鉄道ホビダス

2012年8月29日アーカイブ

堀口敦行(東京都)
2012_08_29_horiguchi_atsuyuki001.jpg ついに久留里線用の新型車輌が登場。
'12.8.29 高崎線 宮原―大宮 P:堀口敦行

2012_08_29_togawa_junta001.jpg
EF64形に牽かれ、初めて千葉の地に入るキハE130形100番代。

'12.8.29 京葉線 千葉みなと―蘇我 P:戸川準太
 8月29日、久留里線向けキハE130形100番代3輛(前からキハE130-101、キハE130-102、キハE130-103)が新津―木更津間(上越・高崎・東北・武蔵野・京葉線経由)で配給輸送された。同車は8月27日に白新線、羽越本線で公式試運転を行なっている。なお牽引は長岡車両センター所属のEF64 1031が全区間を担当した。

柿葉祐太(千葉県)
2012_08_29_kakiha_yuta001.jpg
登場当初のカラーに復元され、本線を駆ける。
'12.8.29 東武鉄道伊勢崎線 梅島
 8月29日、東武博物館所有・南栗橋車両管区所属の8000系8111Fを使用した団体臨時列車が運転された。運転経路は大宮→春日部→とうきょうスカイツリー、とうきょうスカイツリー→春日部→大宮。なおこの列車は30日にも運転される予定。
春風直樹(兵庫県)
2012_08_29_harukaze_naoki001.jpg
EF510を引き連れ西へ向かう。
'12.8.29 山陽本線 曽根―ひめじ別所(姫路貨物)
 8月28日より、所定では吹田機関区のEF66が牽引する2077列車を新鶴見機関区所属のEF65 2070が牽引した。
 EF65 2070は今月24日に5085列車で岡山機関区まで下ったもので、28日より2076列車、2077列車、また29日も同運用で回っている。
 なお28日の2077列車にはEF200-12、29日にはEF510-5が機次位で無動力回送された。
佐久間悠太(東京都)
2012_08_28_sakuma_yuta001.jpg
南武線を走行する南武支線用の車輌。
'12.8.28 南武線 西国立
 8月28日、大宮総合車両センターにて全般検査を終えた中原電車区所属205系1000番代ワ2編成が、大宮―東大宮操―大宮―新秋津―立川―豊田―立川―武蔵中原の行程で中原電車区へと回送された。
宮島昌之(石川県)
2012_08_25_miyajima_masayuki003.jpg
再びビール列車に使用された"のとりあーな"ラッピングNT213。送り込みで利用客の待つ七尾駅に向かう。
'12.8.25 のと鉄道七尾線 西岸
 以前に当欄で、8月3日(金)の夕刻にのと鉄道で臨時"ビール列車"が運転されたことを報告したが、8月25日(土)の夕刻にも同列車が七尾―穴水間で往復運転された。
 使用された車輌は、前回同様"のとりあーな"ラッピングのNT213で、前回とは逆の七尾駅出発の列車であることから、事前に穴水駅から七尾駅まで臨時ダイヤにより送り込み回送されている。
 前回運転の際には気付かなかったが、車内の穴水方運転助士席側付近に、大型のテレビモニターが設置されていて、おそらくカラオケ機器を積み込んでいたものと思われる。
 なお、"のとりあーな"ラッピングには運行当初からヘッドマークを掲出していたが、8月3日(金)運転の"ビール列車"のほか、8月11日(土)の普通列車運転時に確認した際にもヘッドマークが掲出されていなかったことから、何らかの事情で既に掲出を取り止めたものとみられる。
 既報の通り、"のとりあーな"ラッピングは側面だけラッピングが施されているため、遠方から正面向きで見た場合は通常車輌との見分けが難しく、写真撮影をする際などには、この点を頭の片隅に置いておきたいところである。

○関連記事
【のと鉄道】七尾線でビール列車運転

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年8月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.