鉄道ホビダス

2012年9月24日アーカイブ

伊藤 健(奈良県)
2012_09_24_ito_ken001.jpg
副票も誇らしげに代役を務める。
'12.9.24 近畿日本鉄道大阪線 大和八木
 9月24日(月)、所定は2680系X82編成が使用される鮮魚列車を、一般車である2610系X25編成が代走した。これは2680系X82編成が検査入場したことによるもので、一般車の座席にカバーがかけられたほか、両先頭車には副票が取り付けられて代走を務めた。
豊嶋達也(千葉県)
2012_09_24_toyoshima_tatsuya001.jpg
銚子駅電留線で並ぶ「成田線」表示の211系。
'12.9.24 総武本線 銚子駅電留線(敷地外より撮影)
 総武本線佐倉駅の案内板に、総武本線と成田線の下り列車の一部が10月6日より211系5輌から209系6輌編成に変更する旨の張り紙が掲示されていた。上り列車についても同様の変更が実施されると見込まれる。
 下り列車での変更列車は、佐倉駅に掲示された時刻から総武本線325M、329M、337M、341M、1347M、355M、1387M、1391M、1397M、1399M、成田線では423M、425M、437M、1447M、1455M、459M、461M、463M、1471M、1473M、1475M、1421Mが該当する。
 これにより折り返し上り列車となる運用も変更となり、総武本線、成田線での単線区間における列車行き違いも211系同士の交換はなくなる見通し。また銚子駅電留線での「成田線」幕表示の211系並びも10月6日からは見られなくなる。
田井 直(兵庫県)
2012_09_23_tai_tadashi001.jpg
三田駅で運転停車する"サロンカーなにわ"。
'12.9.23 福知山線 三田
 9月23日(日)、網干総合車両所宮原支所に所属する14系欧風客車"サロンカーなにわ"(4輌)を使用した団体専用列車「サロンカーなにわ鉄道クルーズ」のための送り込み回送が宮原―福知山―豊岡間で行なわれた。牽引は同支所のDD51 1191が担当した。
河澄拓哉(栃木県)
2012_09_22_kawasumi_takuya001.jpg
疎開回送中のE5系を横目に活躍を続けるE1系〈Maxとき326号〉。
'12.9.22 上越新幹線 熊谷
 初代オール2階建て新幹線として愛されたE1系"Max"が今週末の28日をもって定期運用から退くのはご存じの通りだが、後輩のE4系"Max"においても東北新幹線から退くかたちとなり、2階建て新幹線の変動を見守るかのように沿線は毎日ファンで賑わいを見せている。また29日のダイヤ改正より投入されるE5系については着々と増備が進められており、一時留置のため新潟第一運転所へ疎開される処置がとられているようだ。
古橋佑介(愛知県)
2012_09_22_furuhashi_yusuke001.jpg
今回も国鉄色風塗装の気動車が伊勢路を走る。
'12.9.22 紀勢本線 相可―多気
 9月22日(土)、23日(日)、臨時快速〈熊野古道伊勢路号〉が多気―熊野市間で運転された。使用車輌は美濃太田車両区所属のキハ40 6309を借り入れて、キハ40 3005+キハ40 6309(伊勢車両区所属)の国鉄一般形気動車標準色風塗装2輌編成で運転された。また列車には秋をイメージした専用のヘッドマークが掲出された。
鈴木裕大(神奈川県)
2012_09_23_sugita_toshiyuki001.jpg TR車込み6輌で雨のお堀端を行くE655系。
'12.9.23 中央本線 御茶ノ水―四ツ谷 P:椙田俊幸

2012_09_23_suzuki_yudai001.jpg
雨の中通過するE655系。

'12.9.23 中央本線 東小金井 P:鈴木裕大
 9月23日、尾久車両センター所属のE655系が特別車輌E655-1を組み込んだ上で中央本線東京―甲府間で試運転を行なった。なお、この試運転は9日、17日にも行なわれている。

