鉄道ホビダス

【JR貨】道内の機関車の運用相次いで変更

宮崎 龍(北海道)
2012_06_01_miyazaki_ryu002.jpg
石油輸送貨物は残ったもののDF200牽引に。
'12.6.1 千歳線 新札幌
 2012年6月に入り、道内の石油輸送列車のうち帯広、旭川へと向かう列車の運転が終了となった。これに伴ない、道内の貨物列車牽引機の運用が変更となっている。
 重連で注目を集めていた8771列車や昼前に札幌貨物ターミナルを出発する8772列車(旧5772列車)など、DD51の運用にDF200が充当されている。この運用変更が一時的なものなのか、今後も継続されるのかが注目される。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年6月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.