を目的としたもので、明治神宮の最寄り駅の参宮橋、大山阿夫利神社の最寄駅の伊勢原にも臨時停車した。
 また〈メトロニューイヤー〉が東京メトロ千代田線北千住から片瀬江ノ島まで直通運転した。

石井大智(山梨県)
2013_01_02_ishii_daichi001.jpg
2日は富士山方のモハ1001に〈陣馬〉のヘッドマークを掲出。
'13.1.2 富士急行大月線 十日市場―東桂
 富士急行は、1月1日から3日と6日に富士急行1000系1001号編成「京王5000系カラー」に、一部列車を対象に〈迎光〉と〈陣馬〉のヘッドマークを取り付けて運転した。また快速列車充当時には運転士側前面窓下に「快速」の副票も掲出された。
堀口敦行(東京都)
2013_01_02_horiguchi_atsuyuki001.jpg 朝日を浴び、羽生に向かうデキ+12系(送り込み回送)。
'13.1.2 秩父鉄道秩父本線 武州荒木―新郷

2013_01_02_horiguchi_atsuyuki002.jpg
塗装変更後初めて12系を牽引するデキ201。

'13.1.2 秩父鉄道秩父本線 新郷―武州荒木
 1月1~3日にかけて、羽生―長瀞間で〈パレオエクスプレス〉用12系客車4輌を使用した〈EL長瀞宝登山はつもうで号〉が運転された。
 羽生方にデキ104が、長瀞方にデキ201が連結しそれぞれ牽引した。また両機関車には日章旗、特別ヘッドマーク、お正月飾りが提出された。
 今回、デキ201が塗装変更後初めて12系を牽引したが、熊谷―羽生間に客車列車が入線するのも貴重な光景だと思われる。

大下秀幸(山口県)
2013_01_01_oshita_hideyuki001.jpg
2年ぶりに赤色の「賀正」ヘッドマークが掲出された。
'13.1.1 山口線 津和野―船平山
  1月1日から3日までの3日間、山口線の新山口―津和野間で新年恒例のSL〈津和野稲成〉号が運転された。
 先月22日に運転された〈SLクリスマス号〉と同じく、C56 160がDD51 1043との重連で12系レトロ客車3輌を牽引。C56には一昨年の運転で初登場した、赤色を基調とした「賀正」のヘッドマークが2年ぶりに掲出された。
中川健成(大阪府)
2013_01_01_nakagawa_kensei001.jpg 正月臨時ダイヤで運行された8000系使用の三条行き特急。
'13.1.1 京阪電鉄京阪本線 淀屋橋

2013_01_02_nakagawa_kensei001.jpg
正月臨時ダイヤで日中に運行された出町柳行き急行。

'13.1.2 京阪電鉄京阪本線 伏見稲荷―深草
 京阪電鉄では沿線での初詣に対応するため毎年恒例となっている正月臨時ダイヤによる列車の運行を行なった。
 日中の京阪本線・中之島線系統の列車は原則として全て普通は中之島―三条、急行と特急は淀屋橋―出町柳で10分間隔のパターンダイヤでの運行が行なわれ、普段は日中に目にできない出町柳行きの急行が運行された。また、夕方には1本のみ8000系特急車を用いた淀屋橋発三条行きの特急も運行された。

大島哲也(富山県)
2013_01_01_oshima_tetsuya001.jpg
岩峅寺にて発車待ちの10030系〈開運号〉。
'13.1.1 富山地方鉄道立山線 岩峅寺
 富山地方鉄道では、2012年12月31日から2013年1月1日にかけて、初詣〈開運号〉を運転した。
 これは、富山地鉄の岩峅寺駅が最寄の岩峅雄山神社の参拝客のために毎年運転されているもので、電鉄富山―(寺田経由)―岩峅寺間、電鉄富山―(南富山経由)―岩峅寺間、電鉄富山―上市間で運転された。
 該当列車は14760系、10030系、14720系、16010系が使用され、専用のヘッドマークが掲載されていたが、16010系の〈開運号〉はマークが無いため、普通の表示での運転となった。
天本 翼(神奈川県)
2013_01_01_amamoto_tsubasa001.jpg この時期にしか見られないヘッドマークを付けて太宰府へ。
'13.1.1 西日本鉄道太宰府線 西鉄二日市

