鉄道ホビダス

2012年11月26日アーカイブ

【JR西】〈SL北びわこ〉運転

古橋佑介(愛知県)
2012_11_25_furuhashi_yusuke001.jpg 雲一つない晴天の下を走る〈SL北びわこ〉。
'12.11.25 北陸本線 河毛―高月

2012_11_25_furuhashi_yusuke002.jpg
木ノ本から米原への回送はEF65 1124がエスコート。

'12.11.25 北陸本線 河毛―虎姫
 11月25日(日)、〈SL北びわこ〉が米原→木ノ本で運転された。牽引機は梅小路運転区所属のC56 160で、客車は宮原総合運転所所属の12系5輌。なお木ノ本→米原におけるC56 160と12系5輌の回送は、下関総合車両所所属のEF65 1124が牽引している。

馬場 剛(埼玉県)
2012_11_24_baba_tsuyoshi001.jpg 14年ぶりに水郡線で蒸気機関車が! 白煙を炊きながら目的地へ目指す。
'12.11.24 水郡線 上菅谷―常陸鴻巣 P:馬場 剛

2012_11_24_ueda_minoru001.jpg
旧客3輌を率いて力走するC11 325。

'12.11.24 水郡線 玉川村―野上原 P:上田 稔

2012_11_25_hodumi_ryosuke001.jpg
紅葉の奥久慈を走る。

'12.11.24 水郡線 袋田―上小川(許可を得て撮影) P:穂積諒介
 11月24日(土)より、11月30日(金)・12月1日(土)・2日(日)に運転予定の〈DL奥久慈清流ライン号〉〈SL奥久慈清流ライン号〉の試運転が水戸―常陸大子間で始まった。使用客車は高崎車両センター高崎支所所属の旧型客車3輌で、牽引には真岡鐵道のC11 325と宇都宮運転所所属のDE10 1604が使用された。
 運転の流れとしては、往路の常陸大子―水戸間では〈DL奥久慈清流ライン号〉の試運転としてDE10 1604+旧型客車3輌+C11 325のプッシュプル牽引となり、復路の水戸―常陸大子間では〈SL奥久慈清流ライン号〉の試運転としてC11 325+旧型客車3輌でのC11 325の単独牽引となった。またDE10 1604は水戸で切り離され、その後単機で常陸大子へと回送された。
 なお水郡線で蒸機機関車が走るのは、1998年2月にC58 363と12系客車を使用した〈SL奥久慈号〉以来14年ぶりであり、その姿を見ようと沿線は多数のレイル・ファンや観光客、地元住民などで賑わった。

福田智志(埼玉県)
2012_11_25_fukuda_satoshi003.jpg 修復されたSL5号蒸気機関車がお披露目された。
'12.11.25 西武鉄道 旧保谷車両基地

2012_11_25_fukuda_satoshi004.jpg
4000系とマルタイも展示された。

'12.11.25 西武鉄道 旧保谷車両基地

2012_11_25_fukuda_satoshi005.jpg
展示された保守用車の1つ「軌道モーターカー」。

'12.11.25 西武鉄道 旧保谷車両基地
 西武鉄道は、11月25日に「西武鉄道100年アニバーサリーイベントin 保谷~SL5号蒸気機関車修復完成記念披露会~」を旧保谷車両基地で開催した。SL5号蒸機機関車とE11形電気機関車が展示されたほか、保守用車の展示、鉄道保安機器の展示、こども用制服撮影会、鉄道グッズの販売などを行なった。
 旧保谷車両基地でのイベント開催は今年5月のE11形電気機関車のお披露目以来約6カ月ぶり。開催当日は好天となり、多くのファンや家族連れで賑わっていた。

伊藤 健(奈良県)
2012_11_25_ito_ken001.jpg
短絡線を軽快に行く"楽"。
'12.11.25 近畿日本鉄道連絡線 大和八木―新ノ口
 11月25日(日)、近鉄大阪線高安車庫に所属する20000系PL01編成"楽"を使用した貸切列車が、近鉄名古屋―京都間往復で運転された。これは近畿日本鉄道が主催した「貸切列車で行く 紅葉の奈良・飛鳥散策」ツアーによるもので、大阪線から橿原線へ行く際には、大和八木駅の大阪上本町方から橿原線の新ノ口駅手前へと続く短絡線を走行した。
南 輝明(東京都)
2012_11_23_minami_teruaki001.jpg 様々な所属の車輌が集められた。
'12.11.23 中野電車区

2012_11_23_minami_teruaki002.jpg
歓迎のための掲示と、形式に沿った列番を表示したクモヤ143-9。

'12.11.23 中野電車区

2012_11_23_minami_teruaki003.jpg
高所作業車への体験乗車に怖がりながらも喜ぶ子供たち。

'12.11.23 中野電車区
 11月23日(金・祝)にJR東日本中野電車区にて、事前応募に当選した900名を対象にしたイベント「働く電車大集合!」が開催された。
 485系カツK40編成、183系マリ32編成、E233系トタ青668編成、E259系クラNe003編成及びクモヤ143-9の車輌展示のほか、高所作業車及びレールスターの体験乗車、物品の販売などが開催された。
 なお、183系マリ32編成には〈あずさ〉、〈かいじ〉のヘッドマークが掲出された。

