鉄道ホビダス

【JR西】415系800番代C01編成が茜色塗装で出場

宮島昌之(石川県)
2012_09_07_miyajima_masayuki001.jpg 茜色になった415系800番代C01編成が早朝の金沢を走る。
'12.9.7 北陸本線 東金沢

2012_09_06_miyajima_masayuki001.jpg
七尾線原色消滅のカウントダウンが始まった。

'12.9.6 北陸本線 森本―東金沢
 検査のため金沢総合車両所松任本所に入場していた、分散型冷房装置(WAU102)搭載のクモハ車が特徴の415系800番代C01編成(七尾線用)が「茜色」に塗り替えられ出場、営業運転に復帰しているのを2012年9月7日(金)の823Mで確認した。
 茜色になった同編成の姿は、8月26日(日)に金沢総合車両所松任本所で開催された「金沢総合車両所公開」イベントのトラバーサー実演に使用されていて、訪れた家族連れやレイル・ファンを前に、綺麗な姿を披露していた。
 一方、営業運転中の七尾線原色編成は既報の通りC04編成だけとなっていて、9月6日(木)に844Mで使用されているのを確認している。しかし、C04編成がいつ検査入場してもおかしくない状況であり、検査入場中であることを判断する目安ともいえる、413系を使用した日々の代走の状況を含めて、今後の動向が注目される。

2012年9月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