鉄道ホビダス

2012年1月17日アーカイブ

宮島昌之(石川県)
2012_01_14_miyajima_masayuki001.jpg 新倶利伽羅トンネル富山県側入口。壁の側面には多くの穴が開けられている。
'12.1.14 北陸本線 石動―倶利伽羅

2012_01_16_miyajima_masayuki001.jpg
石川県に入り津幡町付近の高架橋。写真奥が杉瀬トンネル。高架橋には仮設レール(写真左)のほか、既に「スラブ軌道」式で敷かれたレール(写真右)が見える。

'12.1.16 石川県河北郡津幡町地内

2012_01_08_miyajima_masayuki001.jpg
JR金沢駅在来線ホームから新幹線駅進入口付近を眺める。軌道の分岐部分が見える。

'12.1.8 北陸本線 金沢

2012_01_08_miyajima_masayuki002.jpg
JR西金沢駅付近。金沢-白山総合車両基地間では引き続き高架橋建設工事が続いている。

'12.1.8 北陸本線 西金沢
 2014(平成26)年度末までの金沢開業へ向け建設が進む北陸新幹線。富山県境から石川県の白山総合車両基地までの区間の現況についてまとめて記す。
 最初に、富山県境(新倶利伽羅トンネル)―金沢間だが、高架橋本体の建設はほぼ終わっているものとみられ、津幡地区から金沢駅の手前までは、資材運搬用の仮設レールが敷かれている。また作業用機関車が行き来する姿がたびたび見られるほか、杉瀬トンネルから明神トンネルの間の高架橋を上から眺めたところ、東京駅を基準に下り線には、いわゆる「スラブ軌道」式で敷かれたレールが見えることから、既に一部の区間では軌道レール敷設の本工事が始まっているものとみられる。今後は電気系(架線等)の工事も始まるものと思われる。
 また同区間のトンネルについては、現在の北陸本線(在来線)は倶利伽羅トンネル1箇所だけだが、新倶利伽羅トンネルは大きく北に迂回しながら石川県側に抜けるルートになっており、更に先はJR森本駅の手前付近まで山間部を通るため、短いトンネルが数多く建設されている。
 トンネルの中の様子は確認することはできないが、新倶利伽羅トンネル(富山県境側)や杉瀬トンネル、明神トンネル、第二月影トンネルを見たところ、進入口の外観は完成しているように見えた。
 石川県の玄関口となる金沢駅は、高架駅の土台部分は既に形になっているものの、ホーム建屋の建設はまだ手がつけられていない。

 続いて金沢駅―白山総合車両基地間であるが、在来線の駅舎を高架化するなど支障移転工事も進み、現在、同区間では高架橋本体の建設が急ピッチで進められている。昨年後半には野々市市二日市町地内で主要道路、国道8号線の跨線橋の上を跨ぐ大規模な橋梁設置工事が深夜帯に行なわれた。また白山総合車両基地についても建設用地の整備が続いている。

酒井健一郎(東京都)
2012_01_14_sakai_kenichiro001.jpg
NT5編成も営業入り間近かか? 
'12.1.14 中央本線 国立―西国分寺
 以前より豊田車両センターに疎開留置されていた田町車両センター所属のE233系3000番代NT5編成が1月14日、豊田から田町へ返却回送された。
 211系を取り替えるために順次営業運転を開始した田町車両センターのE233系3000番代、今後の活躍を期待させる出来事となった。
伊藤 健(奈良県)
2012_01_16_ito_ken001.jpg
モト98に牽かれ五位堂へ向かう。
'12.1.16 近畿日本鉄道大阪線 大和八木
 1月16日(月)、近鉄南大阪線古市車庫所属の6020系C57編成が、五位堂検修車庫へ入場した。なお、両端にモト90系MF97-98を併結しての入場であった。
鈴木拓也(東京都)
2012_01_16_suzuki_takuya001.jpg 曇り空の大雄山線を行く。
'12.1.16 伊豆箱根鉄道大雄山線 飯田岡―穴部

2012_01_16_suzuki_takuya002.jpg
ワムを挟む光景はこれが最後となるのか。

'12.1.16 東海道本線 根府川
 1月16日に伊豆箱根鉄道大雄山線5000系5007Fが検査入場のため駿豆線大場まで輸送された。

 大雄山―小田原間はコデ165が、小田原―三島間はEF65 1070が牽引。小田原―三島間は小田原駅での入れ替えの関係でワム380000形8輌が控え車として連結された。ワム380000形は3月で引退が予定されており、今後の動きが注目される。

河澄拓哉(栃木県)
2012_01_15_kawasumi_takuya001.jpg
3時間強の遅れをもって南下する3050列車。
'12.1.15 東北本線 小山
 東北・北海道地区の大雪によるダイヤ乱れの影響から、貨物列車の大幅遅延が多数発生、その関係から機関車不足が生じたため、15日の東北本線3053列車及び3050列車において田端運転所のEF65 1118号機が貨物運用に貸し出され隅田川―黒磯間を1往復した。
 あいにく日中時間帯での運転とはいかなかったが、久々に長編成を牽引するシーンを見ることが出来た。なお大雪の影響は今後も続くと見られ、安定輸送を確保する現場関係者の方々には頭の下がる思いである。

