鉄道ホビダス

2012年8月 1日アーカイブ

見学 智(大阪府)
2012_08_01_kengaku_satoshi001.jpg
和歌山線の撮影ポイント「背の山カーブ」を行く443系(試9435M)。
'12.8.1 和歌山線 笠田―西笠田
 8月1日、443系電気検測試験車が和歌山線に入線、架線等の電気検測試験が行なわれた。この試験は年に3~4回定期的に行なわれており、四季折々の風景の中を走行し注目の列車となっている。
 なおこの列車は和歌山到着後、新在家(派)に一旦入庫、その後は阪和線を経由し日根野支所まで運転される予定。
三上 哲(埼玉県)
2012_07_31_mikami_tetsu001.jpg
福島の活気付けに貢献した編成が高崎へ戻る。
'12.7.31 東北本線 黒磯
 7月31日発で〈SLふくしま復興号〉〈ELSLふくしま復興号〉に使用されたC61 20と旧客5輌、それに伴車のオヤ12が、返却のため郡山→大宮→田端操→越谷(タ)→大宮→高崎の行程で配給輸送されている。牽引は郡山―黒磯間がED75 757で黒磯からはEF64 1001が担当している。
伊藤 健(奈良県)
2012_07_31_ito_ken001.jpg
遂に姿を現したリニューアル編成。
'12.7.31 近畿日本鉄道大阪線 五位堂
 7月31日(火)、高安検車区にてリニューアル改造を受けた同区所属の23000系IL03編成が、最終確認のために入場していた五位堂検修車庫を出場した。同編成は塗装が従来の黄色基調のものから赤色を基調としたものに変更されたほか、内装の一新や喫煙ルームの新設などが特徴となっている。
橋本 陽(栃木県)
2012_07_31_hashimoto_akira001.jpg
真夏の信越本線を、新前橋へ向けて快走する。
'12.7.31 信越本線 東光寺―帯織
 7月31日、高崎車両センター向けE233系3000番代L05編成10輌が、新津車両製作所から新前橋へと配給回送された。牽引は長岡車両センター所属EF81 140が担当した。
佐藤 光(新潟県)
2012_07_28_sato_hikaru001.jpg
約2ヶ月ぶりに3輌編成の湘南色115系が上越線の旅客運用に就いた。
'12.7.28 上越線 越後湯沢
 長らく高崎車両センターのT1036編成及びT1037編成との変則6輌編成で運用されていた新潟車両センターの115系N2編成が、約1ヶ月ぶりにN2編成単独での通常運用に復帰した。
 これは新潟車両センター所属115系で定期検査などで入場していた編成がほぼ一通り出場し、運用にある程度余裕ができたためと考えられる。なお、T1036編成及びT1037編成の貸出の理由ともなったN14編成については、未だ長野総合車両センターに入場したままである。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年8月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.