鉄道ホビダス

2012年9月18日アーカイブ

武田雄太(北海道)
2012_09_15_takeda_yuta001.jpg
春・秋の連休の恒例行事として定着しつつある2列車同時運行。
'12.9.15 遠軽町丸瀬布 森林公園いこいの森
 丸瀬布森林公園いこいの森では9月15~17日の3日間、蒸気機関車雨宮21号牽引列車と運輸工業製6tディーゼル機牽引列車の2列車同時運行を行なった。
 この2列車同時運行は2009年9月以来、春・秋の連休を中心に定期的に実施されており、今期は10月6~8日とシーズン最終日となる21日にも同時運行が予定されている。
西 陽介(神奈川県)
2012_09_17_nishi_yosuke001.jpg
ついに東武9000系も日中試運転。
'12.9.17 東急電鉄東横線 菊名―妙蓮寺
 9月17日(月・祝)に東急電鉄東横線及び横浜高速鉄道みなとみらい線にて東武鉄道9000系9102Fが試運転を行なった。走行区間は武蔵小杉―元町・中華街間。なお、日中に東武車が東急線内にて試運転を行なうのは初めてのことと思われる。また同日には西武6000系を使用した試運転も行なわれている。
伊藤 健(奈良県)
2012_09_16_ito_ken002.jpg
まだまだ暑い大和路を駆け抜けてゆく。
'12.9.16 近畿日本鉄道大阪線 大和八木―耳成
 9月16日(日)、近鉄大阪線高安検車区所属の15200系PN01編成を使用した団体貸切列車が大阪上本町―白子間往復で運転された。この列車は、近鉄グループのラグビーチームである"近鉄ライナーズ"の試合を応援するツアーによるものであった。
中司純一(兵庫県)
2012_09_17_nakatsukasa_junichi001.jpg
久し振りに福知山線単線区間を行く221系(B7編成)。
'12.9.17 福知山線 谷川―柏原
 普段は福知山電車区183系B編成(准国鉄色)第403仕業による3003M〈こうのとり3号〉だが、9月17日(月・祝)はB編成の車輌不具合から新大阪―福知山間が運転取り止めとなり、同区間は「臨時快速」による代走となり、代走列車には網干総合車両所の221系B7編成が起用された。また、福知山―城崎温泉間の運転及びそれ以降は、福知山電車区より予備編成が充当された模様。
 昨年春のダイヤ改正以降、221系は福知山線の定期仕業から撤退しており、かつ同線での運用末期は篠山口以南での運用に限られていたことから、今回の代走は同線単線区間への久々の221系乗り入れとなった。
野中麗央(香川県)
2012_09_17_nonaka_reo001.jpg 高松築港方は「くらし安全安心」ラッピング。
'12.9.17 高松琴平電気鉄道琴平線 三条―栗林公園

2012_09_17_nonaka_reo002.jpg
ことでん開業100周年記念映画をPR。

'12.9.17 高松琴平電気鉄道琴平線 栗林公園―三条
 9月17日より1100形1103編成に「百年の時計×くらし安全安心」ラッピングが施され、瓦町駅にて出発式を行なった後、臨時列車として瓦町→仏生山を走行した。
 これは2013年春(香川では2012年10月20日より先行)に上映予定の映画『百年の時計』を告知するラッピングで、1100形1103編成1103号に施されている。
 1103号には主演の女優・木南晴夏さんや俳優のミッキー・カーチスさんなどが描かれており、ことでん開業100周年記念映画のため、劇中ではことでんを使ったシーンが多くある。
 また相方である1100形1103編成1104号には「くらし安全安心」というラッピングが施されている。なお、このラッピングは9月17日より約1年間の運行を予定している。

中安喜一(長野県)
2012_09_16_nakayasu_kiichi001.jpg 横川行きはD51 498が先頭に。
'12.9.16 信越本線 安中―磯部

