鉄道ホビダス

2012年11月19日アーカイブ

原田敬司(兵庫県)
2012_11_17_harada_takashi001.jpg 軽やかなモーター音で碓氷川橋梁を渡る〈EL紅葉碓氷〉。
'12.11.17 信越本線 群馬八幡―安中

2012_11_17_harada_takashi002.jpg
C61+EF60。迫力あるプッシュプル運転を見せてくれた。

'12.11.17 信越本線 横川―西松井田
 11月17日~18日、EF60 19の牽引による〈EL紅葉碓氷〉とC61 20の牽引による〈SL紅葉碓氷〉が高崎―横川間で運転された。客車は12系5輌。それぞれの機関車にはめがね橋と紅葉色をあしらった美しいヘッドマークが掲出されていた。

船越知弘(茨城県)
2012_11_18_funakoshi_tomohiro001.jpg
記念プレートを手に両社長らの記念写真。中央は広田 泉さん。
'12.11.18 ひたちなか海浜鉄道湊線 那珂湊
 好天に恵まれた11月18日、「那珂湊ワクワク祭り」がひたちなか海浜鉄道湊線那珂湊駅で開催された。
 これは、鉄道写真家の広田 泉さんが発案し、会津鉄道芦ノ牧温泉駅と当駅が今年6月3日に姉妹駅提携を結んだ事を記念し、両方の駅に記念プレートを設置するイベントの第2弾。
 参加者は団体貸切のキハ222乗車や機関区構内でのキハ222牽引による無蓋車トラ運行撮影会、両鉄道会社社長、女性社員が参加したトークイベントなどを楽しんだ後、那珂湊駅待合室でのプレート設置式に臨み、数多くの参加者が少しずつネジを締めて取り付けを行った。
 今後、両鉄道会社はこの姉妹提携を機にイベントなど連携を強めていく予定。

【JR西】キハ120-7 亀山へ

山田剛愛(大阪府)
2012_11_18_yamada_tsuyoshi003.jpg
DD51に引かれ、東海道を上る。
'12.11.18 東海道本線 新大阪
 11月17日から18日にかけて、網干総合車両所→亀山でキハ120形の輸送が行なわれた。これは全般検査を終えたキハ120形を亀山に返却するもので、宮原操―亀山間は網干総合車両所宮原支所所属のDD51 1192が牽引した。
大下秀幸(山口県)
2012_11_17_oshita_hideyuki001.jpg
貨物機EF210-5と並んだEF65 1126。
'12.11.17 下関総合車両所
 11月17日、JR西日本下関総合車両所が一般公開された。
 車輌展示ではJR貨物岡山機関区所属のEF210-5が特別に貸し出され、EF65 1126と肩を並べて展示された。EF65には〈あさかぜ〉や〈さくら〉〈なは〉など歴代ブルートレインのヘッドマークを掲出。このほか、静態保存中で去就が注目されるクモハ42001、クモハ11117も展示され、クモハ42は車内が公開された。なお同所の一般公開でJR貨物の機関車が展示されるのは今回が初めてで、注目を集めた。
星出昌宏(山口県)
2012_11_18_hoshide_masahiro001.jpg
展示されたEF65 1132、C57 1、オハ12 703。
'12.11.18 下関総合車両所新山口支所
 11月18日、下関総合車両所新山口支所で「SLフェア2012」が開催された。前日をもって本年の山口線での運行を終了したC57 1をはじめ、EF65 1132、オハ12 703、キハ47 3009、キハ47 2509、キハ48 4、DD51 1043、DE10 1514等が展示された。
 EF65には、時間を区切って〈みずほ〉〈あさかぜ〉〈さくら〉のヘッドマークが取り付けられた。このほか会場にはこれまで〈やまぐち号〉で使用されたことのあるヘッドマークの展示や、軌道自転車の乗車体験など様々なイベントが行なわれ、家族連れやファンで賑わっていた。
大坪達也(東京都)
2012_11_17_otsubo_tatsuya001.jpg
「門鉄デフ」とスノープラウの組み合わせとなったC57 180。
'12.11.17 磐越西線 五十島―三川
 〈SLばんえつ物語〉で使用している12系の編成が、11月17日から25日までの運転日に限り、通常の7輌から4輌(展望車含む)に変更されている。これは他の3輌(オハ12 313、オハ12 314、オハ12 315)が検査入場しているため。
 それにあわせて牽引機のC57 180号機はヘッドマークを取付けず、「門鉄デフ」とスノープラウを装着している。
瀧澤 匠(栃木県)
2012_11_18_takizawa_takumi001.jpg
"ガールズ&パンツァー"仕様車はまず水戸行きの列車に充当。
'12.11.18 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 大洗
 地元大洗を舞台にしたアニメ「ガールズ&パンツァー」のキャラクターをラッピングした鹿島臨海鉄道6000形6006号が1月18日にお披露目となった。
 イベント会場となる大洗駅には早朝から抽選会のために長蛇の列ができあがり、100名ほどの定員となったために当駅で記念切符を購入した人限定で抽選会が行なわれることとなった。
 またラッピング車は水戸行きの列車で一度水戸まで運転され、10時頃に大洗駅に到着してお披露目となった。
 今後も定期運用に充当されるほか、大洗駅を始発とする茨城交通の路線バスにもラッピングが施されており、さらには大洗駅での同作品の展示会も行なわれる事が決まっている。
冨村哲男(大阪府)
2012_11_18_tomimura_tetsuo001.jpg
会場に展示されたJR貨物M250系"スーパーレールカーゴ"と"コンテナリフター"。
'12.11.18 安治川口
 11月18日にJR貨物安治川口駅構内で「お客様感謝祭」が開催され、大勢の家族連れやファンで賑わった。
 安治川口駅の構内が一般に開放されたのは今回が初めてであり、コンテナを持ち上げる作業の実演や鉄道グッズの販売などの様々なイベントで訪れた人を楽しませていた。
田中康平(愛知県)
2012_11_18_tanaka_kohei001.jpg
一堂に会した鶴舞線・桜通線の車輌たちを見ることができた。
'12.11.18 名古屋市交通局 日進工場

