鉄道ホビダス

【JR貨】新製EF510-21が本線走行

宮島昌之(石川県)
2012_07_09_miyajima_masayuki001.jpg 4076レのスジで単機にて金沢貨物ターミナルに姿を見せたEF510-21。
'12.7.9 金沢貨物ターミナル(敷地上公道より撮影)

2012_07_09_miyajima_masayuki002.jpg
運転台助士席側天井付近に立つ「信号煙管」とみられる突起物。JR東日本所有の500番代に似た表情。

'12.7.9 金沢貨物ターミナル(敷地上公道より撮影)
  川崎重工(兵庫)にて製造された富山機関区のEF510-21が、7月9日(月)の日中、4076レのスジにて単機で金沢貨物ターミナルに姿を見せ、さらに北陸本線を南下した。
 金沢貨物ターミナルに姿を見せた同機は落成同様の綺麗な姿を保っており、甲種輸送の際と比べ屋根上の碍子が緑色に塗装されている。
 先般の甲種輸送時には気付かなかったが、運転台助士席側天井付近に赤色の突起物があり、これは「信号煙管」とみられ、おそらく製造時点で従来位置より現位置に変更した模様で、JR東日本所有の500番代のスタイルに似ている。
 また、既報のように後部標識灯はLED式で、想像以上に明るく遠くからでもハッキリ見てとれた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.