鉄道ホビダス

2012年7月18日アーカイブ

岡田雄太郎(栃木県)
2012_07_17_okada_yutaro001.jpg 東北本線の出張運転に備えて郡山へ輸送される。
'12.7.17 東北本線 岡本―宝積寺 P:岡田雄太郎

2012_07_17_suzuki_yudai001.jpg
ED75の勇姿を撮影しようと沢山の撮影者が集まった。

'12.7.17 東北本線 黒磯―高久 P:鈴木裕大
 7月16~17日にかけて、〈SLふくしま復興号〉〈ELSLふくしま復興号〉に使用されるC61 20と旧客5輌が郡山へと配給輸送された。
 配給列車は高崎―黒磯間が高崎車両センター高崎支所のEF64 38が牽引し、黒磯―一ノ関間は仙台車両センターのED75 757が牽引した。また伴車としてオヤ12 1が連結された。
 高崎―黒磯間に充当されたEF64 38だが、東北本線への入線実績が少なく、今回の配給列車牽引は貴重なシーンとなった。

石原幸司(北海道)
2012_07_15_ishihara_koji001.jpg
DD51 1083+回送車1輌+営業車11輌で運転の急行〈はまなす〉。
'12.7.15 千歳線 植苗―沼ノ端
 7月14日の青森発札幌行きの201レ急行〈はまなす〉は、機関車の次位に回送車のオハ14を1輌連結した12輌で運転された。
 8月にも12輌での運転が予定されているが、今回は機関車の次位に中間車が連結されての珍しい編成となった。
高橋裕輝(千葉県)
2012_07_17_takahashi_yuki001.jpg
久しぶりに常磐緩行線に姿を現した6101F。
'12.7.17 常磐線 金町
 今年1月頃から検査のため新木場CRに入場していた6000系6101Fは、7月13日の04S運用より運用復帰を果たした。また17日には47S(1)運用に就き、久しぶりに常磐緩行線に姿を現した。
 今回の入場では、他の編成が海外譲渡されているとともに、同編成が製造から40年以上経過していることから動きが注目されていたが、無事に綾瀬検車区に戻ってきた。
馬場 剛(埼玉県)
2012_07_16_baba_tsuyoshi001.jpg
夏の夕差しを浴びながら秋田へ向かう。
'12.7.16 東北本線 尾久―赤羽
 7月16~17日にかけて、宇都宮運転所所属DE10 1099が秋田総合車両センターへ入場するため、配給輸送が尾久―土崎間で行なわれた。牽引は長岡車両センター所属のEF81 141が担当した。
瀧之脇雅人(兵庫県)
2012_07_15_takinowaki_masato001.jpg 緑いっぱいの夏を駆け抜ける3015M。
'12.7.15 福知山線 道場―三田

2012_07_15_takinowaki_masato002.jpg
FE編成としては初めて増結されたFE61編成による3015M。

'12.7.15 福知山線 相野
 7月11日から特急〈こうのとり〉〈きのさき〉〈はしだて〉に使用される准国鉄色を纏った福知山電車区183系6連による夏の増結運転が始まった。今回は7月19日まで増結運用が組まれており、次回はお盆期間の予定である。
 また、先月から運転中の国鉄色を纏った福知山電車区381系も7月14日から18日まで増結して運用に入っている。
 381系の運転開始により、183系にとって今夏の増結運転は貴重な姿となったため、沿線ではレイル・ファンで賑わっていた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.