【JR四】キハ185系の話題

宇田 映(愛媛県)
2012_01_15_kurita_tomio001.jpg まるでキハ185系の見本市...。4色のカラーが揃った日和佐臨。
'12.1.15 徳島線 穴吹―川田 P:栗田富夫

2012_01_15_kurita_tomio002.jpg
先頭車を抜かれ、出戻りの剣山色にはさまれた"アイランド"色。

'12.1.15 徳島線 穴吹―川田 P:栗田富夫
 高徳線日和佐にある薬王寺の参拝客輸送のため、毎年この時期にキハ185系で運転されている日和佐臨であるが、今年はなんと4輌すべてが違うカラーで組成され、ファンの度肝をぬいた。
 編成は徳島方から、一般+"アイランド"+国鉄+剣山のカラーで、一般格下げの3000番代以外のオールカラーである。ただ、今回の剣山カラーのキハ185-19は3000番代からの出戻りではある。
 なお、先頭車を抜かれた"アイランド"色は、これまた出戻りを含む剣山色に挟まれて、すぐの後続で日和佐臨にあてられていた。

海老江和賜(千葉県)
2012_01_15_ebie_kazushi001.jpg
EF81 92とEF81 85も秋田総合車両センターへ。
'12.1.15 東北本線 尾久―赤羽(東十条―赤羽)
 1月15日、田端運転所所属のEF81 92(カシオペア塗装)およびEF81 85(JR東日本塗装・星無し)が秋田総合車両センターへ入場のため配給輸送された。牽引機は長岡車両センター所属EF81 134だった。
 今回配給された両機は、廃車になるものと思われる。
中司朔良(兵庫県)
2012_01_15_nakatsukasa_sakura001.jpg
次位に131号機を従え西下するEF66 103〔吹〕。
'12.1.15 東海道本線 灘―三ノ宮
 1月15日(日)の2077列車で、吹田機関区所属のEF66 131が西岡山に向け機次位無動回送されたが、本務牽引機は同区のEF66 103となり、EF66 100番代同士の組み合わせとなった。
 同形式とはいえ、本務機103号機は丸型主灯・裾帯なしの前期型、次位の131号機は角型主灯・裾帯付の後期型と、前後期車間の相違が見られた。
南 輝明(神奈川県)
2012_01_14_minami_teruaki001.jpg 埠頭のガントリークレーンが臨海らしい景色を醸し出している。
'12.1.14 神奈川臨海鉄道本牧線 本牧埠頭―横浜本牧

2012_01_14_minami_teruaki002.jpg
謹賀新年のヘッドマークを付けたDD5119号機。

'12.1.14 神奈川臨海鉄道本牧線 本牧埠頭―横浜本牧
 神奈川臨海鉄道本牧線にて運用されているDD5119号機に2012年正月用のヘッドマークが掲示された。
 根岸方の1位側には竜をデザインしたヘッドマーク、本牧埠頭方の2位側には謹賀新年とタツノオトシゴをモチーフにしたヘッドマークであった。

大根秀俊(東京都)
2012_01_14_one_hidetoshi001.jpg
初詣幕も誇らしげにカーブを通過。
'12.1.14 横須賀線(東海道本線) 戸塚―大船
 1月14日、毎年恒例となっている水上からの鎌倉臨が183系大宮車12輌編成で運転された。編成は鎌倉方がOM101編成、水上方がOM103編成で、回送を含めた全区間で初詣幕が掲出された。
廣島一貴(東京都)
2012_01_14_harada_takashi001.jpg 到着駅の勝田へは3日間の旅路。
'12.1.14 東海道本線 山崎―長岡京 P:原田敬司

2012_01_16_hiroshima_kazutaka001.jpg
新鶴見(信)からはEF81 81にエスコートされた。

'12.1.16 武蔵野線 新秋津―東所沢 P:廣島一貴
 1月14~16日にかけてE657系K5編成が徳庵から勝田まで甲種輸送された。
 牽引機は徳庵―吹田(信)間がDE10 1743、吹田(信)―横浜羽沢間がEF66 106、横浜羽沢―新鶴見(信)間がEF65 1066、そして新鶴見(信)―勝田間では田端運転所所属EF81 81が充当された。
 EF81 81の充当は前々回のK3編成の輸送時にも担当しており、今回で2回目となりレイル・ファンの注目を集めた。

宮川政樹(東京都)
2012_01_14_miyagawa_masaki001.jpg
"レッドアロー・クラシック"で運転された"メイドトレイン"。
'12.1.14 西武鉄道池袋線 秋津―所沢
 1月14日(土)、西武池袋線で貸切列車"メイドトレイン"が運行された。
 車内ではメイドさんによる飲料の提供が行われたほか、西武秩父駅前(仲見世通り)ではイベントも実施された。
 "メイドトレイン"の運行は一昨年の12月11日(土)以来2回目となり、今回は特別塗装車10105編成"レッドアロー・クラシック"を使用した。
橋 尚輝(和歌山県)
2012_01_13_hashi_naoki001.jpg
美しい姿になった、HD301編成。
'12.1.13 阪和線 和歌山
 1月5日に吹田第二信号場―向日町操間で1往復の試運転を行なって吹田工場を出場した日根野電車区所属の381系HD301編成が、1月11日より運用に入っているのを確認した。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年1月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.