鉄道ホビダス

2012年8月20日アーカイブ

吉永昂弘(山口県)
2012_08_18_yoshinaga_takahiro001.jpg DD51代走の〈やまぐち〉号が篠目駅を発車。
'12.8.18 山口線 篠目―仁保 P:吉永昂弘

2012_08_19_nakamura_yukyu001.jpg
今年3月に全検を出場して美しい車体の1043号機が牽引。

'12.8.19 山口線 大歳―仁保津 P:中村悠久
 SL〈やまぐち〉号牽引機のC57 1が8月18日の新山口駅発車直前に車輌不具合が発生し、急遽DD51 1043〔関〕に付け換えての代走運転となった。また翌19日もDD51 1043と12系レトロ客車による代走運転となった。これに伴ない、8月20日の新山口駅SLひろばでのC57 1の車輌展示も中止されることとなった。

船越知弘(茨城県)
2012_08_19_funakoshi_tomohiro001.JPG
入道雲の下を行く暑いレトロ列車編成。
'12.8.19 ひたちなか海浜鉄道湊線 平磯―殿山
 ひたちなか海浜鉄道では、夏期の運用から外れている非冷房気動車を運用に入れ、窓を全開にして涼み、車内の栓抜きを使用し瓶の飲み物を楽しむ昔ながらの旅情が楽しめるイベントを開催した。8月19日はキハ2004がキハ205に連結して出場、運用に充当された。
新福智之(東京都)
2012_08_19_shinpuku_tomoyuki001.jpg 普段見られない八幡山行が運転された。
'12.8.19 京王電鉄京王線 桜上水―上北沢 P:新福智之

2012_08_19_akimoto_fumiyuki001.jpg
こちらは各停 飛田給行。

'12.8.19 京王電鉄高尾線 狭間-めじろ台 P:秋元史行

2012_08_19_shinpuku_tomoyuki002.jpg
運休による代行バスが運転され、各社からの応援があった。

'12.8.19 京王電鉄京王線 つつじヶ丘 P:新福智之

2012_08_19_shinpuku_tomoyuki003.jpg
運転再開前には多数の試運転が実施された。

'12.8.19 京王電鉄京王線 国領―柴崎 P:新福智之

2012_08_19_shinpuku_tomoyuki004.jpg
地下化により使用されなくなった地上部の線路が搬出された。

'12.8.19 国道20号線 調布警察署付近 P:新福智之

2012_08_19_shinpuku_masayuki001.jpg
下り線を逆走し、一路京王稲田堤へ。

'12.8.19 京王電鉄相模原線 稲城―若葉台 P:新福将之

2012_08_19_shinpuku_masayuki002.jpg
調布付近地下化を記念し、9000系9730編成(10輌)にヘッドマークが掲出された。

'12.8.19 京王電鉄京王線 つつじヶ丘―仙川 P:新福将之
 8月18日終電後から同19日9時40分頃まで行なわれた京王線国領付近―西調布付近と相模原線調布―京王多摩川付近の地下化工事の影響で、19日の始発から9時40分頃まで八幡山(7時頃からつつじヶ丘)-府中(7時頃から飛田給)間と相模原線調布―京王稲田堤間で列車運休となった。これにより、普段は見ることができない八幡山行や、飛田給行などが見られた。また京王稲田堤―若葉台では、下り線を使用した単線運転も行なわれた。なお京王稲田堤行は「臨時」表示で運転された。

鈴木裕大(東京都)
2012_08_19_suzuki_yudai001.jpg
定期運用時代を思わせる211系15連で返却回送。
'12.8.19 山手貨物線 池袋―新宿(山手線 高田馬場)
 尾久車両センターに疎開されていた田町車両センター所属の211系N1編成とN53編成の返却回送が、8月19日に尾久―東大宮(操)―品川の経路で行なわれた。 尾久―東大宮(操)間はN1編成が先頭に立ち、東大宮(操)―品川間はN53編成が先頭に立った。
金治雄紀(京都府)
2012_08_19_kaneharu_yuki001.jpg
黒Hゴム編成が最後の本線走行をする。
'12.8.19 東海道本線 岸辺
 岡山電車区に貸し出されていた吹田総合車両所京都支所L13編成(岡山電車区B01編成)が、8月19日に吹田総合車両所へ回送された。廃車を前提とした回送と思われる。同編成はJR西日本唯一の湘南色黒Hゴム編成であり動向が注目されていた。
中安喜一(長野県)
2012_08_19_nakayasu_kiichi001.jpg
晩夏の晴天の下を下仁田へ向けて走るデキ使用の臨時列車。
'12.8.19 上信電鉄上信線 南高崎―根小屋
 上信電鉄では8月19日に「ググッとぐんま観光キャンペーン」特別企画としてデキ使用の運賃無料の臨時列車を高崎―下仁田間で1往復運転した(定期列車利用には通常通りの運賃が必要)。編成はデキ3+250系電車2輌であった。この列車は8月26日にも運転される予定となっている。

