鉄道ホビダス

2012年7月10日アーカイブ

宇田 映(愛媛県)
2012_07_10_uda_akira001.jpg 周囲にタグボートがつき、曳航の準備が整った"羊蹄丸"。
'12.7.10 新居浜東港黒島埠頭 P:宇田 映

2012_07_10_uda_akira002.jpg
港内でゆっくり向きを変え、港を出る。

'12.7.10 新居浜東港黒島埠頭 P:宇田 映

2012_07_10_uda_akira003.jpg
いよいよ港外に...。さようなら"羊蹄丸"。

'12.7.10 新居浜東港黒島埠頭 P:宇田 映

2012_07_07_arakawa_yotaro001.jpg
搬出されたスハフ44 25は、陸送で栃木県真岡市へ。

'12.7.7 亀山トラックステーション P:荒川陽太郎
 船の科学館から愛媛にやってきて、6月10日まで一般公開を行なっていた元青函連絡船の"羊蹄丸"だが、7月10日の午後、解体のため香川県の多度津にむけて最後の航海に旅立った。
 一般公開は大好評で、終了後も岸壁に同船を見に訪れるファンは後を絶たなかった。
 "羊蹄丸"はすでに自力航行することができないため、福山よりタグボートが駆け付け、最後のエスコートを行なった。同船は10日は沖合に停泊し、11日に多度津に入港する予定である。
 なお、"羊蹄丸"の青函ワールドの設備は青森の"八甲田丸"に移されて引き続き展示されるほか、甲板に積載していたDE10 30は千葉県いすみ市の「ポッポの丘」に、スハフ44 25は真岡鐵道にそれぞれ引き取られた。

岩崎 巧(新潟県)
2012_07_09_iawasaki_takumi001.jpg
夜の新津駅で発車を待つ。
'12.7.9 信越本線 新津
 7月9日から10日にかけて、田端運転所所属のEF510-504が秋田総合車両センターへ配給輸送された。入場が目的と思われる。牽引は長岡車両センターのEF81 141が担当した。
中村悠久(広島県)
2012_07_09_nakamura_yukyu002.jpg
103系1000番代の面影を強く残すクハ105-12も濃黄色に。
'12.7.9 山陽本線 広島
 下関総合車両所広島支所所属の105系K-14編成が下関総合車両所本所で広島色から濃黄色に塗装変更のうえ全般検査出場、7月9日に下関総合車両所広島支所に回送された。
 下関総合車両所広島支所では初の105系4ドア車の濃黄色塗装編成が登場した。
中村悠久(広島県)
2012_07_09_nakamura_yukyu001.jpg
115系化改造で115系2500番代が誕生。
'12.7.9 山陽本線 広島
 6月27日に下関総合車両所本所を出場し、下関総合車両所運用検修センター所属の115系R-01編成が濃黄色で登場した。
 この編成の制御車は、下関総合車両所広島支所所属の113系F-14編成の両端制御車を下関総合車両所本所にて115系化改造を施工したもので、車番はそれぞれ、クハ111-2120→クハ115-2620と、クハ111-2017→クハ115-2517となっている。また電動車は改造されず、下関総合車両所運用検修センター所属の115系G-01編成のモハ115-1114とモハ114-1198を連結している。
 この編成の登場に伴って、下関総合車両所運用検修センター所属の115系G-01編成の両端制御車のクハ115-605とクハ111-268が解体され、同時に、阪和色のモハ113-5333とモハ112-5333も解体された。
小原正裕(兵庫県)
2012_07_09_obara_masahiro001.jpg
 
'12.7.9 京阪電気鉄道交野線 枚方市
 京阪10000系の"ひこぼしくん""おりひめちゃん"ラッピング電車が7月7日から交野線で運転を開始した。
 大阪府枚方市の新しいキャラクターである"ひこぼしくん"と大阪府交野市のキャラクターである"おりひめちゃん"がデザインされ、10001Fの10001号と10051号の側面に装飾されているほか、前面にはヘッドマークが2枚提出されている。なお、このラッピング電車は8月26日までの運転予定となっている。
宮島昌之(石川県)
2012_07_09_miyajima_masayuki001.jpg 4076レのスジで単機にて金沢貨物ターミナルに姿を見せたEF510-21。
'12.7.9 金沢貨物ターミナル(敷地上公道より撮影)

2012_07_09_miyajima_masayuki002.jpg
運転台助士席側天井付近に立つ「信号煙管」とみられる突起物。JR東日本所有の500番代に似た表情。

'12.7.9 金沢貨物ターミナル(敷地上公道より撮影)
  川崎重工(兵庫)にて製造された富山機関区のEF510-21が、7月9日(月)の日中、4076レのスジにて単機で金沢貨物ターミナルに姿を見せ、さらに北陸本線を南下した。
 金沢貨物ターミナルに姿を見せた同機は落成同様の綺麗な姿を保っており、甲種輸送の際と比べ屋根上の碍子が緑色に塗装されている。
 先般の甲種輸送時には気付かなかったが、運転台助士席側天井付近に赤色の突起物があり、これは「信号煙管」とみられ、おそらく製造時点で従来位置より現位置に変更した模様で、JR東日本所有の500番代のスタイルに似ている。
 また、既報のように後部標識灯はLED式で、想像以上に明るく遠くからでもハッキリ見てとれた。

後藤篤史(千葉県)
2012_07_08_goto_atsushi001.jpg
子供から大人まで沢山の人達に愛と勇気を与えてくれた。
'12.7.8 成田線 佐原
 2012年3月からスタートしたJR四国、JR貨物、JR東日本のタイアッププロジェクト「アンパンマントロッコに乗ろう!」が、7月8日の銚子→成田をもって全行程の運転が終了した。
 このプロジェクトでは宮城・岩手・福島・茨城・千葉にて"アンパンマントロッコ"が運転され、沢山の子供、大人に愛と勇気を与えていった。

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
中村悠久(広島県)
2012_07_06_nakamura_yukyu001.jpg
113系瀬戸内色編成は残り2編成に。
'12.7.6 山陽本線 広島
 7月6日に下関総合車両所広島支所所属の113系F-09編成が、下関総合車両所運用検修センターに向けて疎開回送された。これで113系F編成は残り7編成となった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.