鉄道ホビダス

2012年10月16日アーカイブ

清宮実寛(群馬県)
2012_10_13_funayama_taichi001.jpg 横浜駅に入ってくるEF65 1115牽引のブルートレイン、その姿はかつて運転されていた寝台急行〈銀河〉のよう。
'12.10.13 東海道本線 横浜 P:船山太一

2012_10_14_kiyomiya_mihiro001.jpg
朝日を浴び、日本海を横目にし秋田を目指す団体臨時列車"出羽"。

'12.10.14 羽越本線 小砂川―上浜 P:清宮実寛
 10月13日(土)から14日(日)にかけて、団体臨時列車"出羽"が横浜から秋田まで運転された。列車は青森車両センターの24系7輌が使用され、横浜―高崎間は高崎車両センター高崎支所のEF65 501(新鶴見信号場までは最後部にEF65 1115を連結)、高崎―青森間(秋田―青森間は回送)は青森車両センターのEF81 138が牽引し、"出羽"のヘッドマークが掲出された。

【JR東】E26系方向転換実施

後藤篤史(千葉県)
2012_10_11_goto_atsushi001.jpg 〈カシオペア〉塗色機にエスコートされ方向転換へと向かう。
'12.10.11 常磐線 馬橋―北松戸

2012_10_14_goto_atsushi001.jpg
秋雨の中、再び方転される。

'12.10.14 常磐線 北松戸―馬橋
 10月11日(木)に尾久車両センター所属E26系が、EF510-509とEF510-510のプッシュプルで運転されました。これは12~14日運転の「カシオペア・クルーズ」のために方向転換が行われたもので、運転終了後の14日には、編成が逆向きになったものを元に戻すためEF65 1115とEF81 133のプッシュプルによる方向転換が再度行なわれた。
 なお経路は、11日、14日とも尾久→上野→我孫子→南流山→上野→尾久だった。

宮島昌之(石川県)
2012_10_13_miyajima_masayuki003.jpg 今年も車輌展示の仲間に加わった高岡色キハ40系。一方、NT800形の車内は鉄道模型体験や休憩室として使用された。
'12.10.13 のと鉄道七尾線 穴水(穴水運転区)

2012_10_13_miyajima_masayuki004.jpg
保守作業車輌が勢ぞろい。各車運転台の乗車体験が行なわれた。

'12.10.13 のと鉄道七尾線 穴水(穴水運転区)

2012_10_13_miyajima_masayuki005.jpg
バラスト運搬ホッパ車と、綱引き対決に使用された「永井豪キャラクターラッピング」NT211。

'12.10.13 のと鉄道七尾線 穴水(穴水運転区)

2012_10_13_miyajima_masayuki006.jpg
恒例となった四季折々の写真展示。相次ぐラッピング列車登場やキハ40系乗り入れなど、僅か1年の間での劇的な変化を改めて感じることができた。

'12.10.13 のと鉄道七尾線 穴水(穴水運転区)
 10月13日(土)と14日(日)の両日、のと鉄道穴水駅及び隣接の穴水運転区で「のと鉄道フェスティバル2012」が開催され、多くの家族連れやレイル・ファンなどで賑わった。
 車輌展示では、同日に金沢からきた臨時快速〈能登の里山里海号〉のキハ47 1013+キハ40 2090や、保守作業車輌の乗車体験、同駅で静態保存されているNT801とNT802の車内も公開され、見学や休憩、鉄道模型体験に使用された。
 穴水運転区構内では、軌道自転車体験や踏切の非常ボタン押し体験、恒例となった列車と綱引き(今回は「永井豪キャラクターラッピング」NT211を相手に、"マジンガーZ号と力比べ対決!")、NT200形一日運転士体験、また隣接の駐車場では、初開催となるミニ新幹線(N700系)の体験乗車が行なわれた。
 一方、駅構内では四季を通じて撮影された「のと鉄道」の列車と風景の写真展示、鉄道ジオラマの展示が行なわれたほか、駅前広場では地元ミュージシャン出演によるライブ演奏や飲食、鉄道グッズの売店などが並んだ。

(C)永井豪/ダイナミック企画

長谷川航大(千葉県)
2012_10_14_hasegawa_kodai001.jpg
東日本をぐるっと一周して帰ってきた。
'12.10.14 東北本線 矢板―片岡
 10月12日に上野→秋田(回送で青森)間で運転された、E26系12輌による「カシオペアクルーズ」の復路が、13日から14日にかけて運転された。
 復路は青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・東北本線経由で運転され、田端運転所のEF81 95が牽引した。
森 康平(東京都)
2012_10_14_mori_kohei001.jpg
東海道本線を走行する205系、ヘッドマークを掲げて走り抜ける!
'12.10.14 東海道本線 品川―川崎
 鉄道開業から140周年を記念して、鎌倉車両センター所属の横浜線用205系H25編成を使用した団体臨時列車"鉄道開業140周年記念号"が、新橋―桜木町間で運転された。同編成には鉄道開業140周年のヘッドマークが掲出され、新橋→(東海道本線経由)→横浜→大船→横須賀→大船→(根岸線経由)→桜木町と走行した。
原田嘉己(新潟県)
2012_10_14_harada_yoshimi001.jpg
新潟各地を走る列車が勢ぞろいした。
'12.10.14 直江津運輸区
 10月14日(日)にJR東日本直江津運輸区にて「なおえつ鉄道まつり」が開催された。会場では485系(国鉄色)、115系(弥彦色)、キハ40(国鉄色)、キハ47形(国鉄色)、DE10などが展示された。このほか、車輌内展示やアルミカート走行体験、鉄道模型の展示もあった。
中安喜一(長野県)
2012_10_14_nakayasu_kiichi001.jpg 中央支線辰野線を行くEF64 37先頭の〈中央線紀行号〉。
'12.10.13 中央本線 信濃川島―辰野

2012_10_14_nakayasu_kiichi002.jpg
復路はEF64 38先頭で運転された。

'12.10.13 中央本線 辰野―信濃川島
 10月14日に〈中央線紀行号〉が篠ノ井線・中央本線の松本―富士見間を辰野経由で1往復運転された。編成は前日に運転された〈篠ノ井線110周年号〉と同じで(←富士見)EF64 37+旧型客車3輌+EF64 38(松本→)で、EF64には特製のヘッドマークが掲出された。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.