鉄道ホビダス

2012年12月10日アーカイブ

中村悠久(広島県)
2012_12_10_nakamura_yukyu001.jpg
ついに広島地区で訓練運転を開始した223系。
'12.12.10 山陽本線 海田市
 12月3日に広島に回送された網干総合車両所宮原支所223系MA21編成減車2連が10日、広島→西条→大野浦→広島の経路で乗務員訓練のための回送列車が運転された。回送列車運転に際しては各駅に停車している。
宮島昌之(石川県)
2012_12_10_miyajima_masayuki001.jpg 同南砺市の観光PRラッピング車輌が登場。キャラクターは南砺市ブランドマークでもある"NANTOくん"。運転台側乗降扉には「城端曳山祭」の写真を配置。
'12.12.10 城端線 城端

2012_12_10_miyajima_masayuki002.jpg
後方側には「福野夜高祭」に「城端むぎや祭」の写真が配置されている。

'12.12.10 城端線 城端

2012_12_10_miyajima_masayuki003.jpg
城端蒔絵による「城端曳山祭之図」も配置している。

'12.12.10 城端線 城端
 城端線と氷見線向けの気動車、富山地域鉄道部富山運転センター所属のキハ47 27に、このほど南砺市PRラッピングが施され、キハ40 2078(高岡色)とペアを組み営業運転を始めた。
 これは既報の通り、両沿線の高岡、氷見、砺波、南砺各4市などでつくる「城端・氷見線活性化推進協議会」が各市の魅力を発信する目的で、今秋より随時導入を進めており、今回第3弾として富山県南砺市の車輌が登場したもの。
 12月10日(月)には、城端線城端駅で332D出発にあわせ、南砺市長や沿線自治体代表、JR西日本金沢支社関係者他来賓臨席のもと、出発式が執り行なわれた。
 同車のデザインは、同市のイメージカラーとして緑豊かな山々のグリーンを基色に、キャラクターには同市のブランドマークでもある"NANTOくん"を、また氷見線基準で山側には同市の祭り「城端曳山祭」や「福野夜高祭」など、同じく海側には世界遺産に登録された「五箇山合掌造り集落」の家や、有名な民謡「こきりこ節」の踊り手などの写真がラッピングされている。
 なお、写真はすべて氷見線基準で山側向きから撮影している。

濱田昂之(東京都)
2012_12_09_yabuta_yuya001.jpg 小手指から回送で西武園に向かう。クモハ272は種別幕が旧急行幕をイメージしたものに。
'12.12.9 西武鉄道池袋線 小手指―西所沢 P:薮田悠矢

2012_12_09_fukuda_satoshi001.jpg
クモハ281は種別幕が通勤急行をイメージしたものとなり、行先はツートン柄に。

'12.12.9 西武鉄道西武園線 西武園 P:福田智志

2012_12_09_miyagawa_masaki001.jpg
池袋発臨時快速西武球場前行きはヘッドマーク付で運転。

'12.12.9 西武鉄道池袋線 所沢―西所沢 P:宮川政樹

2012_12_09_miyagawa_masaki002.jpg
本川越から折り返し、西武球場前を目指す団体臨時列車。

'12.12.9 西武鉄道新宿線 入曽―新所沢 P:宮川政樹

2012_12_09_fukuda_satoshi002.jpg
西武球場前で301系309F使用の臨時快速と並ぶ。

'12.12.9 西武鉄道狭山線 西武球場前 P:福田智志

2012_12_09_yamafuji_tsuyoshi.jpg
クモハ286は種別幕が快速、行先幕は急行〈奥秩父〉〈奥武蔵〉をイメージしたものに。

'12.12.9 西武鉄道狭山線 西武球場前 P:山藤 剛

2012_12_09_sugita_toshiyuki001.jpg
101系2連×3の6連が入間川を渡る。

'12.12.9 西武鉄道池袋線 仏子―元加治 P:椙田俊幸

2012_12_09_hamada_takayuki001.jpg
急行灯を点けたクモハ272を先頭に一路横瀬へ。

'12.12.9 西武鉄道池袋線 東吾野―吾野 P:濱田昂之

2012_12_09_hamada_takayuki002.jpg
保存車輌のクハ1224と並ぶクモハ271とクモハ281。クモハ271の行先幕は〈奥武蔵〉をイメージ。またクモハ281は電連カバーが黄色に塗られた。

