鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR北】〈SL冬の湿原号〉編成 DE10 1660牽引で釧路へ

【JR北】〈SL冬の湿原号〉編成 DE10 1660牽引で釧路へ

小野寺 俊(北海道)
2011_12_28_onodera_syun001.jpg
全検上がりのDE10 1660に牽引される〈SL冬の湿原号〉編成。
'11.12.28 根室本線 東庶路信号場
 12月28日、来年1月の運転に向けて一足早く、〈SL冬の湿原号〉の編成が札幌から釧路へと輸送された。車輌はC11 207、資機材運搬貨車のチキ、客車4輌。
 通常はC11と同じ旭川車両所のDE15が牽引の任に当たるが、今回は苗穂工場で〈ノロッコ号〉用のDE10 1660が全般検査をしていた経緯もあり、その回送も兼ねて〈SL冬の湿原号〉の編成を牽引するという珍しい光景となった。
 なおC11 171は年明けに釧路へ輸送されると思われる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年12月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.