2012_11_18_tanka_kohei002.jpg
2人のちびっ子駅長による、「出発進行!」の出発合図。

'12.11.18 名古屋市交通局鶴舞線 赤池
 今年8月に90周年を迎えた名古屋市交通局では、11月18日(日)、日進工場にて「市営交通90周年記念メインイベント」を開催した。
 工場の敷地内では地下鉄車輌や市バスの展示、吊り上げ実演、カーウォッシャー通過体験などが行なわれたほか、名古屋に縁のあるゲストらによるライブやトークイベントも併催されるなど、ファンのみならず親子連れや地域住民の来場客で大いに賑わっていた。
 また、赤池駅では90周年記念発車式も行なわれている。発車式に使用されたのはN3000形第2編成で、当編成には11月16日頃より前面に記念ステッカーが貼り付けられている。

宇野玲雄(福岡県)
2012_11_17_uno_reo001.jpg
示される3001号と奥には2004号の姿も。
'12.11.17 筑豊電気鉄道 黒崎車両工場
 筑豊電気鉄道では11月17日(土)と18日(日)に、毎年恒例の『ちくてつ電車まつり2012』を黒崎車両工場で開催した。
 会場では2000形2004号、3000形3001号、保守用モーターカーの展示のほか、車内見学、工場見学、部品販売などの催しが行なわれた。
中村 仁(東京都)
2012_11_18_nakamura_hitoshi001.jpg 〈風っこやまなし2号〉はEF64 37が牽引。
'12.11.18 中央本線 韮崎―塩崎

2012_11_18_nakamura_hitoshi002.jpg
こちらはEF64 39牽引の〈風っこやまなし3号〉。

'12.11.18 中央本線 塩崎―韮崎
 11月17・18日に、甲府―小淵沢間で小牛田運輸区所属のキハ48形"びゅうコースター風っこ"を使用した快速〈風っこやまなし〉が各日2往復運転された。
 "びゅうコースター風っこ"の両端に新津運輸区所属のキハ47形を連結し、甲府方には高崎車両センター所属のEF64 37が、小淵沢方にはEF64 39が連結されて同列車を牽引した。

