鉄道ホビダス

2012年7月30日アーカイブ

長谷川智紀(東京都)
2012_07_29_hasegawa_tomoki001.jpg
ヘッドマーク以外にも細かい装飾がなされた"ちば恋フェスタ2012号"。
'12.7.29 千葉都市モノレール2号線 都賀―みつわ台
 7月8日より営業運転を始めたばかりの千葉都市モノレール0形"URBAN FLYER"が団体臨時列車に充当され、ハート形のヘッドマーク付きで運転された。
 婚活イベント「ちば恋フェスタ2012」に伴なう団臨に0形第1編成が充当され、午前に動物公園―千葉―千城台―動物公園(往路の千葉までは回送)、午後に動物公園―千葉みなと間で1往復(復路は回送)運転され、ハート形のヘッドマークのほか、貫通ドア下にも主催団体のロゴを掲出、前面の車号表記もハートをモチーフとした書体とするなど、細かい所までこだわった装飾での運行となった。
 なお、試運転開始当初にデビュー告知ラッピングをされていた0形だが、ヘッドマークを掲出したことはなく、イベント列車への充当も含め今回が初めてのマーク付き運行となった。
矢部公海(神奈川県)
2012_07_29_yabe_kumi001.jpg
早朝の急行列車で海老名へ向かう。
'12.7.29 相模鉄道本線 上星川―西谷
 相模鉄道を走る現役車輌で最古参となる7000系のプラレールが発売されることを記念し、7月28日より7000系現役3編成に発売記念のヘッドマークを掲出した"相鉄7000系プラレール発売記念号"の運転が開始された。同列車は9月2日まで運転される。
宮島昌之(石川県)
2012_07_29_miyajima_masayuki001.jpg 七尾線に"国宝長谷川等伯号"が登場。車輌ごとに国宝指定の障壁画が大きくラッピングされている。
'12.7.29 七尾線 中津幡―津幡

2012_07_29_miyajima_masayuki002.jpg
運転台前面にもラッピングが施されている。七尾方には"楓"、金沢方には"松"をモチーフ。

'12.7.29 北陸本線 東金沢

2012_07_28_miyajima_masayuki001.jpg
他のラッピング列車も好評運転中。"和倉温泉わくたま号"は内装がリニューアルされた。

'12.7.28 七尾線 敷浪
 金沢総合車両所所属の415系800番代C10編成(茜色、七尾線用)に、地元七尾市出身の画聖・長谷川等伯と長男の久蔵による作品、国宝指定の障壁画3点のラッピングを施した"国宝長谷川等伯号"が登場した。
 7月28日(土)、七尾市にある七尾マリンパークでの音楽イベント「Monterey Jazz Festival in NOTO 2012」開催に合わせ、金沢―七尾間で往復運転された臨時快速〈モントレージャズ号〉でお披露目された。地元の新聞報道によると、往路で七尾駅到着後に、記念式典として「国宝長谷川等伯号到着式」が七尾市長出席のもと執り行なわれている。
 "国宝長谷川等伯号"は、側面には七尾方より車輌ごとに題、「楓図」、「桜図」、「松に秋草図」の障壁画が大きく堂々ラッピングされているほか、"楓"、"桜"、"松"をモチーフにしたラッピングも施されている。
 今回のような、いわゆる国宝・文化財級の作品を車輌にラッピングするのは、全国的にかなり稀な事例とみられる。また定期普通列車での運転は翌29日(日)より始まった模様で、今後も随時運行され2017(平成29)年3月末までの運行予定となっている。

石井佑樹(神奈川県)
2012_07_29_ishii_yuki001.jpg EF64 1010が甲種輸送牽引に充当。
'12.7.29 東海道貨物線 相模貨物―横浜羽沢 P:石井佑樹

2012_07_30_kamiyashiki_norifumi001.jpg
夏空の下、車体を輝かせ武蔵野線を行く。

'12.7.30 武蔵野線 東浦和―東川口 P:上屋敷憲史
 7月28日(土)から30日(金)にかけて、つくばエクスプレス向けのTX-2000系2172Fと2173Fの甲種輸送が日立製作所・下松→土浦で行なわれた。
 牽引機は、下松→稲沢が岡山機関区所属のEF210-12、稲沢→横浜羽沢がEF64 1010、横浜羽沢→新鶴見(信)が新鶴見機関区所属のEF65 2066、新鶴見(信)→土浦が田端運転所所属のEF510-501がそれぞれ牽引した。
 なお、東海道本線の貨物列車でEF64 1000番代の定期運用は夜間のみとなっており、日中の走行シーンは珍しい。

岩片浩一(東京都)
2012_07_26_iwakata_koichi001.jpg
〈SLふくしま復興号〉試運転の続行でやってきた配給列車。
'12.7.26 東北本線 安達―松川
 7月25日から26日にかけて、長野総合車両センターに入場していた田町車両センター所属211系N56編成およびN57編成のうち、それぞれ中間のサハを抜いた4輌が長野→八王子→大宮→小山→仙台→福島の経路で配給輸送された。前者は仙台へ、後者は福島へ疎開留置された模様。
藤谷悠佑(滋賀県)
2012_07_29_fujitani_yusuke001.jpg
タヌキや忍者がデザインされているSKR311(手前)とSKR312。
'12.7.29 信楽高原鐡道信楽線  貴生川―紫香楽宮跡
 7月29日から、信楽高原鐡道では開業25周年を記念したラッピング車輌の運行を開始した。
 ラッピングは成安造形大学の学生がデザインし、タヌキや忍者、東海道の宿場町があしらわれている。SKR311・312の2輌にそれぞれ違ったデザインが施されており、観光客や通勤・通学客の目を楽しませてくれることだろう。
廣島一貴(東京都)
2012_07_28_hiroshima_kazutaka001.jpg 約45年ぶりにC61が営業列車として福島県内を快走!
'12.7.28 東北本線 本宮―杉田

