鉄道ホビダス

2012年9月13日アーカイブ

宮島昌之(石川県)
2012_09_13_miyajima_masayuki001.jpg 基地入口付近。写真左側手前(地下道上)の橋が、構内への入出場に使われる回送線の場所とみられる。なお、奥の高架橋が新幹線の本線であり、右側(電柱より奥)が「松任変電所」の設備とみられる。
'12.9.13 石川県白山市内(工事現場外 公道より撮影)

2012_09_13_miyajima_masayuki002.jpg
回送線より先、この建屋付近が着発収容線にあたるとみられる。

'12.9.13 石川県白山市内(工事現場外 公道より撮影)

2012_09_13_miyajima_masayuki003.jpg
基地の中央付近。写真左側の建屋周辺が保守のエリア、右側が基地の受電設備とみられる。

'12.9.13 石川県白山市内(工事現場外 公道より撮影)

2012_09_13_miyajima_masayuki004.jpg
基地の奥。写真中央から左側が検修および工場の建屋とみられる。一方、右側にある鉄筋の色が異なる建屋は事務所であろうか? ビルの様な建物である。

'12.9.13 石川県白山市内(工事現場外 公道より撮影)

2012_09_13_miyajima_masayuki005.jpg
同じく検修および工場の建屋を近くで見てみる。

'12.9.13 石川県白山市内(工事現場外 公道より撮影)
 2014(平成26)年度末までの北陸新幹線金沢開業へ向けて着々と建設工事が進んでいるが、そのうち石川県白山市に建設中の「白山総合車両基地」の現況について、大きな変化が見られたので改めて報告する。
 現場では建屋の建設が始まり、鉄筋骨組みながら基地の全貌が見えてきた。簡単ではあるが写真で基地の様子を紹介する(説明はそれぞれのキャプションを参照)。
 なお、3枚目の写真は海側(左手が金沢方)から、その他の写真は山側(右手が金沢方)から撮影しており、金沢方より順としている。

福元恒城(和歌山県)
2012_09_13_fukumoto_kohki001.jpg
単色とオーシャン色が併結した。
'12.9.13 阪和線 紀伊
 9月12日の夕方に113系HG201編成に車両不具合が発生しそのため、3726H(所定113系HG編成2両)はHG201編成とHG202編成を併結した4輌編成での運転となった。これは、HG201編成が吹田総合車両所日根野支所へ入場するための処置と思われる。
 113系HG201編成は単色化されたため、HG202編成との混色での運転はこれが初めてのことと思われる。
藤原陽平(愛媛県)
2012_09_10_fujiwara_yohei001.jpg
これからしばらくの間、予讃線"アンパンマン列車"の代車として充当される2006号。
'12.9.10 予讃線 多度津
 予讃線アンパンマン列車の定期検査に伴ない高知運転所所属の2000系2006号を代車として充当するため、9月10日に試6292D→試6183Dのスジで松山へと単行で向かった。
渡邊一弘(兵庫県)
2012_09_12_watanabe_kazuhiro001.jpg
2輌の1000番代が行く。
'12.9.12 東海道本線 千里丘
 9月12日運転の配1975列車に愛知機関区所属のEF64 1025が無動力で連結された。
 伯備線の運用時は重連はないため、関西地区で同1000番代が2輌繋がってくるのは大変貴重な光景となった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年9月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.