'12.12.9 西武鉄道 横瀬車両基地 P:濱田昂之
 12月9日、「さよなら101系・301系イベント」開催に合わせ「101系さよなら運転ツアー」が行なわれた。
 編成は小手指場面で飯能から281F+285F+271Fで、通常の池袋線編成とは逆向きであったため、普段先頭に出ることが少なかったクモハ272が先頭になって走る区間もあった。
 この運転では特製のさよなら方向幕が掲示された上、団臨としては珍しく急行灯も点灯となり、有終の美を飾った。
 運転経路は西武園―東村山―所沢―西武球場前―所沢―横瀬で、途中の西武球場前では臨時快速として池袋→西武球場前で運転された301系309Fとともに並び、横瀬車両基地では分割の上、保存車のクハ1224とともに展示された。
 なお、101系、301系とも当日中に小手指に返却回送されている。

鈴木裕大(神奈川県)
2012_12_08_suzuki_yudai001.jpg リバイバル塗装の1000系がまた1編成引退。
'12.12.8 秩父鉄道秩父本線 永田―武川 P:鈴木裕大

2012_12_08_fukuda_satoshi001.jpg
三峰口駅構内で1000形を並べた撮影会が開催された。

'12.12.8 秩父鉄道秩父本線 三峰口 P:福田智志
 秩父鉄道1000系1007号編成が12月8日(土)に引退するに伴い、同日には熊谷―三峰口間で同編成による臨時列車が運転された。この臨時列車は普通乗車券のみで乗車でき、車内では乗車記念証も配布された。
 また、三峰口駅構内で「さよなら1007号 引退記念イベント」ととして1000系4編成の展示も行われ、各編成にはヘッドマークも掲出された。

【JR東】キハ40形 配給輸送

長谷川航大(千葉県)
2012_12_09_hasegawa_kodai001.jpg DE10に牽引され北上線を往くキハ40形。
'12.12.9 北上線 ゆだ高原―ほっとゆだ P:長谷川航大

2012_12_09_abe_yusuke001.jpg
一ノ関着後、上9番線に留置された。

'12.12.9 東北本線 一ノ関 P:阿部祐介
 12月9日、青森車両センター→一ノ関(奥羽・北上線経由)間で、八戸運輸区所属のキハ40 517とキハ40 518が配給輸送された。牽引は全区間青森車両センターのDE10 1764だった。なおキハ40形2輌は、5日に八戸から青森車両センターまで自走で回送されている。

大谷真弘(静岡県)
2012_12_09_otani_masahiro001.jpg
臨時快速列車〈いわたウォーキング号〉で371系が約半年ぶりの営業運転。
'12.12.9 東海道本線 掛川―菊川
 12月9日(日)、371系電車が臨時快速〈いわたウォーキング号〉として沼津―浜松間を往復運行した。371系電車は今年3月17日ダイヤ改正で定期運用から離脱しており、その後6月17日(日)と6月24日(日)の2回、臨時快速〈さわやかウォーキングごてんばライナー〉として運行されたが、今回はそれ以来の運行。
伊藤 健(奈良県)
2012_12_09_ito_ken001.jpg
小雪舞う南大阪線を快走するSL01編成。
'12.12.9 近畿日本鉄道南大阪線 坊城―橿原神宮西口
 12月9日(日)、近鉄南大阪線古市車庫所属の26000系SL01編成を使用した貸切列車が大阪阿倍野橋―吉野間(片道のみ)で運転された。これは近畿日本鉄道が主催した"吉野の地酒・名酒を楽しむ利き酒列車"ツアーによるもので、小雪舞う南大阪・吉野線を快走した。
小島英明(神奈川県)
2012_12_07_shimizu_naoki001.jpg 夜の立川駅に停車するブルートレイン。
'12.12.7 中央本線 立川 P:清水直樹