福田智志(埼玉県)
2012_11_25_fukuda_satoshi001.jpg
300形の第1編成に「もうすぐ1億人突破記念」のヘッドマークを付けて運転。
'12.11.25 東京都交通局日暮里・舎人ライナー 舎人公園
 2008年3月30日に開業した日暮里・舎人ライナーは、まもなく利用客が1億人を突破する見込みである。これにあわせて11月17日から300形の第1編成を"もうすぐ1億人突破記念号"として運転、前面にヘッドマークを取り付けている。ヘッドマークにはヤクルトスワローズのキャラクターである「ツバ九朗」がデザインされており、来年2月28日まで取付予定となっている。
相原一麻(東京都)
2012_11_19_aihara_kazuma001.jpg
秋の名物列車が今年も現れた。
'12.11.24 山陰本線 江原―八鹿
 11月19日、福知山電車区豊岡支所に所属するDE15 2525が豊岡―寺前間にて1往復試運転を行なった。
酒井健一郎(東京都)
2012_11_24_sakai_kenichiro001.jpg 三鷹車両センターから豊田車両センターに向かうE231系800番代K5編成。
'12.11.24 中央本線 立川―日野

2012_11_24_sakai_kenichiro002.jpg
西日を浴びて三鷹車両センターに戻るE231系0番代B5編成。

'12.11.24 中央本線 日野―立川
 11月24日に「豊田車両センターまつり」が開催され、それに伴う展示車輌の回送が実施された。
 三鷹車両センターのE231系800番代は通常入線することのない三鷹以西への入線とあり、貴重な姿を提供してくれた。また0番代においても通常は早朝・深夜の運転であり、今回は回送で西日を浴びて多摩川を渡るといったシーンが見られ、こちらも多くのファンの目に留まったようだ。

花井優太(北海道)
2012_11_23_hanai_yuta001.jpg
今回で2回目となった札沼線用気動車の海外譲渡。
'12.11.23 室蘭本線 北吉原
 11月23日,札沼線の電化に伴い余剰となった苗穂運転所のキハ48形・キハ141形・キハ142形が、札幌貨物ターミナルから東室蘭操車場まで甲種輸送された。編成は室蘭方からキハ48 1332+キハ141 6+キハ141 5+キハ141 4+キハ142 4+キハ48 1331+キハ141 2+キハ142 2+キハ141 3+キハ142 3で、鷲別機関区のDF200-114が牽引した。
高橋幸佑(京都府)
2012_11_24_takahashi_kosuke001.jpg 主にラッシュ時を中心に使用されているモボ501形も活躍。
'12.11.24 京福電鉄嵐山本線 西大路三条―山ノ内

2012_11_24_takahashi_kosuke002.jpg
臨時列車は単行で運転。

'12.11.24 京福電鉄嵐山本線 西大路三条―山ノ内

2012_11_25_takahashi_kosuke001.jpg
江ノ電塗装のモボ631も活躍。

'12.11.25 京福電鉄嵐山本線 西大路三条―山ノ内
 行楽期に伴う増結が行なわれている嵐山本線で、11月23日より臨時ダイヤでの運転が行なわれた。また11月24・25日には臨時ダイヤに加えて臨時列車も運転されている。なお、臨時ダイヤでの運転は12月2日までの土休日の予定。

播磨 治(東京都)
2012_11_23_harima_osamu001.jpg
約6ヶ月をかけて製作されたという新型連接車の砂糖細工。
'12.11.23 広島電鉄本社
 11月23日に広島電鉄千田車庫で開催された「電車開業100周年記念祭」の会場で、新型超低床車の来年2月14日デビューが発表された。従来の5100形"GreenMoverMax"よりも短い3車体構造で、当初導入の2本の愛称はイタリア語で「小さい」を意味する"PICCOLO"(男性形)と"PICCOLA"(女性形)とのこと。また塗色は2月14日のデビュー時にお披露目されるとのことである。
 なお、会場では1/20の模型が公開されたが、実はホテルニューヒロデンによる砂糖細工とのことで、大いに注目を集めていた。
崎山喜一朗(東京都)
2012_11_24_sakiyama_kiichiro001.jpg 疎開中の211系が展示されるというサプライズが。
'12.11.24 豊田車両センター

2012_11_24_sakiyama_kiichiro002.jpg
E231系800番代ミツK5編成、E231系0番代ミツB5編成、209系500番代ケヨM72編成が並べられた。

'12.11.24 豊田車両センター
 11月14日に、豊田車両センターにて「豊田車両センターまつり」が開催された。イベントでは、メンテナンス作業の実演などのほか様々な企画が用意されていた。また車輌展示コーナーでは、115系(トタM8編成など)、211系(タカB4編成)、209系500番代(ケヨM72編成)、E231系0番代(ミツB5編成)、E231系800番代(ミツK5編成)、E233系0番代(トタT27編成ほか)、E257系(モトM-110編成)、E351系(モトS-1編成)が展示された。

