鉄道ホビダス

2012年10月29日アーカイブ

酒井健一郎(東京都)
2012_10_28_sakai_kenichiro001.jpg 「陣馬」と「特急」の種別表示板を掲出した大月行臨時列車。
'12.10.28 富士急行大月線 富士山―月江寺 P:酒井健一郎

2012_10_28_sakai_kenichiro002.jpg
復路の臨時河口湖行は「高尾」と「特急」の種別表示板で運転。

'12.10.28 富士急行大月線 赤坂―都留市 P:酒井健一郎

2012_10_28_sakai_kenichiro003.jpg
富士山にてスイッチバック、「臨」を掲げ河口湖を目指す1000系「京王5000系カラー」。

'12.10.28 富士急行河口湖線 富士山―富士急ハイランド P:酒井健一郎

2012_10_28_ishi_daichi001.jpg
8:30~9:00の予定の「1000系電車5並び」撮影会は、車輌入換の都合で8:45までとなったが、開始時間が8:25に繰り上げられた。

'12.10.28 富士急行河口湖線 河口湖 P:石井大智
 富士急行では1000系のうち、1001号編成を10月28日から「京王5000系カラー」へ塗り替えて運行を開始した。これは京王5000系が来年登場50年を迎えるのにあわせ、富士急行・京王・一畑電車の3社が共同で誕生を祝う企画を行ない、富士急行の第一弾として企画されたもの。また塗装変更だけではなく、車体の車号を京王当時の番号に戻すというこだわりも見せてくれた。
 運行開始当日の28日、河口湖駅において1000系の5並び、115系や183系との並びでの撮影会が開催されたほか、定期運行に先駆けて河口湖―大月間で1往復の臨時列車も運転された。臨時列車の運転では京王電鉄協力のもと、往年の実物ヘッドマークを取り付けての運転となり、大月行は大月・河口湖方先頭車に「陣場」、河口湖行は富士山方先頭車に「高尾」を特急の種別表示板とともに掲出、大月行での富士山方先頭車並びに河口湖行の大月・河口湖方先頭車では「臨」の表示板を掲出した。

片平宏之(宮城県)
2012_10_27_katahira_hiroyuki001.jpg
前面には100周年記念の特製ヘッドマークが取り付けられた。
'12.10.27 石巻線 石巻
 10月27日(土)、JR東日本小牛田運輸区所属のキハ48形"びゅうコースター風っこ"を使用した臨時快速〈石巻線開業100周年号〉が仙台―石巻間と石巻―仙台間(いずれも東北本線・石巻線経由)で運転された。
 また小牛田駅と石巻駅の2駅では数量限定で石巻線開業100周年の記念切符の販売が、石巻駅では開業100周年にあわせたイベントが行なわれ、ファンのみならず一般の人々もイベントを見物したことから石巻駅では多くの人々で賑わった。なお同列車の運転と同イベントは、翌28日(日)にも実施されている。
大木 将(東京都)
2012_10_26_ohoki_masaru001.jpg
通常はワンマン列車のみの小川町以北を堂々と走行。
'12.10.26 東武鉄道東上本線 男衾―東武竹沢
 10月24日から26日にかけて、南栗橋車両管区春日部支所所属の東武30000系31603Fと31403Fが、秩父鉄道経由にて森林公園検修区へ回送された。
 なお、31403Fは2009年より3年以上休車となっていたが、全般検査ののち、先月より営業運転に復帰している。
河澄拓哉(栃木県)
2012_10_27_ishikawa_yoshitaka001.jpg
電気街に別れを告げる。
'12.10.27 東北新幹線 東京―上野 P:石川義貴

2012_10_28_kawasumi_takuya001.jpg
通い慣れた道のりを最後の国境越えに挑むE1系。

'12.10.28 上越新幹線 越後湯沢 P:河澄拓哉
 定期運用離脱からちょうど1ヶ月、E1系はついに営業列車からの引退を迎えた。
 10月に入り特に目立った運用もなく、21日に開催された「新幹線ご利用感謝祭」での展示と26日から3日間に渡り運転された"ありがとうMaxあさひ号"などの団体列車が最後の花道となった。
 最終日の28日は"さよならE1Maxとき号"として東京―新潟間を力走。途中上野と大宮以外はノンストップで運転され、往年の勇者たる姿をファンの心に刻み込ませた。
 初代オール2階建て新幹線をとして幅広く愛されたE1系、その役目はE4系に引き継がれ、今後も"Max"は上越路を走り続ける。

