鉄道ホビダス

2012年1月 5日アーカイブ

南 輝明(東京都)
2012_01_04_minami_teruaki002.jpg
辰がデザインされたヘッドマーク2種。
'12.1.4 京浜急行電鉄大師線 京急川崎―港町
 1月1日(日・祝)から京浜急行大師線で運用されている1500形に、本年の干支である「辰」をモチーフにしたヘッドマークが掲出された。なお2種類あるデザインは、一般公募で選ばれたものが採用されている。
黒田 伸(神奈川県)
2011_12_30_kuroda_shin001.jpg 上大岡駅に停車中の804C。605-1の屋根上には照明装置も設置。
'11.12.30 京浜急行電鉄本線 上大岡

2011_12_30_kuroda_shin002.jpg
子安駅通過中の605C。

'11.12.30 京浜急行電鉄本線 子安
 12月30日に600形605編成による架線観測が実施された。605-1の屋根上に設置されたカメラでパンタグラフと架線の状態を観測するもので、京急久里浜発604Cから1104Aまでの営業車にて実施された模様。

松尾 博(福岡県)
2012_01_02_matsuo_hiroshi001.jpg
久々の特急運用に就いた3010編成以下7連。
'12.1.2 西日本鉄道天神大牟田線 西鉄中島―江の浦
 正月三が日の特別輸送の関係で、通常は急行運用を中心に活躍する3000形が特急運用に入り、久々に柳川、大牟田方面まで顔を出した。
増永祐一(神奈川県)
2011_12_30_masunaga_yuichi001.jpg 紫色の特急スペーシア・105編成が好天の日光線を走る。
'11.12.30 東武鉄道日光線 南栗橋―幸手

2011_12_30_masunaga_yuichi002.jpg
側面の「SPACIA」のロゴも新しくなった。「I」の部分は東京スカイツリー(R)をイメージ。

'11.12.30 東武鉄道伊勢崎線 春日部

2011_12_30_masunaga_yuichi003.jpg
6号車の個室席車輌のロゴも新しく。その上に描かれているのが東武の新コーポレートロゴ。

'11.12.30 東武鉄道伊勢崎線 春日部
 東武鉄道では、本年5月予定の「東京スカイツリータウン(R)」の開業にあわせて、"スペーシア"こと100系特急形電車のリニューアルが発表されたが、その第1弾として紫色基調の車輌が登場し、昨年12月29日(木)の〈けごん7号〉より運行を開始した。
 最初のリニューアルは105編成に実施された。外観は東京スカイツリー(R)のライティングデザインのひとつである"雅"をイメージしたもので、従来の塗り分けをベースに紫色と青色の帯をまとっている。この青色は昨年7月より新たに制定された、東武グループの新コーポレートロゴに使用されている「フューチャーブルー」をイメージしたもので、両先頭車の側扉付近にもそのコーポレートロゴが描かれている。
 外観だけでなく内装もリニューアルされている。座席はモケットが交換され、一般席は青色、個室席は茶色基調となり、個室席・デッキ・3号車カウンター部分の壁紙も張り替えられ、新鮮な印象を与えている。
 今後は"雅"のほかにも"粋"・"サニーコーラルオレンジ"の車輌が登場する予定で、またリニューアル・塗装変更は100系全9編成を対象に実施されるので、長らく日光線特急列車のイメージとして親しまれたオレンジ・ブラウンの帯の塗り分けは消滅することとなる。
 なお東武鉄道では自社ウェブサイト内で、当該リニューアル車輌の運用を公開しており、12月30日(金)現在、1月8日(日)運行分までの予定を見ることができる。

向山尚樹(長野県)
2012_01_03_mukaiyama_naoki001.jpg
今年は1000番代のみの4重単となった。
'12.1.3 篠ノ井線 聖高原―坂北
 1月3日、篠ノ井―南松本間において愛知機関区所属のEF64 1000番代が4重単で回送された。
 編成は南松本方からEF64 1026+EF64 1012+EF64 1015+EF64 1048で、大宮更新色と国鉄色が交互に並ぶ編成であった。
大下秀幸(山口県)
2012_01_02_oshita_hideyuki001.jpg
2年ぶりに「初詣」のヘッドマークが掲出されたSL〈津和野稲成〉号。
'12.1.2 山口線 津和野―船平山
 1月1日から3日までの3日間、山口線の新山口―津和野間で新年恒例のSL〈津和野稲成〉号が運転された。
 C56 160が12系客車2輌を牽引。ヘッドマークは一昨年まで使われていた黄色地に初日とナベヅルを描いた「初詣」のマークを掲出。昨年初めて登場した赤色を基調とした「賀正」のマークは掲出されなかった。
高橋孝一(群馬県)
2012_01_03_takahashi_koichi001.jpg
左から710+720、デキ3021+テ241、デハ101+デハ104が並んだ。
'12.1.3 上毛電気鉄道 大胡電車庫
 1月3日、上毛電気鉄道の大胡電車庫で「上毛電鉄 新春イベント2012」が開催された。最古参のデハ101、デハ104、デキ3021などの撮影会のほか、デハ100形の制御器や鉄道運転シミュレータ体験など、他では体験できない珍しい催しもあった。
 なお午前中にはデハ101の臨時運行もあり、沿線はファンでにぎわった。
森 康平(東京都)
2012_01_03_mori_kohei001.jpg 「快特 蒲田」を表示する都営5300形。
'12.1.3 京浜急行電鉄本線 新馬場