堀口敦行(東京都)
2012_11_18_horiguchi_atsuyuki002.jpg 左から8000系8111F、東急5050系4000番代、50070型、30000系、9000系、10000系、洗車体験車輌の500090型の並び。
'12.11.18 東武鉄道 森林公園検修区 P:堀口敦行

2012_11_18_horiguchi_atsuyuki003.jpg
今回の撮影会では、8111Fに限り寄居方の撮影も可能だった。写真は、団体臨時列車運転時の状態。

'12.11.18 東武鉄道 森林公園検修区 P:堀口敦行

2012_11_18_kakiha_yuta002.jpg
当日は池袋→森林公園で臨時快速急行も運転。前面表示は「臨時」ではなく「快速急行 森林公園」を表示。

'12.11.18 東武鉄道東上本線 鶴瀬 P:柿葉祐太

2012_11_18_fukuda_satoshi001.jpg
洗浄体験列車に使用された50090型にはヘッドマークが付いた。隣には川越市制90周年記念ヘッドマーク付の50090系が停車中。

'12.11.18 東武鉄道 森林公園検修区 P:福田智志

2012_11_18_horiguchi_atsuyuki001.jpg
秋晴れの中、8111Fがリバイバルカラー後初めて森林公園以南を走る。

'12.11.18 東武鉄道東上本線 東松山―高坂 P:堀口敦行
 11月18日、森林公園検修区で「東上線森林公園ファミリーイベント2012」が開催された。今回の展示車輌は、東武博物館所有南栗橋車両管区所属の動態保存車8000系8111F、2013年3月から東横線との直通運転開始時に使用される東急5050系4000番代4106F、50070型51074F、30000系31601F、9000系9101F、10000系11634F、そして洗車体験車輌の50090型51093Fであった。このほか、会場では運転台体験や洗車線体験乗車、東武博物館の花上館長のトークショウなどがあった。また今回の車輌撮影会では、8111Fに限り寄居方からの撮影も可能となった。
 さらに当日は「東上線森林公園ファミリーイベント2012」開催前に8000系8111F使用の団体臨時列車が森林公園―川越市間を1往復した。川越市方には特製ヘッドマーク、森林公園方には運転区間が記されたサボが取り付けられた。同編成が東上線を走るのは約1年5ヶ月ぶり。

