鉄道ホビダス

2011年11月28日アーカイブ

藤村巌雄(神奈川県)
2011_11_27_fujimura_iwao001.jpg 七百駅構内で実施された車輌展示。
'11.11.27 十和田観光電鉄十和田観光電鉄線 七百

2011_11_27_fujimura_iwao002.jpg
沿線では撮影を堪能。

'11.11.27 十和田観光電鉄十和田観光電鉄線 七百―柳沢
 十和田電鉄観光社による「十和田観光電鉄線堪能ツアー」が11月27日(日)に催行された。午前中は七百での車輌展示会を実施。午後は旧型電車が1往復運転され、撮影コースと乗車コースと分かれ、1日十鉄を堪能することができた。
 廃止が表明された今、鉄道関係者の鉄道に対する想いが感じられたツアーであった。

青山幸正(大阪府)
2011_11_24_aoyama_yukimasa001.jpg
玉之浦の海岸線を横目に走る113系G401編成。
'11.11.24 紀勢本線 紀伊浦神―下里
 225系5000番代の投入により引退が迫りつつある日根野電車区の113系だが、紀勢線紀伊田辺以南の105系の一部の運用を代走しており、11月19日以降は紀伊勝浦まで入線している。
 これは、9月の台風12号襲来により紀伊勝浦―新宮間が不通となっており、新宮に105系が2本閉じ込められていることから車輌不足が生じたためである。なお、113系ワンマン車も105系の代走で紀伊勝浦まで入線している。この代走は12月3日の紀伊勝浦―新宮間復旧まで続くと思われる。 また、113系が周参見以南の定期列車に充当されるのは国鉄時代以来のことである。
平蔵伸洋(千葉県)
2011_11_27_hirakura_nobuhiro002.jpg
両国側6号車に「心の休日を房総で ! 千葉県秋のキャンペーン」の文字が。
'11.11.27 成田線 小見川―水郷
 9月から11月に実施された千葉県の観光キャンペーン「心の休日を房総で。」のフィナーレを飾るツアー向け団体臨時列車が11月27日に運転された。
 昨年・一昨年の同様のツアーでは長野総合車両センター所属189系が使用されたが、今回は大宮総合車両センター所属OM101編成が晩秋の房総半島を走行。経路は、両国―千葉―佐倉―成東―銚子―佐原―成田―両国であった。
 途中駅では郷土芸能の披露、物産展、また県産品やノベルティの配布が行なわれている。
中司朔良(兵庫県)
2011_11_28_nakatsukasa_sakura001.jpg
尼崎駅7番線に停車中のB65編成。
'11.11.28 福知山線 尼崎
 11月28日(月)早朝の回7770Mで、福知山電車区の准国鉄色183系B65編成が、吹田工場へと回送された。増結ユニットなしの4連での自走回送であった。
 B編成は、後継編成への置き換えも迫っており、同編成の今後の去就が注目される。
中村悠久(広島県)
2011_11_27_nakamura_yukyu001.jpg
300系プラグドア車が全廃となる。
'11.11.27 山陽新幹線 広島
 11月27日にJR西日本博多総合車両所広島支所からJR東海浜松工場に向けて300系F3編成の回送が実施された。車内は枕カバーが撤去され、車内広告も一切無かったことから廃車を目的とした回送と思われる。
 F3編成は11月17日の727Aを最後に運用を離脱し、翌18日にはJR西日本博多総合車両所広島支所に疎開留置されていた。また今回の回送により、300系からプラグドア車が完全に消滅することになる。
 残る300系は、JR東海所属の300系J編成がJ54・J55・J56・J57・J61編成の5編成、JR西日本所属の300系F編成はF7・F8・F9編成の3編成となっている。
増永祐一(神奈川県)
2011_11_27_masunaga_yuichi001.jpg 真っ赤な塗装が目を引くデハ1002。記念ヘッドマーク付き。
'11.11.27 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 海鹿島―君ケ浜 P:増永祐一

