鉄道ホビダス

2012年11月12日アーカイブ

中川健成(大阪府)
2012_11_11_nakagawa_kensei001.jpg 検車場の内部公開(車体吊り上げ作業実演)。
'12.11.11 大阪市交通局、緑木検査場 P:中川健成

2012_11_11_nakagawa_kensei002.jpg
公開された旧100系地下鉄車輌。この後、雨天のため屋内展示となり移動された。

'12.11.11 大阪市交通局、緑木検査場 P:中川健成

2012_11_11_nakagawa_kensei003.jpg
保存されている初期型ニュートラム車輌も公開。

'12.11.11 大阪市交通局、緑木検査場 P:中川健成

2012_11_11_nakagawa_kensei004.jpg
緑木検車場で保存されている30系初期型ステンレス車も車内公開。

'12.11.11 大阪市交通局、緑木検査場 P:中川健成

2012_11_11_sano_toru001.jpg
蓄電池機関車914-61328が21609を牽引した場内移動列車。

'12.11.11 大阪市交通局、緑木検査場 P:佐野 徹
 大阪市交通局では毎年恒例となっている緑木検査場の一般公開「おおさか市営交通フェスティバル」を11月11日に開催した。
 当日は以前から恒例となっている市電保存館の開放や旧100系地下鉄車輌の展示、初期型ニュートラムの展示や保存している資料の公開、ここ最近恒例となっている検車場の内部公開に加え、今回初となった地下鉄車輌を蓄電池機関車で構内を移動する場内移動列車の運転や車体洗浄体験乗車が行なわれた。

中安喜一(長野県)
2012_11_10_nakayasu_kiichi001.jpg 宮内駅から数百メートルの間は485系〈SLリレー号〉との並走が演じられた。
'12.11.10 上越線 宮内―越後滝谷/信越本線 宮内―前川

2012_11_10_nakayasu_kiichi002.jpg
飯山線を40年ぶりに蒸気機関車が走る! 

'12.11.10 飯山線 越後川口―内ヶ巻

2012_11_10_nakayasu_kiichi003.jpg
10日運転の長岡行は、最近では珍しくなったバック運転での牽引となった。

'12.11.10 飯山線 魚沼中条―下条

2012_11_11_nakayasu_kiichi001.jpg
運転2日目は長岡行が正向き運転であった。

'12.11.11 飯山線 魚沼中条―下条
 11月10・11日の2日間、長岡―十日町間で〈SL信濃川ロマン〉が1日1往復運転された。編成はC11 325(真岡鐵道車輌)+旧型客車3輌(高崎車)であった。
 折り返しとなる飯山線十日町駅には転車台がないことから、10日の長岡行と11日の十日町行ではC11はバック運転での牽引となった。またヘッドマークは正向き運転となった10日の十日町行と11日の長岡行でのみ掲出されている。さらい十日町行では宮内駅にて運転停車を行ない、485系使用の新潟―十日町間(ほくほく線経由)で運転の〈SLリレー号〉と同時出発・並走運転が実施された。
 今回、C11 325が動態復元後に新潟支社管内で運転されるのは初のことで、飯山線での蒸気運転は無煙化後40年ぶりであった。

二ノ宮忠勝(東京都)
2012_11_10_ninomiya_tadakatsu001.jpg
11月8日より、2年振りに運行を再開した明治村蒸気機関車12号。
'12.11.10 博物館明治村
 1974(昭和49)年3月18日より博物館明治村で行なわれている蒸気機関車12号の動態保存だが、2010(平成22)年12月19日に老朽化による経年劣化の状況を検査をするため運行再開未定で運行休止となっていた。
 このほど修理・整備が行なわれ、約2年振りとなる2012(平成24)年11月8日より運行を再開した(試運転は前月の10月12日より実施)。また、京都市電1号は9月28日より運行再開している(試運転は9月15日より実施)。  なお博物館明治村では、蒸気機関車9号及び京都市電2号の運行再開に向けた動態展示募金を募っている。
船山太一(神奈川県)
2012_11_10_nagao_junpei001.jpg 秋晴れの下快走する甲種輸送列車。
'12.11.10 東海道本線 岐阜―木曽川 P:長尾淳平

2012_11_11_funayama_taichi001.jpg
西武を象徴する黄色い電車が牽引。

'12.11.11 西武鉄道池袋線 西所沢―小手指 P:船山太一

2012_11_11_miyagawa_masaki002.jpg
8輌編成に続き、2輌編成も小手指へと向かう。

'12.11.11 西武鉄道池袋線 所沢―西所沢 P:宮川政樹
 11月9日~11日にかけて、日立製作所笠戸事業所にて落成した西武鉄道30000系38113編成(8連)と32105編成(2連)が、下松→横浜羽沢→新秋津→小手指の経路で甲種輸送された。牽引は下松→横浜羽沢が岡山機関区所属のEF210-8、横浜羽沢→新秋津が新鶴見機関区所属のEF65 2074、新秋津→小手指(西武鉄道線内)は101系263編成がそれぞれ牽引した。なお西武線内はホームの有効長の関係上、38113編成と32105編成は2回に分けて輸送された。

