鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【のと鉄道】「湯涌ぼんぼり祭り」ヘッドマーク掲出と貸切列車運転

【のと鉄道】「湯涌ぼんぼり祭り」ヘッドマーク掲出と貸切列車運転

宮島昌之(石川県)
2012_10_08_miyajima_masayuki001.jpg 期間限定ダブルヘッドマーク掲出の「花咲くいろは」ラッピングNT201。
'12.10.8 のと鉄道七尾線 田鶴浜―和倉温泉

2012_10_08_miyajima_masayuki002.jpg
同じくダブルヘッドマーク掲出の「急行ゆのさぎ」。8日運行分は特別に一般利用客にも開放された。

'12.10.8 のと鉄道七尾線 西岸

2012_10_08_miyajima_masayuki003.jpg
「急行ゆのさぎ」のヘッドマークは衝撃的なデザイン。ファンも予想すら出来なかったに違いない。

'12.10.8 のと鉄道七尾線 西岸

2012_10_08_miyajima_masayuki004.jpg
「急行ゆのさぎ」ではヘッドマーク1枚のみの運行も行なわれた。

'12.10.8 のと鉄道七尾線 能登鹿島―西岸

2012_10_08_miyajima_masayuki005.jpg
「花咲くいろは」ラッピングと「急行ゆのさぎ」の交換シーン。

'12.10.8 のと鉄道七尾線 西岸
 10月6日(土)に石川県金沢市の湯涌温泉で開催された「第2回 湯涌ぼんぼり祭り」にあわせ、のと鉄道七尾線でヘッドマーク掲出や貸切列車の運転が行なわれている。
 これは、昨年のテレビ放映の他、来年3月に劇場版「花咲くいろは HOME SWEET HOME」の公開が決まっている、アニメ「花咲くいろは」の舞台となった湯涌温泉で、作中に登場する祭りを再現した「第2回 湯涌ぼんぼり祭り」が開催されるのにあわせ、同じく舞台となった、のと鉄道沿線に聖地巡礼で訪れるファンに楽しんでもらおうと「鉄道遊走」有志一同が進めていた貸切列車企画とあわせて実施されているもの。
 「花咲くいろは」ラッピングのNT201には、10月5日(金)~14日(日)の期間限定で、「第2回 湯涌ぼんぼり祭り」オリジナルヘッドマークを助士席側に追加で掲出しているほか、車内にも天井より小さな「ぼんぼり」が多く吊り下げられている。
 また、今年の8月27日で国鉄当時より開業日から数えて80周年を迎えた、"湯乃鷺駅"こと西岸駅の駅舎にも「ぼんぼり」を飾り、夜間点灯するなどお祭り気分を盛り上げていた。
 一方、「鉄道遊走」有志一同が企画した貸切列車「急行ゆのさぎ」が、穴水―七尾間を10月7日(日)は2往復、8日(月・祝)は3往復運転され、キャラクターを全面にデザインしたオリジナルヘッドマークが掲出された。
 車輌は先月に全検を受けた綺麗なNT204が使用され、普段見られない急行列車扱いでの運転となり、車体側面には急行能登路「ロマンスカー」マークやサボなど、国鉄当時を髣髴とさせる凝った装飾が施されていた。
 なかでも8日は特別に一般利用客にも開放され、昨年版の同アニメキャラクターによる車内アナウンスや乗車記念品配布も行なわれていて、乗車したファンは久しぶりに聞く車内アナウンスや、世界農業遺産"能登の里山里海"の美しい風景を楽しみながら列車の旅を楽しんでいる様子だった。
 なお、「第2回 湯涌ぼんぼり祭り」の会場で同アニメの製作スタッフ代表より、来年桜の咲く時期に合わせ、のと鉄道に「花咲くいろは」の新たなラッピング列車が運行予定であることを、集まった多くのファンの前で発表したとのこと。現行のラッピング列車の動向も気になるところだが、「花咲くいろは」×「のと鉄道」によるタイアップはさらに勢いを増しそうである。

(C)2012 花いろ旅館組合

レイル・マガジン

2012年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.