鉄道ホビダス

2012年4月10日アーカイブ

鈴木敏行(東京都)
2012_04_10_suzuki_toshiyuki001.jpg
横浜赤レンガへの玄関口、馬車道駅を通過する試運転電車。
'12.4.10 横浜高速鉄道みなとみらい線 馬車道
 東急電鉄東横線の東京メトロ副都心線への相互直通運転開始を2012年度に控え、去る4月8日より東京メトロ7000系7115F(8連)を使用した乗務員訓練と思われる試運転が開始され、連日武蔵小杉―元町・中華街間を数往復している。
宮島昌之(石川県)
2012_04_09_miyajima_masayuki001.jpg
先般の冬の排雪仕業を無事終えたDD15 31に「お疲れ様!」。
'12.4.9 北陸本線 倶利伽羅
 4月9日(月)、富山地域鉄道部富山運転センター所属のDD15 31が、富山方面へ向け回送されていくのを倶利伽羅駅で確認した。
 金沢総合車両所運用検修センターあるいは同松任本所、どちらから出発したのか確認できなかったが、所属先の富山運転センターへ戻ったものとみられる。
萩原 涼(東京都)
2012_04_09_hagiwara_ryo001.jpg
式典のために品川へ向かう2100形2141編成。
'12.4.9 京浜急行電鉄本線 京急鶴見
 NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の舞台が大田区・蒲田であるということで、舞台の大田区・蒲田を走る京急線として舞台となった地域を盛上げる目的で2100形2141編成にラッピングが施され、9日に品川駅で出発式典が行なわれた。このため、京急久里浜―品川間で臨時の回送列車が運転されている。
南 輝明(東京都)
2012_04_08_minami_teruaki001.jpg KD604には50周年記念のヘッドマークを掲示。
'12.4.8 京葉臨海鉄道臨海本線 千葉貨物

2012_04_08_minami_teruaki002.jpg
蘇我方には別のデザインのヘッドマーク。

'12.4.8 京葉臨海鉄道臨海本線 千葉貨物
 4月8日(日)、京葉臨海鉄道創立50周年の記念イベントが千葉貨物駅にて開催された。
 会場では機関車、貨車の展示や、グッズや鉄道部品などの物販も行なわれた。また、8月19日(日)及び11月18日(日)にも今回同様のイベント開催が予定されている。

大根秀俊(東京都)
2012_04_08_one_hidetoshi001.jpg 35周年記念ヘッドマークも誇らしげに走る8500系。
'12.4.8 東急電鉄田園都市線 つくし野─すずかけ台

2012_04_08_one_hidetoshi002.jpg
楕円形のヘッドマークを取り付けた5000系5115F。

'12.4.8 東急電鉄田園都市線 つくし野─すずかけ台
■新玉川線35周年記念ヘッドマーク掲出
 4月7日より、今年で新玉川線(現 田園都市線)渋谷―二子玉川園(当時)が開業して35周年になることを記念して8500系8616編成にヘッドマークが取り付けられている。なお、このヘッドマークは6月いっぱいまで取り付けられる予定。

■"渋谷ヒカリエ"開業告知ヘッドマーク取付
 4月1日頃より、同月26日に開業する"渋谷ヒカリエ"の開業告知のヘッドマーク及び側面ラッピングが田園都市線の5000系5101F・5104F・5115F・5120Fの4編成と東横線5050系5171Fほかにそれぞれ施されて運用に就いている。

中司朔良(兵庫県)
2012_04_08_nakatsukasa_sakura001.jpg
EF210-147の先導で、西岡山に向かうEF81 29。
'12.4.8 北方貨物線 吹田信号場―塚本信号場
 4月8日(日)の2077列車で、富山機関区のEF81 29が次位無動回送された。
 同機は現存するEF81赤13号原色機の最若番機であったが、既に運用離脱しており、去就が注目されていた。なお牽引機は岡山機関区のEF210-147であった。
松下範彦(兵庫県)
2012_04_08_matsushita_norihiko001.jpg
今年は2枚看板ならず、3100系が充当された。
'12.4.8 能勢電鉄妙見線 絹延橋―滝山
 川西市の「源氏まつり」開催に際して、能勢電鉄ではイベント列車を運行し、川西能勢口→山下(折返し)→多田のルートで運転した。
 列車には「源氏まつり」特製のヘッドマークが掲出され、今年は「春爛漫 のせでん春物語」号として車内装飾された3100系が充当された。
崎山喜一朗(東京都)
2012_04_08_sakiyama_kiichiro001.jpg
久しぶりに顔を現した、かつての京王の名車たち。
'12.4.8 京王電鉄 京王資料館
 4月8日(日)、日野市のイベント「第7回平山季重まつり」の開催にあわせて、京王電鉄平山研修センター内にある京王資料館が一般公開された。その他、敷地内に置かれてある保存車輌2400形、2000系、5000系も展示され、5000系については車内、運転席の公開も行なわれた。
佐野 徹(京都府)
2012_04_08_sano_toru001.jpg
桜のトンネルを往く"お花見電車"。
'12.4.8 京福電気鉄道北野線 鳴滝―宇多野
 京福電気鉄道では3月28日から4月10日まで、電機メーカーの製品を広告するためにモボ2001形の車内を桜装飾した"お花見電車"を嵐山本線・北野線で運行している。
森 康平(東京都)
2012_04_07_mori_kohei001.jpg
次々と疎開する田町車両センターの211系。
'12.4.7 東北本線 浦和―赤羽(京浜東北線 西川口)
 4月6日に大宮総合車両センターを出場した田町車両センター所属の211系N24編成が、翌7日に疎開のため、田町車両センターから尾久車両センターへと回送された。
穂積諒介(東京都)
2012_04_07_hodumi_ryosuke001.jpg 西武鉄道車輌の甲種輸送列車にEF65 1127が充当するのは今回が初めてとなった。
'12.4.7 武蔵野線 東所沢―新秋津 P:穂積諒介