中司純一(兵庫県)
2012_11_11_nakatsukasa_junichi001.jpg 雨の中、3007Mで福知山に向かうFE64編成。
'12.11.11 東海道本線 塚本 P:中司純一

2012_11_12_takinowaki_masato001.jpg
〈きのさき10号〉として運用に入るFE64編成。

'12.11.12 山陰本線 船岡―園部 P:瀧之脇雅人
 去る11月5日に福知山電車区の183系B64編成が吹田総合車両所に回送され、同区B編成の稼働は5編成となったが、このほど日根野電車区から転属した381系がFE64編成の運用が開始された。
 福知山電車区の381系としては既稼動のFE61・62・66編成に次いで、FE64編成が4編成目となる。

鈴木雅洋(東京都)
2012_11_11_suzuki_masahiro001.jpg 車輌展示には多くの参加者がカメラを向けていた。
'12.11.11 東京地下鉄 綾瀬車両基地

2012_11_11_suzuki_masahiro002.jpg
工場棟では入場中の7104編成が展示された。

'12.11.11 東京地下鉄 綾瀬車両基地
 11月11日(日)、東京メトロ綾瀬車両基地にて「メトロファミリーパーク in AYASE」が開催された。今年も昨年と同様、事前応募で選ばれた15,000名の招待者が来場した。
 車輌展示には小田急電鉄ロマンスカー・MSE(60000形)60254編成、東京メトロ16000系16115編成、埼玉高速鉄道2000系2109編成が使用された。また運転台見学・休憩車輌には16000系16110編成が用いられたほか、工場棟では現在入場中の7000系7104編成を使用しての吊り上げ実演なども行われた。

天本 翼(神奈川県)
2012_11_10_amamoto_tsubasa001.jpg イベントのために遠路遥々、東北からやって来た"リゾートあすなろ"。
'12.11.10 尾久車両センター P:天本 翼

2012_11_10_goto_atsushi001.jpg
秋空のもと人気機関車が勢揃い! 

'12.11.10 尾久車両センター P:後藤篤史

2012_11_10_suzuki_yudai001.jpg
イベント終了後、EF65 501に牽引されて戻るDD51 842と旧客。

'12.11.10 東北本線 尾久―赤羽 P:鈴木裕大
 JR東日本は11月20日(土)、尾久車両センターにおいて一般公開イベント「第12回 みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル」を開催した。
 今回は、ハイブリッドシステムを搭載した青森車両センター所属の"リゾートあすなろ"や、〈カシオペア〉の予備電源車であるカヤ27も展示され、来場者の目を引きつけた。
 機関車はEF510-509、EF81 81、EF65 1115、DD51 842が展示され、各機にはブルートレイン関連のヘッドマーク(北斗星、カシオペア、はくつる、ゆうづる、出雲、さくら)が掲出され、新旧機関車が並ぶ光景となった。
 さらに旧型客車(3輌)や高崎車両センターの185系(湘南色)も展示され、来場者休憩用車輌としても使用された。
 実演イベントでは、E655系"なごみ(和)"の連結器収納・取り出し、DE11 1043を使用した転車台回転、オハネ25のジャッキアップ、レール切断などが行なわれ、来場者たちを楽しませた。
 このほか、こども制服撮影会やHOゲージ体験運転、レールスター・マジックボーイの体験乗車、保守作業車輌展示、鉄道グッズ、各地の駅弁・記念弁当の販売も実施され、イベントは大いに盛り上がった。

橋 尚輝(和歌山県)
2012_11_10_hashi_naoki001.jpg オリジナルヘッドマーク掲出の7195F。
'12.11.10 南海電鉄南海本線 紀ノ川―和歌山市