2012_07_28_hiroshima_kazutaka002.jpg
折返しはED75 758が牽引。

'12.7.28 東北本線 南福島―金谷川
 7月28日、29日に福島県の観光復興に向けたプロジェクトの一環として、C61 20を使用した臨時列車が郡山―福島間(回送で東福島)にて運転された。
 列車は下りがC61 20+旧型客車5輌の〈SLふくしま復興号〉、上り郡山行きがED75 758+旧型客車5輌+C61 20(逆機)の〈ELSLふくしま復興号〉。またC61が営業列車として福島県内を走るのは約45年ぶりとなり、沿線には当時を懐かしむ人の姿も見られた。

鈴木拓美(東京都)
2012_07_28_suzuki_takumi001.jpg
花火大会の観客輸送で慌しく発車する11631F。
'12.7.28 東武鉄道伊勢崎線 牛田
 7月28日に第35回 隅田川花火大会が開催されたのに伴ない、東武線内にて臨時列車が運転された。
 臨時列車の運転区間は普通列車が最長で浅草―竹ノ塚間、区間準急は浅草―北春日部間、区間急行が浅草―南栗橋間だった。
白土洋次(福岡県)
2012_07_28_shirado_yoji001.jpg
〈あそぼーい!〉になって初の肥薩線入線!? 
'12.7.28 肥薩線 海路―吉尾
 7月12~14日の集中豪雨による線路災害のため豊肥本線が一部不通となっている。このため特急〈あそぼーい!〉も運休となっていたが、7月28日(土)から博多―熊本―人吉間で1日1往復臨時運転を行なうことになった。なお、この臨時運転は9月2日(日)までの予定。
見学 智(大阪府)
2012_07_28_kengaku_satoshi001.jpg
夏の日差しを浴びるHD305編成。
'12.7.28 阪和線 新家―長滝
 7月27日から天理臨に運用されている日根野支所の381系アコモ編成だが、7月28日に吹田総合車両所日根野支所新在家派出に疎開留置されていたHD305編成が日根野支所に回送された。
 同編成は新在家―和歌山―日根野間の回6882Hで日根野支所に帰所、夏の日差しを浴びて通いなれた阪和線を走行した。
佐久間悠太(東京都)
2012_07_28_sakuma_yuta001.jpg
豊田車両センターE233系で初となる代走運転。「快速 大宮」の表示は珍しい。
'12.7.28 青梅線 東中神―西立川
 7月28日、大宮―立川―奥多摩間で臨時快速列車〈むさしの奥多摩号〉が1往復運転された。往路は高崎車両センター所属115系T1091編成で運転されたが、同車輌の不具合により復路は豊田車両センター所属E233系青462編成を使用して運転された。なお、豊田車両センターのE233系が多客臨時列車を代走運転したのは今回が初である。

【JR貨】"岡見貨物" 運転再開

兼石洋之(山口県)
2012_07_28_kaneishi_hiroyuki001.jpg
フライアッシュを持ち帰る5687レ。
'12.7.28 美祢線 四郎ヶ原―南大嶺
 発電所の定期検査により運転を休止していた"岡見貨物"が、約3ヶ月ぶりとなる7月26日より運転を再開した。沿線には、この日を待ちわびた多くのファンの姿を見ることができた。
橋 尚輝(和歌山県)
2012_07_28_hashi_naoki001.jpg
周参見から天理は約5時間20分の旅。
'12.7.28 和歌山線 田井ノ瀬―千旦
 7月27日より運転が開始された和歌山地区からの天理臨だが、28日には吹田総合車両所日根野支所新在家派出所属の117系SG001編成を使用した天理臨が、周参見→和歌山→高田→天理の経路で運転された。
 また、同日根野支所所属の381系HD304編成(アコモ編成)を使用した天理臨も海南→和歌山→高田→天理で運転され、逆経路で湯浅までの復路が運転される予定。
田井 敦(兵庫県)
2012_07_28_tai_atsushi001.jpg
早朝の湖西線を疾走する583系。
'12.7.28 湖西線 北小松―近江高島
 7月27日から7月28日にかけて秋田車両センターの国鉄色583系を使用した団体列車(天理臨)が八戸―青森―京都間で運転された。
 普段は24系寝台車を使用することが多い青森からの天理臨だが、夏休みの今回は復路に東海道本線を経由して舞浜に向かうため電車での運転となった模様。
瀧之脇雅人(兵庫県)

更新改造を終え、運用復帰した22607編成。
'12.7.25 大阪市交通局谷町線 大日
 森之宮検車場で中間更新・車内リフレッシュ改造を行なっていた谷町線用の22系22607編成だが、更新工事が終了し、7月23日(月)に中央線森ノ宮―大阪港間で試運転を実施後、2日後の25日(水)から営業運転に復帰している。
 22607編成の更新改造施工により、22系中間更新改造車は昨年8月31日に出場した22603編成に続いて2編成目となった。
瀧之脇雅人(兵庫県)
2012_07_27_takinowaki_masato001.jpg 真夏に走る国鉄色の117系天理臨。
'12.7.27 山陰本線 船岡―園部

2012_07_28_takinowaki_masato001.jpg
渓谷を駆ける117系。

'12.7.28 福知山線 下滝―丹波大山
 7月26、27日、国鉄色を纏った吹田総合車両所京都支所117系4連を使用した天理臨が山陰本線で運転された。運転区間は26日が和田山から天理まで、27日が城崎温泉から天理までであった。また、28日にも天理臨として福知山から天理まで運転された。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.