鉄道ホビダス

【JR西】広島支社で"ストッピー号"を運転

中村悠久(広島県)
2011_11_02_nakamura_yukyu001.jpg
踏切通行のマナー向上啓発。「ストッピー君」のヘッドマークを取付け。
'11.11.2 山陽本線 広島
 JR西日本広島支社では、11月1日から30日までの間、国土交通省中国運輸局主唱のもと「踏切事故防止キャンペーン」の一環で「ストッピー君」のヘッドマークを取り付けた列車"ストッピー号"を運行している。
 このキャンペーンは、踏切の安全意識の高揚を図り、踏切事故防止と通行マナーの向上を目的として実施しているもの。
 対象の編成は、115系は広島リニューアル色のC-24編成と瀬戸内色のH-01編成、113系は広島リニューアル色のF-03編成、105系は広島色K-13編成、広島色のキハ47の3連1組の5編成に装着されている。
 なお、ヘッドマークは両端先頭車に取り付けられている。
レイル・マガジン

2011年11月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.