岩片浩一(東京都)
2012_10_27_iwakata_koichi001.jpg
東京スカイツリー(R)をバックに日光へ向かう。
'12.10.27 東武鉄道伊勢崎線 鐘ヶ淵―堀切
 10月27日、浅草―東武日光間にて東武鉄道634型の初営業列車となる東武トラベル主催の団体列車が1往復運行された。
 同車は今後も土日を主体に運行が予定されており、11月29日以降は鬼怒川線・日光線系統のみならず、野田線や伊勢崎線太田発着の臨時特急列車としての活躍が予定されており、大いに注目していきたいところである。
小島英明(神奈川県)
2012_10_28_kojima_hideaki001.jpg
相模川(馬入川)を渡る"山スカ"。
'12.10.28 東海道本線 茅ヶ崎―平塚
 10月28日(日)に「ひまわり号を走らせる立川実行委員会」主催による"2012年立川ひまわり号"が立川―品川―小田原間で運転された。
 車輌は豊田車両センター所属の115系M40編成が使用され、東海道本線を"山スカ"が走行する珍しい光景が見られた。
南 輝明(東京都)
2012_10_28_minami_teruaki001.jpg
今年はEH級の機関車の並びとなった。
'12.10.28 常磐線貨物支線 隅田川
 10月28日(日)に、JR貨物隅田川駅で「隅田川駅貨物フェスティバル2012」が開催された。
 EH500-54及びEH200-2の機関車展示のほか、フォークリフトの実演、記念グッズや鉄道部品、産直野菜の販売などが行なわれた。
 当日は小雨混じりのあいにくの天気であったが、多くの来場者で賑わった。
中安喜一(長野県)
2012_10_27_nakayasu_kiichi001.jpg
秋晴れの午後、会津若松を目指す〈SL只見線奥会津号〉。
'12.10.27 只見線 会津坂下―若宮
 10月27・28日に只見線会津若松―会津川口間で〈SL只見線奥会津号〉が運転された。編成はC11 325+旧型客車3輌で、C11 325には特製のヘッドマークが掲出された。
 同線での蒸機運転は昨年の5月以来、1年5ヶ月ぶりの運転であった。只見線での蒸機の勇姿を見ようと、沿線には多くのファンや沿線住民が集まった。
佐藤 友(秋田県)
2012_10_27_sato_yuu001.jpg
八郎潟駅に停車中の"クルージングトレイン"。
'12.10.27 奥羽本線 八郎潟
 10月26日と27日、八郎潟―新発田間にて秋田車両センター所属の"クルージングトレイン"による団体臨時列車が運転された。
 今回は中間に男鹿線用のキハ40 570を連結した3輌編成となり、珍しい組み合わせでの運転となった。
藤原陽平(愛媛県)
2012_10_27_fujiwara_yohei001.jpg
子供たちに大人気のアンパンマン列車もやってきた。
'12.10.27 高松運転所
 10月27日、JR四国高松運転所において第19回「鉄道の日」協賛行事の一環である公開イベント「おいでまい、高松運転所」が開催された。
 会場では7000系電車を使用した洗車体験や線路巡回用車輌(レールスター)乗車体験、さらに2000系気動車を使用した転車台体験等が行なわれた。
 当日はレイル・ファンだけでなく親子連れ等も多数来場し、大いなる賑わいを見せた。
高橋孝一(群馬県)
2012_10_27_takahashi_koichi001.jpg
湘南色、あまぎ色、一般色の185系が勢揃いした。
'12.10.27 高崎車両センター
 「新前橋わくわく体験トレインフェスタ」が10月27日、高崎車両センターで開催された。今回は長野原線電化45周年記念として、塗装の異なる3種の185系特急〈草津〉が展示されたほか、長野原線のあゆみのパネル展示、鉄道部品販売、洗浄車輌乗車体験なども行なわれた。
崎山喜一朗(東京都)
2012_10_27_sakiyama_kiichiro001.jpg 並べられた京王の車輌たち。
'12.10.27 京王電鉄 若葉台車両基地

