鉄道ホビダス

2012年7月20日アーカイブ

河澄拓哉(栃木県)
2012_07_19_kawasumi_takuya001.jpg お召列車として任務に就くE2系N2編成。
'12.7.19 上越新幹線 高崎―上毛高原

2012_07_19_kawasumi_takuya002.jpg
予備編成にはE2系N12編成が充てられ、サポートを果たした。

'12.7.19 上越新幹線 高崎―上毛高原
 天皇、皇后両陛下は19日、昨年3月の長野県北部地震で甚大な被害を受けた長野県栄村をお見舞いするため、日帰りで行幸啓された。
 往復に際しては東京―越後湯沢間を上越新幹線にご乗車になられ、車輌は長野新幹線で活躍する〈あさま〉用E2系N編成が使用された。
 E2系N編成の上越新幹線入線は、2009年10月に行なわれた新潟第一運転所の一般公開以来と思われ、非常に珍しい光景となった。
 この度の被災地訪問は当初昨年12月に予定されていたが、天皇陛下の体調が優れなかったため延期となり、陛下の強い希望により今回実現したものである。

船山太一(神奈川県)
2012_07_20_funayama_taichi001.jpg 初運用は成城学園前5:52発の準急新宿行き。早朝の複々線区間を駆け出した。
'12.7.20 小田急電鉄小田原線 祖師ヶ谷大蔵

2012_07_20_funayama_taichi002.jpg
装い新たに、夢の列車が再び小田急線に帰ってきた。

'12.7.20 小田急電鉄小田原線 相武台前―座間
 3000形3093Fにラッピングが施された"F-Train II"が、7月20日から運行を開始した。これは「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」のオープン一周年を記念したもので、来年の3月22日まで運行の予定。

(C)Fujiko-Pro (C)Fujiko Studio

河澄拓哉(栃木県)
2012_07_18_kawasumi_takuya001.jpg
大清水トンネルを抜け、一路新潟を目指すE5系U4編成。
'12.7.18 上越新幹線 越後湯沢
 東北新幹線で活躍中のE5系だが、7月18日にU4編成が新潟へ向けて回送された。これは9月29日のダイヤ改正に向け同車が着々と増備される中で、増投入されるまでの間、留置先として新潟へ疎開させているものと思われる。
 今年3月の改正前にも同様に疎開が行なわれており、約4ヶ月ぶりの上越新幹線入線となった。
見学 智(大阪府)
2012_07_19_kengaku_satoshi001.jpg
LEDの行先表示が目立つ、リニューアル車。
'12.7.19 阪和線 熊取―日根野
 吹田総合車両所日根野支区所属の205系1000番代HH401編成が吹田総合車両所で定期検査と体質改善(リニューアル)工事が施工され、去る7月12日に帰所し、7月19日から運用に復帰した。
 外観では行先表示器のLED化、運番表示器の埋め込み、屋根上のベンチレーターの撤去が施され、前面のスカイブルーの帯も美しく塗装されたのと相俟って個性の目立つ編成となった。
伊藤 健(奈良県)
2012_07_19_ito_ken001.jpg
夏の日差しを浴びて試運転を行う12200系NS46編成。
'12.7.19 近畿日本鉄道大阪線 耳成―大和八木
 7月19日(木)、近鉄名古屋線の明星検車区に所属する12200系NS46編成が五位堂―名張間で試運転を実施した。同編成は五位堂検修車庫にて全般検査を受け、あらゆる部位が大変美しい状態となっていた。なお、NS46編成は同日中に所属先へと回送されている。
中村悠久(広島県)
2012_07_18_nakamura_yukyu001.jpg
広島支社では初の113系の濃黄色塗装に。
'12.7.18 山陽本線 広島
 7月18日に下関総合車両所広島支所113系(元網干総合車両所宮原支所S34編成)が、関西リニューアル色から濃黄色に塗装変更され、下関総合車両所本所を全般検査出場のうえ、広島支所へ回送された。
 高速対応は解除のうえ原番に戻され、車番はクハ111-2014+モハ112-2081+モハ113-2081+クハ111-2113となっている。
 なお出場に際して、半自動ドアボタン設置、グレー台車化、前面幕撤去、乗務員扉下部に取っ手取り付け、クリアテール化、トイレタンク交換などの改造を受けている。また、ATS-Pは撤去されていない。
種橋慶成(東京都)
2012_07_17_tanehashi_yoshinari001.jpg
DE10重連にて奥羽本線を行く。
'12.7.17 奥羽本線 二ツ井―富根
 7月17日、レール輸送列車の返空が青森―秋田―北上―一ノ関間にて行なわれた。編成は青森車両センター所属DE10 1761+DE10 1762+定尺チキ10輌だった。
武田雄太(北海道)
2012_07_15_takeda_yuta001.jpg
美瑛駅に到着する〈富良野・美瑛ノロッコ2号〉。
'12.7.15 富良野線 美瑛
 6月9日(土)より富良野線旭川―美瑛―富良野間を運行している〈富良野・美瑛ノロッコ号〉であるが、7月15日(日)に現地を訪問した際に国鉄色のDE15 1546が牽引しているのを確認した。
 旭川駅などに掲出された案内によると、この処置は通常牽引を務めるDE15 1534(緑色・花柄塗装)が故障・修理中であるためで、当面7月31日まで国鉄色のDE15が列車の旭川方先頭を務める予定。
手島歩夢(埼玉県)
2012_07_18_tejima_ayumu001.jpg
懐かしの地を通過し、新たな地へ。
'12.7.18 武蔵野線 南浦和―東浦和
 元浦和電車区209系52編成のうち6輌が、長野総合車両センターで幕張車両センターC614編成として出場し、7月18日に所属先へと配給輸送された。牽引は長岡車両センター所属EF64 1031が全区間を担当した。
 元浦和電車区209系52編成は京浜東北・根岸線で最後まで営業運転を果たし、「ありがとう209系ヘッドマーク」を掲出した編成である。2010年1月24日に京浜東北・根岸線での営業運転を終えてから約2年と半年ぶりに、浦和電車区最寄駅である南浦和を通過する光景が展開された。
 なお、この編成の配給をもって、長野総合車両センターから幕張車両センター向けの209系配給輸送は終了した。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.