2012_01_03_mori_kohei002.jpg
京成電鉄3000形7次車も「快速特急 蒲田」を表示して運転された。

'12.1.3 京浜急行電鉄本線 新馬場
 京浜急行電鉄は箱根駅伝に協力するため、1月3日に京成電鉄・北総開発鉄道・都営地下鉄から京急羽田線に直通運転する「エアポート快特」「エアポート急行」の行先を、羽田空港から京急蒲田行に変更する臨時ダイヤを実施した。
 この臨時ダイヤでは、折り返し運転をするために京急蒲田到着後は一旦神奈川新町に回送されている。また京急線内では、下りの一部列車が回送列車で送り込まれ、京急蒲田始発となった。

赤樫翔太(兵庫県)
2012_01_01_akagashi_syota001.jpg 今年の〈かわね路号〉は重連運転でスタート! 
'12.1.1 大井川鉄道大井川本線 青部―崎平

2012_01_01_akagashi_syota002.jpg
復路のプッシュプルは突然の出来事だけに、レイル・ファンを驚かせた。

'12.1.1 大井川鉄道大井川本線 抜里―家山
 1月1日、大井川鐵道では〈SLかわね路1号〉を蒸機重連(先頭はC11 190、次位にC11 227)で運転した。
 正月専用のヘッドマークが掲出され、日章旗の掲げられた重連運転を撮影しようと、沿線には多くのファンが集まり、新年から嬉しいプレゼントとなった。
 また、〈SLかわね路2号〉はプッシュプルでの運転となり、先頭はC11 190、最後尾にC11 227が連結された。〈SLかわね路2号〉は突然のプッシュプル運転となり、新年からサプライズな出来事となった。
 今年の大井川鐵道では様々な催しが計画されており、今後の動向にも注目だ。

塩冶拓巳(東京都)
2012_01_01_shioji_takumi001.jpg
快速〈伊豆初日の出号〉は伊豆急行2100系"黒船電車"が充当された。
'12.1.1 東海道本線 品川
 1月1日、JR東日本管内で各方面へ向けての特急や快速の〈初日の出号〉が運転された。千葉方面へは特急〈犬吠初日の出〉が高尾・新宿・千葉―銚子間、特急〈外房初日の出号〉が高尾・新宿―千倉間往復、東海道方面へは快速〈伊豆初日の出号〉が品川―伊豆急下田間、快速〈伊東初日の出号〉が新宿―伊東間、快速〈熱海初日の出号〉が品川―熱海間、常磐方面へは快速〈常磐初日の出号〉が上野―いわき間で運転された。
瀧之脇雅人(兵庫県)
2011_12_31_takinowaki_masato001.jpg 大晦日、2011年最後の夕陽を浴びて走る〈こうのとり18号〉。
'11.12.31 福知山線 市島―黒井 P:瀧之脇雅人

2012_01_02_nakatsukasa_junichi001.jpg
B65編成4連で運転された初日の9076M〈こうのとり86号〉。

'12.1.2 福知山線 伊丹-―猪名寺 P:中司純一
 特急〈こうのとり〉〈きのさき〉〈はしだて〉に使用される准国鉄色を纏った183系B編成は、福知山運転所に6輌編成が6本、4輌編成が1本在籍しているが、年末年始の繁忙期に対応するため年末は6運用全てが6連で運転され、さらに1月2~4日には、臨時特急〈こうのとり86号〉に4輌編成が使用されるなどフル稼働の状態となった。このため、今や貴重な国鉄型特急が年末年始の福知山線・山陰本線で賑わいを見せていた。

