鉄道ホビダス

2012年9月27日アーカイブ

鈴木裕大(神奈川県)
2012_09_27_hanazawa_ryosuke001.jpg 大規模リニューアルを経て出場。
'12.9.27 東海道貨物線 鶴見―新鶴見(信) P:花澤涼介

2012_09_27_shinpuku_masayuki003.jpg
大変貌を遂げて一路熊谷へ。

'12.9.27 武蔵野貨物線 梶ヶ谷(タ)―府中本町 P:新福将之

2012_09_27_suzuki_yudai001.jpg
ジョイフルトレインのような外観になった634型。

'12.9.27 武蔵野線 府中本町 P:鈴木裕大
 総合車両製作所に入場していた東武6050系2輌×2編成が展望車輌634型にリニューアルされた上で総合車両製作所を出場、9月27日に甲種輸送された。
 牽引は逗子→新鶴見(信)が新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1554、新鶴見(信)→熊谷貨物ターミナルが新鶴見機関区所属のEF65 2075がそれぞれ担当した。
 634型は10月27日に浅草―東武日光間1往復を団体臨時列車としてデビューするのを皮切りに、デビュー直後は主に団体臨時列車として運転される。また11月29日・30日の両日は浅草―鬼怒川温泉間を1往復する臨時特急として運転される予定である。

船山太一(神奈川県)
2012_09_27_funayama_taichi001.jpg トップナンバーのクモヤ143までもが長野へ旅立った。
'12.9.27 中央本線 豊田―八王子

2012_09_27_funayama_taichi002.jpg
後ろにつながれたクモヤの列車番号表示は自車の形式・車号である「143 2」と掲げられていた。

'12.9.27 中央本線 豊田―八王子
 9月27日、東京総合車両センターに所属するクモヤ143-1とクモヤ143-2の配給輸送が東京総合車両センター→長野総合車両センターで行なわれた。今回配給された2輌はどちらも廃車となる見込み。牽引は長岡車両センターに所属するEF64 1031が担当した。

新福智之(東京都)
2012_09_27_shinpuku_tomoyuki001.jpg
住宅街の間を吉祥寺へひた走る。
'12.9.27 京王電鉄井の頭線 西永福―浜田山
 9月21日から実施されている「秋の全国交通安全運動」にあわせ、京王電鉄井の頭線1000系1731編成にヘッドマークが掲出されている。ヘッドマークのデザインは前後共に同じものとなっている。
星出昌宏(山口県)
2012_09_26_hoshide_masahiro001.jpg
DD511191 牽引により山口線に入線した"サロンカーなにわ"。
'12.9.26 山口線 青原―日原
 9月26日に豊岡駅をスタートした「サロンカーなにわ鉄道クルーズ」であるが、28日は浜田―新山口間で運転された。なお、同列車はDD51 1191による牽引のまま、その日のうちに下関まで回送された。"サロンカーなにわ"の山口線入線は一昨年のSL〈やまぐち〉号による運転以来である。
藤原陽平(愛媛県)
2012_09_26_fujiwara_yohei001.jpg
2000系中間車が出入場する場合には、パ-トナー車が牽引する。
'12.9.26 予讃線 多度津
 9月26日、高知運転所所属の2000系2205号が全般検査のため多度津工場へ入場した。所属先から多度津工場までの牽引は、パ-トナー車の2116号が充当された。
須藤佑介(東京都)
2012_09_26_sudo_yusuke002.jpg
終着の尾久を目指して走行する。
'12.9.26 東北本線 西川口―蕨
 9月25日から26日にかけて、209系マリC616編成の秋田総合車両センター出場に伴なう配給輸送が土崎―尾久間で実施された。牽引機は長岡車両センター所属のEF81 140だった。
宮島昌之(石川県)
2012_09_26_miyajima_masayuki001.jpg 金沢貨物ターミナル構内に停留していた短尺チキ2輌(チキ6074+チキ6070)。普段見られない珍しい光景である。
'12.9.26 金沢貨物ターミナル(敷地外公道より撮影)

2012_09_26_miyajima_masayuki002.jpg
チキに差し込まれた札。南福井、金沢(タ)と記載があり、貨物駅を順に巡って来たようだ。

'12.9.26 金沢貨物ターミナル(敷地外公道より撮影)
 2012年9月26日(水)、JR貨物金沢貨物ターミナル駅構内に、短尺チキ2輌が停留しているのを確認した。
チキに差し込まれた札の内容や、23日(日)の午後の時点で同ターミナルでチキの姿は見受けられなかったことから推測すると、9月16日(日)に安治川口を発ち南福井へ。さらに同23日(日)に南福井を発ち同日夜以降に金沢貨物ターミナルへ到着したものとみられる。
 既に取り卸しを終えたか不明だが、チキ6000形にはレールの姿は無かったものの、おそらく双方の貨物駅構内に敷かれているレール交換などのため、レール輸送が行なわれたものと考えられる。
 北陸地域でのチキによるレール輸送といえば、JR西日本による旅客線や駅などの保線に使用されるレール運搬として、敦賀地域鉄道部のEF81や網干総合車両所宮原支所所属のDD51による牽引で見かけることはあるが、札に記載の列車番号に、733系甲種輸送などで使用された「8561レ」の記載もあることから、おそらく富山機関区のEF81あるいはEF510による牽引で北陸まで輸送されてきたものと思われる。
 後日、チキ2輌の返却がされると思われるが、どの機関車が牽引するのかも気になるところである。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年9月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.