鉄道ホビダス

2012年12月14日アーカイブ

川端浩晃(兵庫県)
2012_12_14_kawabata_hiroaki001.jpg
卸作業を終え、夜明け前の福知山線を上る。
'12.12.14 福知山線 三田
 12月13日から14日にかけて、向日町操―新三田間でDD51牽引のロングレール輸送列車が運転された。編成はDD51 1192〔宮〕+チキ5500形10輌で、福知山線武田尾―道場間の下り線で卸作業が行なわれた模様。
片柳裕一(埼玉県)
2012_12_14_katayanagi_yuichi001.jpg
疎開先から大宮総合車両センターに向かう205系4輌。
'12.12.14 両毛線 思川―小山
 12月14日、高崎総合訓練センターに疎開していた205系元ケヨ8編成4輌(クハ205-115+モハ205-313+モハ204-313+クハ204-115)が大宮総合車両センターに入場するため、長岡車両センター所属EF81 134の牽引により下新田(信)→(両毛・東北・常磐・武蔵野・東北本線経由)→大宮で配給輸送された。
宮島昌之(石川県)
2012_12_14_miyajima_masayuki001.jpg
検査を終えたC07編成。2010年2月、最初に茜色を纏った編成でもある。
'12.12.14 北陸本線 森本―東金沢
 検査のため金沢総合車両所松任本所に入場していた、415系800番代C07編成(七尾線用)が、検査を終え12月14日(金)に848Mで営業運転に復帰しているのを確認した。
 外装を見たところ、塗装は金沢方クハ415-807の1輌のみ塗り直しがされていたことから、クハ車は全般検査、モハ・クモハ車は重要部検査を受けて出場したものとみられる。
 以前、『Rail Magazine』誌の記事でも報じられた通り、C07編成は2010年2月に初めて単色(茜色)化された編成である。その時から数え早2年10ヶ月程で全11編成の検査ローテーションが一巡したことになり、いかに415系800番代の単色化の進捗が早かったかが、このことからも窺える。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年12月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.