2012_09_16_nakayasu_kiichi002.jpg
復路の高崎行きはC61 20が先頭に立つ。

'12.9.16 信越本線 横川―西松井田
 9月16日運転の〈SLレトロ碓氷〉は、蒸気機関車を編成の両端に連結し、それぞれが客車を挟んで背面を向け合う形態の運転が実施された。

 昨冬に試運転では実施されていたが、〈SLレトロ碓氷〉で実施されたのは今回が初である。編成は(←横川)D51 498+旧型客車5輌+C61 20(高崎→)であった。

阿部祐介(宮城県)
2012_09_15_abe_yusuke001.jpg
キハ110-5とキハ40 540が並ぶ。
'12.9.15 小牛田運輸区
 9月15・16日、小牛田駅及び小牛田運輸区で「えきフェスMISATO」が開催された。
 車輌展示も行なわれ、同区所属のキハ110系0番代1輌、200番代1輌、キハ40系1輌、ジョイフルトレイン"ふるさと"が展示された。 また15日にはレールスターの試乗会も行なわれている。
二階堂 周(千葉県)
2012_09_15_sudo_yusuke001.jpg DE10 1750の牽引で晴天の浜名湖を通る。
'12.9.15 東海道本線 弁天島―新居町 P:須藤佑介

2012_09_16_nikaido_akira001.jpg
真新しい私鉄車輌をKD 602が率いる。

'12.9.16 京葉臨海鉄道臨海本線 蘇我付近 P:二階堂 周
 9月15~16日にかけて、日本車輌で落成した新京成電鉄N800形N808編成の甲種輸送が豊川から千葉貨物で行なわれた。
 このうち豊川―西浜松間は愛知機関区所属のDE10 1750、西浜松―蘇我間は新鶴見機関区所属のEF65 2080、蘇我―千葉貨物間は京葉臨海鉄道KD602が牽引した。
 今回の増備でN800形は3本目となり、注目を集めている。

宮島昌之(石川県)
2012_09_16_miyajima_masayuki001.jpg 写真奥から、元万葉線デ7062、元北陸鉄道金沢市内線モハ2202、元静岡鉄道清水市内線モハ65。保存復元に向けた活動が続いている。
'12.9.16 氷見線 伏木

2012_09_16_miyajima_masayuki002.jpg
写真奥から、日本車輌製25トン動車(DB251)+ホム1+ト2+ワ12+ト60+ト61+ヨ8593。

'12.9.16 氷見線 伏木

2012_09_16_miyajima_masayuki003.jpg
25トン動車と貨車6連によるデモンストレーション走行の様子。

'12.9.16 氷見線 伏木

2012_09_16_miyajima_masayuki004.jpg
実車展示販売とされた元EF81 10号機カットボディ。そのうち入札で買い手が決まった側面ナンバーの切り出し作業が、落札者および多くの来場者が見守る中で行なわれた。

'12.9.16 氷見線 伏木

2012_09_16_miyajima_masayuki005.jpg
元EF81 10号機カットボディの移動光景。ケキ102による牽引、控車にはヨ8591が使用された。

'12.9.16 氷見線 伏木
 9月16日(日)、富山県のJR貨物伏木駅ヤードにて「第2回 伏木ヤードまつり」が開催され、多くのレイル・ファンや家族連れが訪れた。
 このイベントは「氷見線全線開通100周年」の記念事業の一環として、主催者の(株)ジェイアール貨物・北陸ロジスティクスが、現地で修復整備や保存管理している貴重な保有車輌を一般向けに特別公開するもので、2010年9月以来2年ぶりの開催となった。
 会場では、元万葉線や元北陸鉄道金沢市内線、元静岡鉄道清水市内線の各電車の展示や、日本車輌製25トン動車(DB251)および貨車6連(ホム1+ト2+ワ12+ト60+ト61+ヨ8593)の展示とデモンストレーション走行、元ひたちなか海浜鉄道のケキ102による体験運転などが行なわれた。また鉄道グッズ部品販売のほか、元富山機関区所属EF81 10号機のカットモデル(2エンド側)や、同側面の切り文字ナンバーなど、実車の販売も行なわれた。
 なお、EF81 10号機のカットモデル(1エンド側)は、今年8月14~19日にかけて島根県松江市の「くにびきメッセ」を会場で開催された「大鉄道博」で展示されたとのことで、実物を見たレイル・ファンもいるのではないだろうか。