原田敬司(兵庫県)
2012_09_22_harada_takashi001.jpg
蒸機離合と田園風景。懐かしい風景。
'12.9.22 上越線 後閑―上牧
 ググっとぐんま観光キャンペーンイベント「SLの旅に出よう」企画として、9月22日快速〈SLみかかみ1号・2号〉(D51 498+12系客車)、快速〈SLレトロみなかみ3号・4号〉(C61 20+旧型客車)が上越線高崎―水上間で運転された。
 後閑駅と上牧駅との間の田園風景が広がる築堤では、クライマックスとなる快速〈SLレトロみなかみ3号〉と快速〈SLみかかみ2号〉のすれ違いが実現した。
 沿線に集まったレイル・ファンは一瞬の離合シーンに歓声を上げていた。
橋 尚輝(和歌山県)
2012_09_22_hashi_naoki001.jpg
曇り空の下、紀勢本線を上る。
'12.9.22 紀勢本線 宮前―紀三井寺
 9月22日、吹田総合車両所日根野支所所属の381系HD306編成(アコモ編成)を使用した団体臨時列車が、新大阪から新宮(紀伊勝浦→新宮は回送扱い)まで運転された。
深井雄太(千葉県)
2012_09_21_fukai_yuta001.jpg
豊田で折り返し、都心へと向かう。
'12.9.21 中央本線 国立
 9月19日に続き川越車両センター所属の209系多目的試験車こと"MUE-Train"が9月21日に川越線・武蔵野線・中央本線で試運転を行なった。行程は南古谷―大宮―豊田―東京―日野―大宮―南古谷だった。
藤谷悠佑(滋賀県)
2012_09_20_fujitani_yusuke001.jpg
短区間ながら、久しぶりに221系の新快速が運転された。
'12.9.20 東海道本線 米原
 9月20日の夜、221系による新快速が運転された。これはJR神戸線内での支障によりダイヤ・運用が大幅に乱れたもので、米原止まりの822Tに充当の221系B6編成(434運用)が米原―長浜間のみを代走した模様。
伍賀渓介(東京都)
2012_09_21_goga_keisuke001.jpg
かつての職場、山手線を横目に走る。
'12.9.21 山手貨物線 池袋―新宿(山手線 目白)
 9月21日、鎌倉車両センター所属の205系H27編成が定期検査を終えて大宮総合車両センターを出場し、所属先まで回送された。

【JR東】EF60牽引水上工臨

磯谷俊博(千葉県)
2012_09_21_isotani_toshihiro001.jpg
雨上がりの上越線でチキを引くEF60。
'12.9.21 上越線 上牧―水上
 9月21日(金)、高崎操―水上間で水上工臨が運転された。牽引は高崎車両センター高崎支所所属のEF60 19。水上到着後、EF60 19は単機で所属区に戻った。
 EF60 19は先月落成50周年を迎え、EF60誕生記念号が運転されたばかり。今後も変わらぬ活躍が期待される。
柿葉祐太(神奈川県)
2012_09_21_kakiha_yuta001.jpg
ヘッドマークを掲出し、交通安全を呼びかける。
'12.9.21 東武鉄道東上線 成増
 9月21日より「秋の交通安全運動」が行なわれていることから、東武鉄道では一部の編成にヘッドマークが掲出されている。なお、東上線では森林公園検修区所属の51006F、51002F、51091F、51096Fに掲出されている。
仙葉 尭(神奈川県)
2012_09_21_senba_takashi001.jpg
雨の中、高崎線を上る。
'12.9.21 高崎線 吹上―北鴻巣
 9月20日から21日にかけて青森車両センター所属のE751系A-103編成が検査のため郡山総合車両センターに入場した。
 経路は青森―新津―高崎―田端(信)―馬橋―大宮―郡山で、牽引は全区間青森車両センターのEF81 136が担当した。
佐野 徹(京都府)
2012_09_21_sano_toru001.jpg
特製ヘッドマークを掲出するデオ724。
'12.9.21 叡山電鉄叡山本線 出町柳―元田中
 叡山電鉄はデオ723・デオ724の2編成を、10月より放送されるテレビアニメ「ひだまりスケッチ」のキャクターを描いたラッピング車輌"ひだまり号"特別列車として9月20日より来年3月31日までの期間で運行している。なおラッピング・ヘッドマーク共に2種類が掲出されている。

(C)蒼樹うめ・芳文社/ひだまり荘管理組合


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年9月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.