2013_01_01_amamoto_tsubasa002.jpg
大きなカーブを描きながら太宰府へと向かう。

'13.1.1 西日本鉄道太宰府線 西鉄二日市
 太宰府天満宮への参詣客輸送として、普通および急行〈初詣号〉が1月1日(火)から1月3日(木)までの3日間運転された。普通は日中と同じ、西鉄二日市―太宰府間の線内折り返しで運転、急行は西鉄福岡(天神)―太宰府間を直通で運転した。車輌の前後には例年通りの〈初詣号〉のヘッドマークが掲出された。

野中麗央(香川県)
2013_01_01_nonaka_reo001.jpg
往路の高徳線区間は〈うずしお〉とともに。普段よりも迫力が増す。
'13.1.1 高徳線 栗林―木太町
 1月1日~3日、キハ185系国鉄色2輌を使用した初詣臨時特急〈やくおうじ〉が高松―徳島―日和佐間にて運転された。往路の高松→徳島(高徳線)は特急〈うずしお7号〉(ゆうゆうアンパンマンカー連結)と併結。徳島→日和佐(牟岐線)と復路(日和佐→高松)は単独運転となった。
豊嶋達也(千葉県)
2013_01_01_toyoshima_tatsuya001.jpg
笠上黒生で交換するヘッドマーク付き電車。
'13.1.1 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 笠上黒生
 銚子電気鉄道では大晦日から元日の10時にかけて銚子―犬吠間で臨時ダイヤを設定、初日の出客の対応を実施した。
石井大智(東京都)
2013_01_01_ishii_daichi001.jpg 電光式のヘッドマークを装着した〈迎光かがやき号〉、高尾山口へ。
'13.1.1 京王電鉄京王線 明大前 P:石井大智

2013_01_01_miyagawa_masaki002.jpg
17年ぶりに特急で運転された〈迎光号〉。

'13.1.1 京王電鉄京王線 高幡不動 P:宮川政樹

2013_01_01_sakiyama_kiichiro004.jpg
最後の急行には8707Fが使用された。

'13.1.1 京王電鉄京王線 府中 P:崎山喜一朗
 2012年大晦日から2013年元日にかけて京王線で終夜運転が実施され、その中で高尾山で初日の出を迎える時間に合わせて特急〈迎光号〉1本、急行〈迎光号〉2本、急行〈迎光かがやき号〉1本がそれぞれ運転され、前後にヘッドマークが提出された。
 急行〈迎光かがやき号〉は都営10-000形10-240F、特急〈迎光号〉は7000系7701F+7806Fが、急行〈迎光号〉は9000系9747Fと8000系8707Fが使用された。

齋藤大暉(千葉県)
2012_12_30_saito_daiki001.jpg 「あけぼの」の幕を掲げ有名撮影地を通過する。
'12.12.30 奥羽本線 白沢―陣場

2012_12_30_saito_daiki002.jpg
〈あけぼの81号〉としての運転を終え、秋田へ回送される583系。

'12.12.30 奥羽本線 陣場―白沢
 秋田総合車両センター所属の583系を使用した臨時寝台特急〈あけぼの81号〉が12月29日~30日にかけて上野―弘前間で運転された。列車の前後には、かつて583系で運転されていた〈あけぼの〉の頃とはデザインの異なるマークが掲げられての運転となった。また1月3日~4日にかけては復路となる〈あけぼの82号〉が運転されている。

福田智志(埼玉県)
2012_12_31_fukuda_satoshi001.jpg 営業運転を開始したばかりの"若葉"が"みんなの流鉄号"に選ばれた。
'12.12.31 流鉄流山線 馬橋

2012_12_31_fukuda_satoshi002.jpg
5000形"流星"による"みんなの流鉄号"。

'12.12.31 流鉄流山線 幸谷
 流鉄は、12月29日~1月6日まで"みんなの流鉄号2013"を運転した。
 "みんなの流鉄号"は年末年始恒例のヘッドマーク付き電車で、ヘッドマークに流鉄沿線の住民たちによる願い事が書かれた電車である。今回"みんなの流鉄号"に選ばれた編成は"流星"と12月上旬から営業運転を開始した"若葉"である。