○関連記事
【JR貨】「伏木ヤードまつり」開催

大谷真弘(静岡県)
2012_09_16_otani_masahiro001.jpg
多くの人たちが"銀婚式列車"を見送る。
'12.9.16 天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線 遠州森
 9月16日(日)、天竜浜名湖鉄道開業25周年を記念して掛川―新所原間で"銀婚式列車"が運転された。
 同列車には、結婚25周年の夫婦らが招かれて掛川を11:08に出発。列車内では遠州総合高校吹奏学部の生徒が同乗して演奏するなどのイベントが開かれた。また、沿線には横断幕が掲げられたほか、沿線住民らが多数詰め掛けて列車を見送った。
冨山克裕(茨城県)
2012_09_15_toyama_katsuhiro001.jpg
初の上京後、新大阪駅へ向けて走り出すN700Aの試運転列車。
'12.9.15 東海道新幹線 東京―品川
 9月15日、N700A(N700系1000番代)G1編成が東海道新幹線内で試運転を行なった。N700Aの日中の試運転および東京駅への入線はこの日が初めて。
穂積諒介(東京都)
2012_09_15_hodumi_ryosuke001.jpg
EF65 1118の貨物運用は新鶴見への貸出以来。
'12.9.15 高崎線 倉賀野―新町
 9月15日に、JR貨物愛知機関区所属EF64の運用である仕業番号A9~A10の2083列車~2082列車にJR東日本田端運転所のEF65 1118が充当された。 同機が貨物運用に充当されるのは、今年1月にJR貨物新鶴見機関区に貸し出しされた時以来となる。
宮島昌之(石川県)
2012_09_15_miyajima_masayuki001.jpg
当日は記念列車に相応しく天候にも恵まれ、雨晴海岸周辺の沿線には県内外から多くのレイル・ファンが集まった。
'12.9.15 氷見線 雨晴―越中国分
 9月15日(土)、富山地域鉄道部富山運転センター所属で、藤子不二雄(A)氏原作の漫画「忍者ハットリくん」をラッピングした"忍者ハットリくん列車"全3輌を連結した記念列車が、高岡―氷見間で往復運転された。
 これは、氷見線が2012年9月19日をもって高岡―氷見間全線開通100周年を迎えるのを記念して、9月1日(土)より始まった記念事業の一環として運転されたもの。編成は氷見方よりキハ40 2137+キハ40 2135+キハ40 2136で、「忍者ハットリくん列車」オリジナル及び「氷見線全線開通100周年」の2種類のヘッドマークが掲出された。また同列車の出発にあわせて、往路は高岡駅で、復路は氷見駅でそれぞれ「100周年記念セレモニー」が執り行なわれている。
 記念列車は往路が535D、復路が534Dの普通列車として運転されたが、普段の車輌運用にあわせてか、一つ前の533D、532Dの時点で既に"忍者ハットリくん列車"3連での運転が始まっていて、沿線に訪れていたレイル・ファンは、様々な場所を巡りながら撮影を楽しんでいた。
 なお、同日には雨晴駅出発の「記念ウォーク」や氷見駅前で「グルメ・物産市、鉄道お宝市」が開催されたほか、楽曲製作のみならず鉄道に関しても様々な活動を行っている、ミュージシャンの向谷実氏を迎えての「記念トークショー」が高岡駅前「ウイング・ウイング高岡」で行なわれている。

(C)藤子スタジオ
妹背光洋(大阪府)
2012_09_13_imose_mitsuhiro002.jpg
夕暮れの東海道本線をEF65PFが西へ快走。
'12.9.13 東海道本線 西宮―さくら夙川
 9月13日(木)、下関総合車両所のEF65 1128が牽引するロングレール輸送が行なわれた。運転区間は向日町操―和気間でチキ5500形が12輌使用された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年9月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.