伊藤 健(奈良県)
2012_11_18_ito_ken001.jpg
行先看板も誇らかに橿原神宮前を目指す。
'12.11.18 近畿日本鉄道大阪線 真菅―大和八木
 11月18日(日)、2610系X24編成+2410系W25編成を使用した臨時快速急行が、大阪上本町→橿原神宮前で片道限りで運転された。これは近畿日本鉄道が主催したウォーキングイベント"世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道in「吉野山」"開催により運転されたもので、橿原神宮前からは吉野線でも臨時列車がリレー形式として運転された。
岡田雄太郎(栃木県)
2012_11_18_okada_yutaro001.jpg
日光線を行くEF81 95。
'12.11.18 日光線 鶴田―鹿沼
 11月18日(日)に日光線と東北本線で、EF81を使用した乗務員訓練が宇都宮―日光―宇都宮―黒磯―宇都宮間で実施された。なおEF81は宇都宮運転所に常駐中だったEF81 95が充当された。
南 輝明(神奈川県)
2012_11_17_minami_teruaki001.jpg
タンコロこと100形108号がメインのお祭り。
'12.11.17 江ノ島電鉄 極楽寺検車区
 江ノ島電鉄では11月17日(土)及び18日(日)に、鉄道開業110周年・バス開業85周年を記念した「タンコロまつり」を極楽寺検車区にて開催した。
 初日は雨天のため午前中のみの開催となったが、車輌展示や記念写真の撮影、物品の販売などが行なわれ、多くの来場者で賑わった。
久保田健一(神奈川県)
2012_11_17_kubota_kenichi001.jpg
少しずつ山間部へ分け入って行く〈むさしの奥多摩号〉。
'12.11.17 青梅線 青梅―宮ノ平
 秋の行楽シーズンに合わせて、各地で臨時列車が多く運転される中、大宮から武蔵野線~中央本線~青梅線を直通する臨時快速〈むさしの奥多摩号〉が11月10・17・23・24日に運転されている。この列車は、夏季にも高崎車両センターの湘南色115系4連で運転されたが、今回は豊田車両センターに所属する115系M40編成6連が使用され、ヘッドマークのほか車体側面の差込式行先サボも用意されての運転となった。
 青梅線では季節ごとに多くの臨時列車が運転され、183系や485系お座敷列車が走る中で、115系スカ色編成の入線は貴重なシーンと言えよう。
二ノ宮忠勝(東京都)
2012_11_17_ninomiya_tadakatsu001.jpg
大宮駅で発車を待つ〈とき395号〉「上越新幹線開業30 周年記念号」 。
'12.11.17 上越新幹線 大宮
 上越新幹線は1982(昭和57)年11月15日に大宮―新潟間が開業してから本年11月15日で30周年を迎えた。これを記念して11月17日(土)に臨時列車〈とき395号〉「上越新幹線開業30周年記念号」が開業当初色の200系新幹線電車K47編成を使用し、大宮9:58→新潟11:49の片道で運転された。
 なお記念ヘッドマークは公募により選考された、埼玉の県鳥の「シラコバト」と新潟の県鳥の「朱鷺」が仲良く肩を組んだデザインのものが取り付けられた。また当日の大宮駅16番ホームでは出発式が行なわれている。
伊藤 健(奈良県)
2012_11_17_ito_ken001.jpg
土砂降りの雨の中、賢島を目指す。
'12.11.17 近畿日本鉄道大阪線 大和八木―耳成
 11月17日(土)、近鉄名古屋線の富吉車庫に所属する1200系FC92編成を使用した"伊勢・鳥羽・志摩うまいもん列車"が、賢島―大阪上本町間往復で運転された。同列車は4輌編成の列車で1輌目が"志摩号"、2輌目が"鳥羽号"、3輌目が"伊勢号"、4輌目が"三重号"となり、11:30から15:30まで大阪上本町駅の8番線ホームに停車させたまま、三重県各地の特産品を販売した。
柿葉祐太(千葉県)
2012_11_17_kakiha_yuta001.jpg 数年ぶりに、本線で8000系一般車が営業運転する姿を見ることができた。
'12.11.17 東武鉄道伊勢崎線 西新井

2012_11_18_kakiha_yuta001.jpg
晴天の中、本線を駆ける8154F。

'12.11.17 東武鉄道伊勢崎線 梅島
 南栗橋検修区所属8111F使用によるスカイツリー臨時列車を、11月17日は同区七光台支所所属の8170Fが、翌18日は8154Fが代走した。
 これは、18日に開催された森林公園検修区の一般公開に伴ない、8111Fが団体臨時列車の運転等に使用されたことによるもの。

瀧澤悠介(埼玉県)
2012_11_16_takizawa_yusuke001.jpg
横瀬に入線する303F。
'12.11.16 西武鉄道秩父線 横瀬
 11月15日に方転回送された池袋線車両所小手指車両基地所属の301系303Fが、11月16日に小手指→飯能→横瀬の経路で回送された。
中村逸平(埼玉県)
2012_11_12_nakamura_ippei001.jpg
海を背に青森へ。
'12.11.12 羽越本線 吹浦―女鹿
 「第12回 みんな集まれ!ふれあい鉄道フェスティバル」で展示された青森車両センター所属HB-E300系気動車"リゾートあすなろ"が11月11~12日にかけて尾久→青森で配給輸送された。牽引機はEF81 139が担当した。
廣村典彦(兵庫県)
2012_11_15_hiromura_norihiko001.jpg
少し印象が変わった5002号編成。
'12.11.15 山陽電気鉄道本線 大塩―山陽曽根
 山陽電鉄の主力車輌5000系、5030系は全13編成ある。そのうちトップナンバーの5000号編成と第2編成の5002号編成は4連で、その他は6連である。その5002号編成(阪神梅田方から5002-5003-5501-5601)が検査を受け10月下旬に出場した。検査と同時にスカートを5030系同様の切り込みの大きいタイプに変更、また中間電動車の5003のパンタグラフが菱形から下枠交差に変更された。このスカート変更やパンタグラフの下枠交差型への変更は6連車で順次進められているが、4連車では初めて。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年11月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.