鉄道ホビダス

2012年10月26日アーカイブ

瀧之脇雅人(兵庫県)
2012_10_26_takinowaki_masato001.jpg
秋晴れの中、団臨として走る福知山電車区183系。
'12.10.26 山陰本線 船岡―園部
 10月26日、谷川から福知山経由で京都まで団体臨時列車が運転された。 使用されたのは、准国鉄色を纏った福知山電車区183系B61編成4連であった。
 福知山電車区183系は通常〈こうのとり〉〈きのさき〉〈はしだて〉などの定期特急として走るが、この日は黒字の団体幕を掲出していた。
藤原 健(大阪府)
2012_10_26_fujiwara_ken001.jpg
閉鎖された東沢踏切。今夜の主役が堂々と現れた。
'12.10.26 関西本線 平野―加美
 10月26日の未明、関西本線平野―加美間・河内堅上駅構内でレール卸の作業を行なうため工事用臨時列車が運行された。編成はDD51 1183がレール輸送専用のチキを10輌牽引するものであった。工事にあたって平野―加美間の踏切は全て閉鎖され、慎重にレール卸作業が行なわれていた。
 その後、列車は河内堅上駅付近でレールを卸してから関西本線―奈良線経由で向日町操に回送されている。

【JR貨】HD300-2 甲種輸送

穂積諒介(東京都)
2012_10_26_hodumi_ryosuke001.jpg
量産タイプ2輌目となるHD300。
'12.10.26 武蔵野線 東所沢―新秋津
 東芝府中事業所で落成したHD300-2の甲種輸送列車が、10月26日に北府中―新座貨物ターミナルー新鶴見(信)の行程で、DE10 1155の牽引により運転された。
秋元史行(東京都)
2012_10_24_akimoto_fumiyuki001.jpg
品川方面に向かう2100形2173編成による「A快特」。
'12.10.24 京浜急行電鉄久里浜線 三浦海岸
 京浜急行では、10月21日か京急蒲田駅付近の全線高架化記念したらラッピング車輌"京急さわかやギャラリー号"の運行を開始した。
 "京急さわかやギャラリー号"は2100形2173編成が使用され、前面と側面にラッピングが施されているほか、車内には小学校児童が描いた絵画を掲出している。
妹背光洋(大阪府)
2012_10_25_imose_mitsuhiro001.jpg
113系湘南色が淀川橋梁を快走。
'12.10.25 東海道本線 新大阪―大阪
 吹田総合車両所京都支所所属の113系C10編成4輌が運転競技会に使用されるため、10月25日に向日町操―鷹取〔神戸(タ)〕―兵庫で回送され、同日に兵庫―鷹取〔神戸(タ)〕―向日町操の行程で戻った。
 久しぶりに京都支所の113系湘南色が大阪以西へ走行するとあって、大いに注目された。

【JR貨】特大貨物輸送実施

山田剛愛(京都府)
2012_10_25_yamada_tsuyoshi001.jpg 早朝の琵琶湖路を変圧器を積んで走行するEF65。
'12.10.25 東海道本線 栗東 P:山田剛愛

2012_10_25_nagao_junpei001.jpg
専用線のスイッチャーに後押しされ、工場へ向かう。

'12.10.25 中央本線 春日井 P:長尾淳平
 10月24日から10月25日にかけて、シキ1000形3輌を使用した変圧器輸送が西浜―春日井間で実施された。牽引は新鶴見機関区所属のEF65 2037。

岡田雄太郎(栃木県)
2012_10_24_okada_yutaro001.jpg
EF64 1031に牽引されて高崎を目指す。
'12.10.24 上越線 津久田―敷島
 〈SLあきた路号〉に使用されたC61 20と12系7輌が、10月23日から24日にかけて高崎車両センター高崎支所へと返却輸送された。牽引機は秋田―長岡間は長岡車両センター所属のEF81 140、長岡―高崎間は同じく長岡車両センター所属のEF64 1031が充当された。
中尾佳正(奈良県)
2012_10_25_nakao_yoshimasa001.jpg
ラビットカー復刻塗装車に、この日だけの円形看板が装着された。
'12.10.25 近畿日本鉄道南大阪線 高田市―浮孔
 近鉄吉野線が開業してちょうど100年を迎えた10月25日、大阪阿部野橋11時20分発の吉野行き急行(定期列車)に、開業100周年を記念した看板を装着して運転された。特に円形看板の方は日付入りであり、この列車限りのシーンとなった。
二ノ宮忠勝(東京都)
2012_10_24_ninomiya_tadakatsu001.jpg C11蒸機を転向するために復活した会津川口駅の転車台。
'12.10.24 只見線 会津川口 P:二ノ宮忠勝

2012_10_23_otsubo_tatsuya001.jpg
久しぶりの只見線を踏みしめて走るC11。

'12.10.23 只見線 郷戸―滝谷 P:大坪達也
 昨年7月29日、豪雨による水害で只見線の3橋梁が流失し、現在も会津川口―只見間は不通とないっている。
 毎年行なわれている真岡鐵道所属のC11 325牽引による蒸機列車運行は、今回運転区間が会津若松―会津川口間となった。このため復路のバック運転やDLとのプッシュプルでの運行とせず、会津川口駅構内に残る転車台を整備復活させ、10月23日~25日に運転された〈SL只見線奥会津号〉の試運転で復活を果たした。このため試運転の上下列車とも正面向きで運行が行なわれ、只見線蒸機現役時代が再現された。
 なお、〈SL只見線奥会津号〉は10月27日・28日に運行される。

大平直人(神奈川県)
2012_10_20_ohira_naoto001.jpg
曇り空の東海道を、海辺の街へ向かう。
'12.10.20 東海道本線 保土ヶ谷―東戸塚
 10月20日(土)・21日(日)の両日、JR東日本が企画した「南伊豆 伊勢海老を食す旅」のツアー列車が大宮総合車両センター所属185系OM08編成を使用して東京―伊豆急下田間で各日片道ずつ運転され、専用のヘッドマークが掲出された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.