2012_11_10_hashi_naoki002.jpg
特急四国号風ヘッドマークが掲出されている2202F。

'12.11.10 南海電鉄南海本線 紀ノ川―和歌山市

2012_11_10_hashi_naoki003.jpg
特急四国号風"吉本―加太"ヘッドマークを掲出する7197F。

'12.11.10 南海電鉄南海本線 紀ノ川―和歌山市

2012_11_10_hashi_naoki004.jpg
枠ありオリジナルヘッドマークを掲出する7191F。

'12.11.10 南海電鉄南海本線 紀ノ川―和歌山市
 南海電鉄加太線と吉本興業がともに100周年を迎えたことを記念して、11月10日より"加太線・吉本お笑い列車"の運転が開始された。
 内容は10時から16時までの間に始発駅を発車する列車内において、吉本芸人である辻本茂雄さんと未知やすえさん、島田珠代さんの3人が停車駅案内、マナー啓発や沿線の観光案内、加太線の雑学などをアナウンス(車内自動案内放送)するもの。
 この"加太線・吉本お笑い列車"は和歌山市―加太間を運行する車輌の2輌5編成で実施され、ヘッドマークと助士側ワンマン表示の下に副標が掲出されている。
 オリジナルヘッドマークは、車内自動案内放送で出演する3人の芸人をコミカルに描いたものが2種、かつて南海線を走っていた特急四国号のヘッドマークをモチールにしたものが2種の計4種が用意され、副標には"よしもと新喜劇車内アナウンス 加太線10:00~16:00"と書かれている。この企画は来年の3月3日まで実施される予定(予告なく放送・掲出を中断・中止する場合あり)。
 なお、掲出されている編成は以下の通り。

 7100系7167F オリジナル 詳細未確認
 7100系7195F オリジナル モハ7195が枠あり、クハ7969が枠なし 
 7100系7191F オリジナル 枠あり
 7100系7197F 特急四国号風 吉本―加太
 2230系2202F 特急四国号風 吉本―南海

南 輝明(神奈川県)
2012_11_11_minami_teruaki001.jpg 引退から6年ぶりに登場した1000形と現役の3000形が並ぶ。
'12.11.11 横浜市交通局 上永谷車両基地

2012_11_11_minami_teruaki002.jpg
洗浄線体験列車を含め最大6編成が並んだ。

'12.11.11 横浜市交通局 上永谷車両基地


工場内では運転台見学や保線車輌の展示も行われた。

'12.11.11 横浜市交通局 上永谷車両基地
 横浜市交通局では、ブルーライン開業40周年記念し、11月10日(土)に上永谷車両基地にて市営交通お客様感謝祭「はまりんフェスタin上永谷」を開催した。
 地下鉄車輌展示では現行車輌の3000形に加え、2006年12月に引退し新羽車両基地に保存されていた開業当時の車輌である1000形を運搬し、来場者を驚かせていた。
 また、工場内見学や洗浄線体験、横浜市営バス車輌の展示、グッズや鉄道部品の販売なども行なわれ、多くの来場者で賑わった。

中司朔良(兵庫県)
2012_11_10_nakatsukasa_sakura001.jpg PRヘッドマークとステッカーを掲出する9000系9000F。
'12.11.10 阪急電鉄神戸本線 三宮―春日野道 P:中司朔良

2012_11_11_kawabata_hiroaki001.jpg
ヘッドマークには建て替えられた阪急百貨店がデザインされている。

'12.11.10 阪急電鉄神戸本線 夙川 P:川端浩晃

2012_11_10_matsuoka_nobuhiko001.jpg
今秋一番話題の「梅田の新名所」へ誘う。

'12.11.10 阪急電鉄 宝塚本線 三国 P:松岡宣彦
 11月21日(水)に阪急百貨店うめだ本店がグランドオープンするのに先駆け、阪急電鉄三本線の8輌編成8列車、合計24編成に、これをPRするヘッドマークと側面大型ステッカーが掲出されている。
 なお掲出期間は11月10日(土)~12月25日(火)の予定。

伊藤 健(奈良県)
2012_11_10_ito_ken001.jpg 個性豊かな車輌が集結した。
'12.11.10 近畿日本鉄道 五位堂検修車庫

2012_11_10_ito_ken002.jpg
特製副票を掲出し、来場者を高安へ送り届ける20000系"楽"使用のシャトル列車。

'12.11.10 近畿日本鉄道大阪線 近鉄下田―二上
 11月10日(土)と11日(日)に「きんてつ鉄道まつり2012」が開催され、近畿日本鉄道大阪線の五位堂検修車庫と高安車庫が一般に公開された。
 五位堂会場では15200系"あおぞらII"や22600系、21020系"アーバンライナー"、5200系、"はかるくん"などが横1列に並べられ、個性溢れる車輛が顔を揃えた。このほか検修棟内では5820系DF52編成の先頭車がクレーン実演に使用され、高安車庫では今は亡き3000系先頭車のカットモデルや新型観光特急"しまかぜ"が展示され、両会場ともに大変な賑わいを見せていた。
 なお両会場を結ぶシャトル列車が、20000系PL01編成を使用し、五位堂―高安間で4往復運転された。

伍賀渓介(東京都)
2012_11_09_goga_keisuke001.jpg
大都会を南下する。
'12.11.9 山手貨物線 新宿―渋谷
 11月8日に長野総合車両センターから大宮へ配給輸送された205系8輌のうち、元ケヨ7編成の4輌が東京総合車両センターへ入場するため11月9日に配給輸送された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年11月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.