岡田雄太郎(栃木県)
2012_11_24_okada_yutaro001.jpg 日光線を行く205系600番代。同線の顔となるのも間近い。
'12.11.24 日光線 鹿沼―鶴田 P:岡田雄太郎

2012_11_24_kawasumi_takuya001.jpg
日光杉並木をバックに今後の主役が駆け抜ける。

'12.11.24 日光線 今市―日光 P:河澄拓哉
 10月16日に大宮総合車両センターを出場した日光線用205系600番代4輌(Y10編成)が、11月24日(土)に日光線で試運転を行なった。試運転区間は小金井―宇都宮―日光―宇都宮―小金井である。

松下範彦(兵庫県)
2012_11_23_matsushita_norihiko002.jpg
能勢路を久しぶりに2枚看板列車が走った。
'12.11.23 能勢電鉄妙見線 鼓滝―多田
 11月22日から24日の3日間、能勢電鉄で"のせでんハイボール電車"が運行された。今回は「色づく風に魅かれてハイボールで乾杯♪」という企画で、同社の装飾電車1753F4連が充当された。同列車には「角ハイボール号」特製ヘッドマークが掲出され、「のせでん秋物語」ヘッドマークとの2枚看板で運行された。
川端浩晃(兵庫県)
2012_11_22_kawabata_hiroaki001.jpg
ヘッドマークには神戸市北区のマスコットキャラクターが描かれた。
'12.11.22 神戸電鉄三田線 横山―神鉄道場
 神戸電鉄では、11月17日から23日まで「美しいわがまち北区」のヘッドマークを6000系6001Fに取り付けた。デザインは昨年と同様のもので、車内には神戸市北区の小・中学生が描いた環境ポスターの優秀作品が展示された。
気羅紗海和(神奈川県)
2012_11_23_kisara_kaito001.jpg
E231系S-12編成を先頭に行く試運転列車。
'12.11.23 東海道貨物線 東戸塚―横浜羽沢
 11月19、21日に引き続き、11月23日に国府津車両センター所属のE231系1000番代S-12編成と田町車両センター所属のE233系3000番代NT12編成を使用した併結試運転が品川―国府津間(品鶴、東海道貨物線経由)で実施された。
松下範彦(兵庫県)
2012_11_23_matsushita_norihiko001.jpg
阪急電車の保存車輌が勢揃いする撮影会が開催された。
'12.11.23 阪急電鉄 正雀工場
 11月23日、阪急電鉄ファンクラブ主催の「保存車両写真撮影会」が正雀工場で開催された。ファンクラブ会員向けの事前応募型イベントで、1形、10形、600形、100形、900形の5輌が展示された。
宮島昌之(石川県)
2012_11_23_miyajima_masayuki001.jpg
土曜を挟む3連休に合わせ運転された関西方面への485系団臨。
'12.11.23 北陸本線 津幡―森本
 11月23日(金・祝)、JR東日本新潟車両センター所属485系3000番代R27編成使用の団体臨時列車が、新潟―京都間で運転された。前面表示器には「団体」の文字が表示されていた。なお、復路は25日(日)に運転の予定。

【JR貨】EF81 112が岡山機関区へ

春風直樹(兵庫県)
2012_11_23_harukaze_naoki001.jpg EF66 103に牽引されて西へ向かう。
'12.11.22 山陽本線 姫路貨物(ひめじ別所)―御着

2012_11_23_harukaze_naoki002.jpg
EF81 112はすでにナンバープレート類が取り外されている。

'12.11.22 山陽本線 姫路貨物
 11月22日(木)にEF81 112がJR貨物富山機関区より3092列車にて吹田機関区へ、翌23日(金)に吹田機関区から2077列車にて岡山機関区へと回送された。この回送は廃車のためのものと思われる。
 EF81 112は、JR貨物広島車両所一般公開の際にナンバープレート、メーカーズプレートが販売されていることから取り外された状態となっており、ナンバーはチョークでの手書きで表記されていた。

佐久間悠太(東京都)
2012_11_22_sakuma_yuta001.jpg
高崎車両センターの211系が自走で中央本線を走行するのは初と思われる。
'12.11.22 中央本線 立川―日野
 11月22日、高崎車両センター所属211系3000番代B4+B6編成が疎開のため、新前橋→大宮→新秋津→豊田の経路で豊田車両センターへ回送された。なお、各編成のサハは抜かれており、3輌編成同士が連結する組成であった。
向山尚樹(長野県)
2012_11_22_mukaiyama_naoki001.jpg ウイングを開き坂路を登る。
'12.11.22 信越本線 妙高高原―黒姫

2012_11_22_mukaiyama_naoki002.jpg
青空の下、DD14の赤が映える。

'12.11.22 信越本線 信越本線 新井―二本木
 11月20日(火)~22日(木)の3日間、長岡車両センター所属のDD14 327とDD14 332の試運転が、信越本線直江津―黒姫間で各日1往復ずつ行なわれた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年11月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.