大竹 翔(東京都)
2012_01_02_otake_syo001.jpg
今回で4回目の掲出となる新春記念ヘッドマーク。
'12.1.2 新京成電鉄新京成線 上本郷─松戸
 1月1日より、くぬぎ山車両基地の8000形(8512編成)に、新春記念ヘッドマークが掲出されている。このヘッドマーク掲出は21日までの予定となっている。
樋上 玲(茨城県)
2012_01_01_higami_ryo001.jpg
終点の阿字ヶ浦に到着した"急行あじがうら号"。
'12.1.1 ひたちなか海浜鉄道湊線 阿字ヶ浦
 1月1日(日・祝)、ひたちなか海浜鉄道湊線で初日の出列車"急行あじがうら号"が運転された。車輌はキハ2005+キハ2004+キハ222が使用され、車内ではひたちなか海浜鉄道吉田社長による挨拶や、みなと源太さんによる湊線イメージソング『季節の風』の演奏が行なわれた。
野中麗央(香川県)
2012_01_01_nonaka_reo001.jpg
薬王寺の参拝客を乗せて徳島・高松へ。
'12.1.1 牟岐線 阿波富田―徳島
 1月1~3日、高松―日和佐間にて臨時特急〈やくおうじ〉が運転された。車輌はキハ185-20+キハ185-26が使用され、往路の高松→徳島は〈うずしお7号〉と併結運転し、徳島→日和佐と復路の日和佐→高松は単独の2輌編成で運転されている。
宮島昌之(石川県)
2012_01_01_miyajima_masayuki001.jpg
中間運転台がないスマートな編成美。
'12.1.1 北陸本線 東金沢―森本
 1月1日(日・祝)の特急〈サンダーバード17号〉は、金沢総合車両所所属で12輌化された683系4000番代T50編成が使用された。この編成は、T48編成のうちの中間車3輌をT50編成に組み込んだもの。
 T48編成は昨年11月29日(火)に、石川県加賀市内の踏切で発生した事故の影響で、現在も金沢総合車両所松任本所にて修理中と思われるが、年末年始の多客期に備え、使用可能な中間車3輌をT50編成に組み込み、年末の帰省ラッシュ時から特急〈サンダーバード〉の運用についていたものと考えられる。
 本来683系4000番代の基本編成は9輌1編成であり、週末や多客期など12輌編成で運転する場合は、681系もしくは683系付属3輌編成が富山方に増結されるが、今回の編成では9号車と10号車にあるはずの中間運転台が無い長大編成で、屋根上にはシングルアームパンタが4つ見えるなど、斬新な光景となった。
 年末年始輸送が過ぎた後、T50編成が普段の基本9輌編成に戻るのか、T48編成が修理を終えるまでしばらく12輌化されたままで残るのか、今後も注目される。
小野田祐樹(千葉県)
2012_01_01_onoda_yuki001.jpg "青空"を使用した"みんなの流鉄号2012"。
'12.1.1 流鉄流山線 小金城址―鰭ヶ崎

2012_01_01_onoda_yuki002.jpg
こちらは"なの花"使用の"みんなの流鉄号2012"。

'12.1.1 流鉄流山線 鰭ヶ崎―小金城址
 2011年12月31日より、2000形"青空"と"なの花"に"みんなの流鉄号2012"のヘッドマークを付けて運用に入っている。このヘッドマークは1月10日まで取り付けられる予定。

豊嶋達也(千葉県)
2012_01_01_toyoshima_tatsuya001.jpg ヘッドマークを取り付けた2000形同士が交換する。
'12.1.1 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 笠上黒生

2012_01_01_toyoshima_tatsuya002.jpg
2001号車は「2012 INUBOUSAKI 祈望」のヘッドマークを取り付け。

'12.1.1 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 海鹿島―君ヶ浜
 銚子電気鉄道では初日の出臨を大晦日の夜から元日の10時台まで運転した。この時間全ての列車は銚子―犬吠間の運転となり、犬吠―外川間は区間運休とし、同電鉄でデビュー2周年となる2000形2編成で対応した。
 両編成とも記念のヘッドマークを取り付け、2002編成は「2012 祝茜」を銚子、外川方両方に、2001編成は2501号に「MIZUNOETATSU 壬辰」、2001号に「2012 INUBOUSAKI 祈望」のマークを取り付けた。
 なお10時以降は定期ダイヤに戻され、銚子―外川間で引き続き2000形2編成を使用して運転している。

小原正裕(兵庫県)
2011_12_29_obara_masahiro001.jpg
三宮で出発待ちの3054F。
'11.12.29 阪急電鉄神戸本線 三宮
 阪急神戸線所属の3000系3054Fが12月29日、三宮発快速急行西宮北口行きの運用に充当された。
 この快速急行は平日の1本しか設定されておらず、他形式とも共通運用のため、現在2本しか神戸線運用車が在籍してしない3000系が充当されるのは極めて貴重である。なお写真は神戸方の3003である。また、三宮3番線ホームから発車する快速急行も現行ダイヤではこの1本だけである。
中司朔良(兵庫県)
2011_12_29_nakatsukasa_sakura001.jpg 「初詣」のヘッドマークを掲出する宝塚本線9003F。
'11.12.29 阪急電鉄宝塚本線 池田―石橋

2011_12_29_nakatsukasa_sakura002.jpg
「西国七福神めぐり」のヘッドマークを掲出する宝塚本線6006F。

'11.12.29 阪急電鉄宝塚本線 豊中―岡町
 阪急電鉄では、年末・年始恒例となった「初詣」「西国七福神めぐり」のヘッドマークを、京都・宝塚・神戸3本線の一部列車に掲出している。
 「初詣」ヘッドマークは2012年の干支である「龍」を模したデザイン、「西国七福神めぐり」ヘッドマークは2011年と同様のデザインとなっている。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2012年1月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.