鉄道ホビダス

2012年1月24日アーカイブ

廣村典彦(兵庫県)
2012_01_24_hiromura_norihiko001.jpg
今までの5000系とは思えない顔に変化した"清盛号"。
'12.1.24 山陽電鉄本線 大塩―山陽曽根
 山陽電鉄ではNHKの大河ドラマ「平清盛」の放送にあわせてラッピング電車"清盛号"の運転を1月23日から開始した。
 使用車輌は5030系5630号編成(阪神梅田方から5630-5230-5231-5530-5251-5631)で、前後先頭部に金びょうぶや着物の帯のような華やかなデザインを配し、ドア両脇には大きく「KOBE de清盛2012」のロゴや公式キャラクターのイラストを掲示している。
 運転期間は来年1月中旬頃までの予定で、直通特急として山陽姫路―阪神梅田間を走行している。なお山陽電車沿線には神戸市兵庫区や須磨区を中心に清盛の遺跡や源平ゆかりの地など多く存在する。
 これで同電鉄のラッピング編成は"時のまち あかし号"とあわせて2編成になった。
見学 智(大阪府)
2012_01_22_kengaku_satoshi001.jpg
紀州路快速に入ったHE409編成。
'12.1.22 阪和線 新家―長滝
 昨年末に引退した113系の運用を受け継いだ日根野区223系0番代(HE401~409編成)のうち、HE409編成は紀勢本線内主体の運用に入らず関西空港線・阪和線~大阪環状線の関空・紀州路快速主体の運用に残っている。
 同編成は223系2500番代、225系5000番代と混用され、以前と変わらず大阪環状線にも姿を見せている。
武田雄太(北海道)
2012_01_21_takeda_yuta001.jpg
今季は釧網本線80周年記念ヘッドマークを掲出している。
'12.1.21 釧網本線 網走
 流氷寄せるオホーツク海を車窓に眺めることのできる冬の臨時列車〈流氷ノロッコ号〉が、1月21日(土)より今シーズンの運行を開始した。牽引機には従来のDE10 1660のほか、新たに専用塗装に衣替えしたDE15 2527が用意され初日の牽引を担当した。運行期間は3月11日(日)までの毎日、網走―知床斜里間を一日2往復運行する。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年1月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.