2012_04_08_toma_yuya001.jpg
245Fが多摩川線に向かった代わりに、247Fの「春」編成が春の季節に多摩川線から帰還。

'12.4.8 西武鉄道池袋線 西所沢―小手指 P:當麻祐也
 4月7~8日にかけて、新秋津から武蔵境まで西武鉄道新101系245Fの甲種輸送が行なわれた。新秋津―新座(タ)―八王子間はEF65 1127が牽引した。

豊嶋達也(千葉県)
2012_04_07_toyoshima_tatsuya001.jpg 「卆寿」のヘッドマークを付けたデキ3号。
'12.4.7 銚子電気鉄道 仲ノ町車庫

2012_04_07_toyoshima_tatsuya003.jpg
デキ3号との綱引き大会の様子。

'12.4.7 銚子電気鉄道 仲ノ町車庫
 銚子電気鉄道では、4月7日、8日にデキ3号生誕90周年及び復刻赤い電車記念イベントと題した仲ノ町車庫で無料の一般公開を行なった。メインイベントはデキ3号の集電装置をビューゲルからトロリーポールに変更してのお披露目であった。また同車には90周年を祝う言葉「卆寿」の円形型のヘッドマークが両エンドに取り付けられた。このほかデキ3号との綱引き大会などのイベントも行われて大盛況であった。

黒木尊斗(東京都)
2012_04_06_kuroki_takato001.jpg
新たな仕事場へと新たな装いで走る。
'12.4.6 東急電鉄大井町線 自由が丘
 長津田車両工場に入場していた9000系9013Fが出場し、4月6日に試運転を行った。経路は恩田―長津田―二子玉川―大井町―二子玉川―長津田である。
 9013Fは東横線にて運用されていたが、今回の入場で大井町線に転属した。そのtまえ5連となり帯もグラデーション化されている。
 今回の試運転は先に転属した9011Fなどと同様、運用番号以外のLED式表示器は使用されず、前面窓に紙で小さく「試運転」と貼ってあった。
熊崎耕介(愛知県)
2012_04_06_kumasaki_koichi001.jpg
桜のラッピングで東海道本線を走る。
'12.4.6 東海道本線 稲沢
 昨年に引き続き、4月1日(日)より名古屋―大垣間で117系S9編成を使用した快速〈水都大垣トレイン〉が運転されている。今回の運転に伴ない、車体には桜のラッピングが施された。この列車は15日(日)まで毎日運転の予定。
大竹 翔(東京都)
2012_04_06_otake_syo001.jpg
再び武蔵野線を走る姿を見ることができた。
'12.4.6 武蔵野線 新秋津―東所沢
 川越車両センターの209系多目的試験車"MUE-Train"が、4月6日に南古谷→大宮→豊田→東京→日野→大宮→南古谷の行程で試運転を行なった。

【JR西】443系 各線を検測

伊藤 健(奈良県)
2012_04_06_ito_ken001.jpg
築堤を駆け抜けるクモヤ443系。
'12.4.6 和歌山線 高田―JR五位堂
 4月6日(金)に、京都総合車両所所属の443系が大和路線、和歌山線、阪和線をそれぞれ検測した。行程は日根野―JR難波―加茂―王寺―高田―王寺―JR難波―日根野であった。なお、同車が和歌山線を検測するのはおよそ1年ぶりとなった。
今井裕一(兵庫県)
2012_04_06_imai_yuichi001.jpg
下関へ目指して西へ。
'12.4.6 山陽本線 加古川―宝殿
 4月6日(金)、JR西日本近畿総括本部宮原総合運転所所属113系S1編成6輌がJR西日本下関総合車両所運用検修センターに向けて回送されました。転属するものと思われる。
 同編成は元宮原所属編成で唯一、行先方向幕が国鉄時代と同等の白地に文字を記していた編成であり、今後このままの状態で使用となるのかが注目される。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年4月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.