鉄道ホビダス

【JR西】115系R編成登場

中村悠久(広島県)
2012_07_09_nakamura_yukyu001.jpg
115系化改造で115系2500番代が誕生。
'12.7.9 山陽本線 広島
 6月27日に下関総合車両所本所を出場し、下関総合車両所運用検修センター所属の115系R-01編成が濃黄色で登場した。
 この編成の制御車は、下関総合車両所広島支所所属の113系F-14編成の両端制御車を下関総合車両所本所にて115系化改造を施工したもので、車番はそれぞれ、クハ111-2120→クハ115-2620と、クハ111-2017→クハ115-2517となっている。また電動車は改造されず、下関総合車両所運用検修センター所属の115系G-01編成のモハ115-1114とモハ114-1198を連結している。
 この編成の登場に伴って、下関総合車両所運用検修センター所属の115系G-01編成の両端制御車のクハ115-605とクハ111-268が解体され、同時に、阪和色のモハ113-5333とモハ112-5333も解体された。
レイル・マガジン

2012年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.