【JR貨】シキ801B1 返却輸送

大谷真弘(静岡県)
2012_08_19_otani_masahiro001.jpg
EF66 127の牽引で東海道本線を行く。
'12.8.19 東海道本線 掛川―菊川
 8月18日(土)から8月20日(月)にかけて、特大貨物輸送に使用されたシキ801B1が、小浜線美浜から敦賀・米原操車場経由で宇都宮貨物ターミナルまで返送された。東海道本線での牽引は、EF66 127が担当した。
福田智志(埼玉県)
2012_08_19_fukuda_satoshi001.jpg
今年の"都電麦酒(ビール)号"は8800形で運転された。
'12.8.19 東京都交通局荒川線 荒川車庫前
 東京都交通局は、8月18日と19日の計2日間、"都電麦酒(ビール)号"を運転した。同列車は毎年夏に行なわれている貸切列車で、抽選で当選した20人の乗客が都電の車内でビールやおつまみを満喫した。なお使用車輌は東京都交通局のサイト上では7000形7022号車(旧塗装車)を予定していたが、8800形8809号車(オレンジ色)に車輌が変更されている。
長谷川智紀(東京都)
2012_08_18_hasegawa_tomoki001.jpg
門外不出の大物が久しぶりに工場の外へと現れた。
'12.8.19 京葉臨海鉄道 京葉市原―市原分岐点
 8月19日に千葉貨物駅で開催の「京葉臨海鉄道50周年記念イベント」で展示するため、シキ280B2とシキ600の回送が8月18日の午後に行なわれ、シキ600が約四半世紀ぶりに富士電機千葉工場から外に姿を現した。
 シキ600は昭和60年頃まで運用されていたが、全検期限が切れた後は富士電機千葉工場内で積み荷の試験等に用いられていた。
 分割民営化の際も検査期限切れのまま車籍の継承こそされたものの、JR化後は結局1度も運用される事なく平成14年に廃車となっていた。
 廃車後も工場内での試験に用いられていたほか、同工場のイベント等で展示されたことはあるものの、25年以上文字通り『門外不出』の存在であった。またシキ280も平成17年に廃車になって以来、工場内で保管されていたものが8年ぶりに外へと姿を現したことになる。
 回送列車は京葉市原の富士電機専用線から千葉貨物駅まで運転され、牽引は京葉臨海鉄道50周年記念ヘッドマークを付けたKD603が担当、全区間に渡って最徐行での運転であった。
 また今回の回送は、京葉臨海鉄道の社長自らが発駅まで訪れ作業の指揮を執る等、イベントに対する強い熱意が感じられるものであった。
宇田 映(愛媛県)
2012_08_18_uda_akira001.jpg
"アンパン列車"8連フルカラー最期の夏。
'12.8.18 予讃線 伊予三島―伊予寒川
 多客時に増結される2000系"アンパンマン列車"の特急〈しおかぜ〉が、この夏8連フルカラーで運転されている。通常は一般色が入るため編成美が崩れるが、今年は美しい編成を見せてくれている。
 松山運転所所属の"アンパンマン列車"は今秋にデザインがモデルチェンジされることが発表されており、このカラーでの8連フルカラーは見納めになると思われる。
橋 尚輝(和歌山県)
2012_08_18_hashi_naoki001.jpg 豪雨の中、東海道を下る。
'12.8.18 東海道本線 さくら夙川 P:橋 尚輝

2012_08_18_nakamura_yukyu001.jpg
国内最後の113系6輌編成が広島駅に到着。

'12.8.18 山陽本線 広島 P:中村悠久
 8月18日、網干総合車両所宮原支所所属の113系S5編成が宮原(操)から大阪経由で下関まで回送された。広島支社への転属が予想される。
 同編成は網干総合車両所宮原支所に最後まで残った113系であり、6輌編成の113系も同編成が最後で、この回送をもって113系6輌編成の走行は見納めになると思われる。

穂積諒介(東京都)
2012_08_17_hodumi_ryosuke001.jpg
水郡線の夏風を運ぶトロッコ列車。
'12.8.17 水郡線 下菅谷―後台
 8月17、18日に水郡線水戸―常陸大子間でキハ48形改造"びゅうコースター風っこ"を使用した快速〈風っこ奥久慈清流ライン号〉が運転された。19日には水戸―常陸太田間でも運転されている。
梶山 健(兵庫県)
2012_08_17_kajiyama_ken001.jpg
快晴の中、混色編成が走る。
'12.8.17 山陽本線 竜野―網干
 7月3日に吹田総合車両所から岡山電車区に回送された113系阪和色(HG402編成)が、岡山電車区内で113系広島更新色(F-11編成)とモハユニットを交換し、8月17日に網干総合車両所へと回送された。編成は姫路方からクハ111-5255+モハ113-2016+モハ112-2016+クハ111-5561となっていた。
三上 哲(埼玉県)
2012_08_17_mikami_akira001.jpg
塗装は違うが、かつてこの地を走り続けていた115系がやってきた。
'12.8.17 東北本線 蓮田―東大宮
 8月17日、豊田車両センター所属の115系訓練車が、宇都宮―豊田間(武蔵野線経由)で返却回送された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年8月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.