2012_10_27_sakiyama_kiichiro002.jpg
7000系の2+2という変則的な編成も展示された。

'12.10.27 京王電鉄 若葉台車両基地
 10月27日、京王電鉄若葉台車両基地で「若葉台車両基地見学会」が行なわれた。これは抽選により当選した人のみ参加できたイベントで、10:00~12:00と13:00~15:00に時間帯を分けての開催となった。会場では車輌展示のほか、車体の吊り上げ実演や洗車体験なども行なわれた。

長尾淳平(岐阜県)
2012_10_27_nagao_junpei001.jpg
下り線仮ホームを通過する列車。一番奥のホームが現上りホーム。
'12.10.27 名古屋鉄道犬山線 布袋
 10月27日、名鉄犬山線布袋駅では高架化工事事業の一環として、下り方の線路とホームを仮のものに切り替えた。仮のホームは待避線と本線の1面2線となっており、階段やエレベーターも新設されている。
廣村典彦(兵庫県)
2012_10_27_hiromura_norihiko001.jpg
「平清盛」ラッピング車同士が並んだ。
'12.10.27 山陽電気鉄道 東二見工場
 山陽電気鉄道では、10月27日に毎年恒例となった鉄道の日のイベント「山陽・鉄道フェスティバル2012」を東二見工場で開催した。
 主な内容は車輌部品の販売、工場内の見学、洗車体験、車掌体験、鉄道模型運転会、山陽バス展示、スルッとKANSAI加盟各社のグッズ販売、その他地元周辺のグルメ食品販売など盛りだくさんの内容だった。
 また今回は電車撮影会の撮影会は予告されていなかったが、阪神電気鉄道の「平清盛」ラッピング9000系9024編成と山陽電気鉄道「平清盛」ラッピングの5000系5630号編成の2編成が並んで展示され、さながら電車撮影会と同じ状態となった。
西谷 篤(北海道)
2012_10_27_nishitani_atsushi001.jpg
新川付近の高架区間を行く711系S-114編成他6連。
'12.10.27 札沼線 新川―新琴似
 JR北海道では10月27日のダイヤ改正にあわせ、札沼線(学園都市線)札幌―北海道医療大学間の全列車を電車化した(北海道医療大学以北直通列車を除く)。これに伴ない、改正前には見られなかった711系電車の同線における運用が開始され、石狩当別発6時45分の526Mから運用に就いている。
 なお、改正初日は札幌方に復刻色のS-114編成が充当され、沿線で撮影するファンの注目を浴びていた(石狩当別方は3ドア化先頭車を含むS-111編成)。
佐野 徹(京都府)
2012_10_27_sano_toru001.jpg
「びわこ連絡」ヘッドマークを掲出したデオ711の運転士は"くまモン"であった。
'12.10.27 叡山電鉄 修学院車庫
 10月27日、叡山電鉄は修学院車庫にて「第8回えいでんまつり」を開催し、洗車体験やドア開閉体験、全国私鉄・公営交通の鉄道部品やグッズ販売、パンフレットの配布、出町商店街マスコットガール「マコトちゃん」コンテストやライブ等を行ない、多くの来場者で賑った。また当日発売の「スタンプラリー一日乗車券」を購入した先着140名をイベントトレイン"きらら"に招待した。
土居博幸(大阪府)
2012_10_27_doi_hiroyuki001.jpg
10000系サザンが秋晴れの高野線を快走! 
'12.10.26 南海電気鉄道高野線 北野田―狭山
 今年も「鉄道の日」を記念したイベント『南海電車まつり2012』が10月27日に千代田工場で開催され、その一環として臨時直通列車10000系"サザン"(10004F・ヘッドマーク付)がなんば―千代田工場間を走行した。沿線や駅では普段見られることがない列車をカメラにおさめようと多くの人が集まった。また会場の千代田工場では鉄道部品即売会、工場探検、子ども車掌体験、車輌吊り下げ実演などが行なわれた。
柿葉祐太(千葉県)
2012_10_26_kakiha_yuta001.jpg
EF64 1031を先頭に住宅街を横切る。
'12.10.26 武蔵野線 新八柱―東松戸
 10月26日、久留里線用キハE130形100番代3輌が新津車両製作所を出場し、長岡車両センター所属EF64 1031の牽引で、新津→木更津まで配給輸送された。
 今回輸送された3輌は、10月19日に製造元の新潟トランシスを出場し、新津車両製作所まで甲種輸送が行なわれていた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.