鉄道ホビダス

2012年6月 1日アーカイブ

中司朔良(兵庫県)
2012_06_01_nakatsukasa_sakura001.jpg 編成変更初日の3021M〈こうのとり21号〉はFE62編成。
'12.6.1 福知山線 宝塚 P:中司朔良

2012_06_01_takinowaki_masato001.jpg
同じく3025MはFE66編成。

'12.6.1 福知山線 相野 P:瀧之脇雅人
 ゴールデンウィーク頃から、福知山線特急停車駅に〈こうのとり〉の一部編成変更の案内が掲示されていたが、予告通り6月1日より、従前183系B編成で運用されていた3006M・3007M・3018M・3021M・3022M・3025Mが381系に編成変更された。
 なお福知山電車区に転属した381系の編成番号は、FE編成となっている。
 運転初日のA404仕業はFE62編成で、元日根野電車区のHD302編成である。

宮崎 龍(北海道)
2012_06_01_miyazaki_ryu001.jpg
単行で回送されるキハ40 401。
'12.6.1 札沼線 桑園
 札沼線石狩当別―新十津川間で使用されているキハ40形400番代だが、従来送り込みの際には苗穂―石狩当別間で531Dに連結されていた。しかし6月1日の札沼線桑園―北海道医療大学間電化開業に伴ない531Dが531Mと電車化されたことから、初電となる529Mの続行で単行での回送となっや。札沼線電化により電車の運用のほか、気動車の運用変更にも注目が集まっている。
瀧之脇雅人(兵庫県)
2012_05_31_takinowaki_masato001.jpg
夜の相野駅に183系が停車するのも最後となった。
'12.5.31 福知山線 相野
 准国鉄色を纏った福知山電車区183系B編成を使用する特急〈こうのとり〉や〈きのさき〉の運用に変化が生じた。
 これは、特急〈くろしお〉への新型車輌投入に伴ない捻出された日根野電車区の381系が福知山電車区に転属し、6月1日から特急〈こうのとり〉や〈きのさき〉の定期運用に入るためのもの。これにより183系B編成での〈こうのとり〉や〈きのさき〉の定期運用は、6月以降は数を減らすことになった。
林 知輝(大阪府)
2012_05_31_hayashi_tomoki001.jpg
早朝の奈良線をDD51のプッシュプルが力走! 
'12.5.31 奈良線 稲荷―JR藤森
 5月30~31日にかけて、伊賀上野工臨が向日町操―伊賀上野間で運転された。伊賀上野駅構内での機回しが出来ないことから例年通り、プッシュプル牽引での運転となった。なお編成は、DD51 1193(伊賀上野方)+チキ2輌+DD51 1191(京都方)。

【JR東】花輪線で工臨運転

種橋慶成(東京都)
2012_05_28_tanehashi_yoshinari001.jpg
新緑の中を行く。
'12.5.28 花輪線 十二所―沢尻
 5月28日、秋田―大館―鹿角花輪間にてレール輸送列車が運転された。編成は秋田車両センター所属DE10 1187+チキ4輌+DE10 1647だった。
長谷川智紀(東京都)
2012_05_31_hasegawa_tomoki001.jpg
その差わずか30秒で走る2つの"East i"。
'12.5.31 常磐線 北松戸
 5月31日の午後、常磐線松戸―馬橋間でEF65 1118牽引のキヤE193系"East i-D"をE491系"East i-E"が300メートル程の差で追走する光景が見られた。
 これは千葉地区での検測を終え機関車牽引で新金線~常磐線~武蔵野線~東北線と回送される"East i-D"と、常磐緩行線の松戸以北を検測する"East i-E"の松戸場面での時刻がほぼ同時刻であったことから実現したものだが、残念ながら並走とはならず、やや離れて"East i-E"が追走という形になった。  "East i"同士のすれ違いは稀に発生するが、平行路線を同方向に僅差で走るのは極めて珍しいものと思われ、北松戸駅では数十人のファンが待ち構えていた。
藤原 健(大阪府)
2012_05_31_fujiwara_ken001.jpg
静まり返った新大阪の街にクレーンの作動音が鳴り響く。
'12.5.31 東海道本線 東淀川―新大阪
 31日の深夜、EF65 1135を使用した工事用臨時列車が向日町操~宮原操間で運行された。今回は新大阪駅のすぐ手前で作業が行なわれ、慎重にクレーンを使ってレールを下ろすシーンが展開された。工事後は一旦大阪駅・宮原操に送り込まれ、当日の早朝に向日町操に返却回送された。
土橋秀紀(和歌山県)
2012_05_31_dobashi_hidenori001.jpg
和歌山線を走る381系。
'12.5.31 和歌山線 和歌山―田井ノ瀬
 5月初旬より381系を使用した和歌山地区の集約臨時列車が運転されているが、5月29日から和歌山線にも入線している。
 和歌山線内に381系が入線するのは、2011年10月以来だと思われる。また5月31日をもって〈くろしお〉の定期運用がなくなる381系アコモ編成での運転であったため、今後の集約臨にも使用されるか注目される。
妹背光洋(大阪府)
2012_05_31_imose_mitsuhiro001.jpg
アコモ編成最終下り〈くろしお19号〉が終着駅の白浜に向けて駆け抜けて行く。
'12.5.31 阪和線 長滝―新家
 長らく〈くろしお〉の顔として活躍してきた日根野電車区381系アコモ編成(HB編成)だが、5月31日もって〈くろしお〉の定期運用を終了した。
 当初は6月末までの運転だったが、287系の増備が順調な事から一ヶ月前倒しで定期運用が終了となったもの。なお、臨時〈くろしお〉では運転が予定されている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年6月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.