藤原 健(神奈川県)
2012_12_30_fujiwara_ken001.jpg
節目の挨拶周りにも見える雰囲気。
'12.12.30 関西本線 天王寺
 年末年始における城東貨物線の保安的役割が目的と思われる単機回送列車の運行が始まった。盆休期の時と同じ経路で(宮原操~大阪環状線~関西本線~おおさか東線~城東貨物線)運行され、12月30日は網干総合車両所宮原支所のDD51 1192を使用しての単機回送だった。
加藤弘樹(神奈川県)
2012_12_26_kato_hiroki001.jpg 試乗編成の32編成と試運転中の39編成。
'12.12.26 横浜新都市交通 シーサイドライン車両基地

2012_12_26_kato_hiroki002.jpg
「プレミアム探検ツアー!Vol.1」中に、2000形39編成が試運転をしている姿が確認された。3週間ほど前に、総合車両製作所から搬入されたようだ。

'12.12.26 横浜新都市交通 シーサイドライン車両基地
 12月26日(水)に、シーサイドライン沿線コラボ「プレミアム探検ツアーVol.1」が開催された。
 ツアーは新杉田駅に集合後、東洋電機製造横浜製作所→シーサイドライン車両基地→海洋研究開発機構横浜研究所の順に見学を行った。
 東洋電機製造横浜製作所では生産ラインや、保存してある日本セメント上磯工場第2号機関車を見学。シーサイドライン車両基地では2000形32編成による、試走線・洗車線の体験乗車や2000形33編成の撮影ができた。また海洋研究開発機構横浜研究所ではスーパーコンピューターの見学等を行なった。

松岡宣彦(兵庫県)
2012_12_29_matsuoka_nobuhiko001.jpg 出番を待つ「のせでん冬物語《あの日に想いをよせて》」装飾電車と「初詣」ヘッドマーク付き編成。
'12.12.29 能勢電鉄妙見線 平野車庫(ホームから撮影)

2012_12_29_matsuoka_nobuhiko002.jpg
車内装飾は今までと同じく中間の2輌のみ。お正月ムード満点な3620号車車内。

'12.12.29 能勢電鉄妙見線 平野

2012_12_29_matsuoka_nobuhiko003.jpg
こちらは3670号車車内。装飾がなされている2輌とも意匠はよく似ているものの、凧や羽子板などの違いがあり、凝ったものになっている。

'12.12.29 能勢電鉄妙見線 平野
 12月27日頃から、能勢電鉄の一部編成にも阪急電鉄と同じ「初詣」のヘッドマークが取り付けられている。
 同時に、おなじみの「装飾電車」こと「のせでん冬物語《あの日に想いをよせて》」装飾電車の車内装飾も「お正月バージョン」となっている。

伊藤 健(奈良県)
2012_12_27_ito_ken002.jpg
独特なオーラを醸し出す...。
'12.12.27 近畿日本鉄道大阪線 五位堂
 12月27日(木)、近鉄けいはんな線の東生駒車庫に所属する7020系HL24編成のうち、生駒方3輌(ク7624-モ7524-モ7424)が全般検査入場先の五位堂検修車庫を出場した。なお、編成両端をモト75形(MF77-78)で挟む形での出場となった。
泉谷 純(大阪府)
2012_12_28_izumiya_jun001.jpg 雪が積もる中、定刻で湖西線を行く〈日本海〉。
'12.12.28 湖西線 マキノ―近江中庄 P:泉谷 純

2012_12_28_mori_kohei001.jpg
直江津で長時間停車をして休憩。終着大阪を目指す上り〈日本海〉。

'12.12.28 信越本線・北陸本線 直江津 P:森 康平

2012_12_29_mori_kohei001.jpg
深夜の直江津で並ぶ2本の〈日本海〉。

'12.12.29 信越本線・北陸本線 直江津 P:森 康平

2012_12_29_saito_daiki001.jpg
雪煙を上げて走る〈日本海〉。

'12.12.29 奥羽本線 富根―二ツ井 P:齋藤大暉
 冬の臨時列車として、寝台特急〈日本海〉が大阪―青森間で運転された。運転日は12月27日~30日と1月3日~6日。12月27日~29日、1月3日~5日が青森→大阪、12月28日~30日、1月4日~6日が大阪→青森で運転され、24系7輌が使用された。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2013年1月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.