2012_12_09_kojima_hideaki001.jpg
晩秋の中央本線をブルートレインが行く。

'12.12.9 中央本線 鳥沢―猿橋 P:小島英明

2012_12_09_sakai_kenichiro002.jpg
甲府盆地へ下り終着甲府を目指す24系。

'12.12.9 中央本線 石和温泉―酒折 P:酒井健一郎
 12月7日(金)から9日(日)にかけて甲府-青森間(中央東・武蔵野・高崎・上越・信越・羽越・奥羽本線経由)往復で団体臨時列車「寝台列車で行く青森散策の旅」が運転された。
 これは12月1日からJR東日本秋田支社と盛岡支社が共同で始めた「青森県・函館冬期キャンペーン」にあわせて運転されたもので、24系寝台車(JR東日本青森車両センター所属)7輌が使用された。
 牽引機は往路の甲府―長岡間はEF64 1030、長岡―青森間はEF81 140、復路の長岡―甲府間はEF64 1053(いずれもJR東日本長岡車両センター所属)が担当し、往路の甲府―長岡間では「あおもり」と書かれた特製のヘッドマークが取り付けられた。

小野杏太(秋田県)
2012_12_08_ono_kyota001.jpg
E3系R1編成と並ぶシーンも見られた。
'12.12.8 奥羽本線・田沢湖線 大曲
 12月8日(土)、デビューを来春に控えた〈スーパーこまち〉ことE6系Z2編成の展示会が大曲駅で行なわれた。
 これは、「プレ秋田DC」にあわせ秋田新幹線〈こまち〉の停車駅である大曲、角館、田沢湖の3駅で合同の感謝祭が開催されたことによるものである。
 大曲駅ではこの他に大型除雪車輌(MCR)や高性能除雪車の展示、ミニコンサート、鉄道模型の展示・運行、大曲納豆汁・餅の振る舞い、物産市、スタンプラリー等のイベントが行なわれた。  なお、同編成は展示会を終えた後に秋田へと回送された。
片山 遥(茨城県)
2012_12_06_katayama_haruka001.jpg
深夜の水戸駅に停車中のEF510-506+ホキ4輌。
'12.12.6 常磐線 水戸
 12月6日(木)、西金駅常備のホキ4輌を使った工臨が西金→水戸→いわきで運転された。このうち水戸→いわきの牽引はJR東日本田端運転所所属のEF510-506が担当した。
柿葉祐太(千葉県)
2012_12_08_kakiha_yuta002.jpg 団体客を乗せて松戸車両センター入庫線を行く、松戸車両センターE231系107編成+127編成。
'12.12.8 松戸―松戸車両センター(公道より撮影)

2012_12_08_kakiha_yuta001.jpg
10番線にはE657系の姿も。

'12.12.8 松戸車両センター付近(公道より撮影)
 12月8日、「松戸車両センターまつり」が開催された。これは、びゅう商品購入者向けのイベントで、松戸車両センター所属のE231系107編成+127編成を使用した団体臨時列車も北千住→我孫子電留線→松戸車両センターの行程で運転された。

伊藤 健(奈良県)
2012_12_08_ito_ken001.jpg
冷たい雨の中、高安へ回送されるPN02編成。
'12.12.8  近畿日本鉄道大阪線 耳成―大和八木
 12月8日(土)、近鉄大阪線高安車庫所属の15200系PN02編成を使用した団体臨時列車が大阪上本町―朝倉間(片道のみ)で運転された。同貸切列車は朝倉駅到着後、すぐに所属先である高安車庫へと回送された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年12月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.