鉄道ホビダス

2012年10月12日アーカイブ

宮島昌之(石川県)
2012_10_12_miyajima_masayuki001.jpg 富山県高岡市の観光PRとして"あみたん娘"ラッピング車輌が営業運転を始めている。
'12.10.12 城端線・氷見線 高岡

2012_10_12_miyajima_masayuki002.jpg
キャラクターは写真右手から順に、"あみたん"と"カノン"(氷見線基準で山側)。前面助士側にも"カノン"が描かれている。

'12.10.12 城端線・氷見線 高岡(敷地外より撮影)

2012_10_12_miyajima_masayuki003.jpg
反対側(氷見線基準で海側)は、写真右手から順に"阿弥貴"と"セシル"。

'12.10.12 城端線・氷見線 高岡

2012_10_12_miyajima_masayuki004.jpg
沿線4市を四つ葉のクローバーで表現。また外装全体には、4市の「市章(シンボルマーク)」を散りばめている。

'12.10.12 城端線・氷見線 高岡
 城端線と氷見線向けの気動車、富山地域鉄道部富山運転センター所属のキハ47 66に、高岡市PR"あみたん娘"ラッピングが施され、高岡色のキハ47 1015とペアを組み営業運転を始めている。
 これは、両沿線の高岡、氷見、砺波、南砺各4市などでつくる「城端・氷見線活性化推進協議会」が各市の魅力を発信する目的で、今秋より随時導入を始めているもので、今回第1弾として富山県高岡市の車輌が登場したもの。
 デザインは、同市のイメージカラーとしてダークグレーを基色に、街を元気にするための「TR@P(TAKAOKA REAL ATTRACTION PROJECT)」事業を進める同市が、地元富山県出身で著名なアニメーター松原秀典氏の協力を得て誕生した、観光大使キャラクター"あみたん娘"をメインに、市内の観光地(瑞龍寺、高岡大仏など)や祭り(高岡御車山、戸出七夕まつりなど)の写真がラッピングされている。また地元報道によると、同車輌は今後約4年間(2016年頃まで)運行する予定とのことである。
 なお、同車輌の「出発式」が10月14日(日)の「鉄道の日」にあわせ、JR高岡駅で開催される予定となっている。しかし、冒頭に述べたように同車輌は既に営業運転を始めており、10月12日(金)には城端線335Dに使用されているのを確認しているほか、ここ2日ほど前から既に営業運転に投入されたものと思われる。

(C)TR@P

妹背光洋(大阪府)
2012_10_12_imose_mitsuhiro001.jpg 向日町操を出たホキ+チキ工臨は一旦敦賀を目指す。
'12.10.12 湖西線 近江今津―近江中庄

2012_10_12_imose_mitsuhiro002.jpg
敦賀でトワイライト色のEF81に付け替え、近江今津を目指す。

'12.10.12 湖西線 近江中庄―近江今津
 10月12日(金)にEF81が牽引するホキ2輌+チキ2輌の工臨が向日町操から近江今津まで運転された。
 近江今津に工臨などの列車を入れる場合は上り線からしか入ることが出来ないため、列車は一旦敦賀まで運転し、機関車を付け替えて近江今津まで運転された。
 今回は向日町操→敦賀が敦賀地域鉄道部敦賀運転センター所属のローズピンク色のEF81 108、敦賀→近江今津を同所属トワイライト色のEF81 104がそれぞれ牽引した。
 なおホキ+チキの工臨も珍しいが、トワイライト色のEF81が工臨を牽引するのも久しぶりであった。

平蔵伸洋(千葉県)
2012_10_12_sudo_yusuke001.jpg 上野―長岡間では前補機としてEF64 1051を連結。
'12.10.12 上越線 沼田―後閑 P:須藤佑介

2012_10_12_hirakura_nobuhiro001.jpg
EF64とEF81の重連で峠を越える。

'12.10.12 上越線 岩原スキー場前―越後湯沢 P:平蔵伸洋
 10月12日発で、E26系〈カシオペア〉編成を使用した団体臨時列車が高崎・上越・羽越本線経由で上野から秋田まで運転された。
 鉄道開業140周年記念、東北応援特別ツアー「カシオペア・クルーズ」と銘打ったもので、帰路は13日の夜に青森発、東北本線経由で上野まで運転される予定。

【JR貨】EF66 33が3085レを牽引

岡田雄太郎(栃木県)
2012_10_11_okada_yutaro001.jpg
広島車両所公開PRのヘッドマーク掲出で注目を集めるEF66 33。
'12.10.11 東北本線 片岡―蒲須坂
 10月11日(木)、吹田機関区所属のEF66 33が3085レ貨物列車を牽引した。また10月5日より広島車両所公開をPRするヘッドマークを掲出していることから、特に注目を浴びている。 なお、ヘッドマーク掲出後初の東北本線入線となり、当日は沿線に多くのファンが集まった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.