2011_11_27_masunaga_yuichi002.jpg
昨秋に引退となったデハ801との並び。

'11.11.27 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 外川 P:増永祐一

2011_11_27_masunaga_yuichi003.jpg
「京王線」と「丸ノ内線」、まさかの並びが銚子で実現した。

'11.11.27 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 外川 P:増永祐一

2011_11_26_toyoshima_tatsuya002.jpg
デハ1002の新カラーでの運行開始を知らせる方向幕。

'11.11.27 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 笠上黒生 P:豊嶋達也

2011_11_26_toyoshima_tatsuya003.jpg
こちらはヘッドマーク。

'11.11.27 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 笠上黒生 P:豊嶋達也
 銚子電気鉄道1000形デハ1002号車に、このほど2度目となる車体塗装の塗り直しが行なわれた。
 デハ1002が以前にまとっていたオレンジ・紺色のツートンカラー塗装は、2007年末に鉄道をテーマとしたコミック作品「鉄子の旅」とのタイアップにより行なわれたものだが、それから4年近くが経過し、今回のお色直しを迎えることとなった。
 今度の塗装は、同車の種車である帝都高速度交通営団(現:東京地下鉄)丸ノ内線の、方南町支線用車輌2000系をイメージした赤地に白帯のデザインで、いわばリバイバルカラーとなる。
 なお、同車の丸ノ内線リバイバルカラーは11月26日(土)より運行を開始している。当初は翌27日(日)から運行開始とアナウンスされていたが、運用の都合により1日前倒しとなった。
 ところで銚子電鉄では公式ブログを開設しており、今後の銚子電鉄のイベント情報などを確認することが出来る。

楽天ブログ「ちょうでんのブログ」
http://plaza.rakuten.co.jp/choshidentetsu/

大下秀幸(山口県)
2011_11_27_oshita_hideyuki001.jpg DD51 1043が「寿」のヘッドマークを掲げレトロ客車を牽引。
'11.11.27 山口線 長門峡―渡川

2011_11_27_oshita_hideyuki002.jpg
復路は赤地に黒文字の「寿」ヘッドマークを掲出。

'11.11.27 山口線 篠目―仁保
 11月27日、新山口―津和野間で、DD51 1043が12系レトロ客車5輌を牽引する団体臨時列車が運転された。
 この列車はブライダルトレインとして運転されたもので、同機には往路、復路でデザインが異なる「寿」のヘッドマークが掲出された。
 なお、同機が下関へ転属後に単機で客車を牽引するのは今回が初めてと思われる。

南 輝明(東京都)
2011_11_27_minami_teruaki001.jpg JR東日本、小田急、東京メトロの新形式車輌が並ぶ。
'11.11.27 東京地下鉄 綾瀬車両基地

2011_11_27_minami_teruaki002.jpg
クレーンによる車体上げ実演には10000系が使用された。

'11.11.27 東京地下鉄 綾瀬車両基地

2011_11_27_minami_teruaki003.jpg
保存車である営団3000系の試乗体験も実施された。

'11.11.27 東京地下鉄 綾瀬車両基地
 東京メトロでは、11月27日(日)に「メトロファミリーパーク in AYASE」を綾瀬車両基地にて開催した。
 今回は事前応募で選ばれた15,000名の招待者が来場。乗車体験や見学のアトラクション、オリエンテーリング、鉄道部品と東京メトロ及び鉄道会社各社のグッズの販売、さらに来春の運行が予定されている銀座線の新型車輌1000系紹介ブースなどもあり、会場は大いに賑わった。

上屋敷憲史(東京都)
2011_11_27_kamiyashiki_norifumi001.jpg 16年ぶりに復活したレッドアローカラーが奥武蔵を走る。
'11.11.27 西武鉄道池袋線 吾野―東吾野
 西武鉄道では10000系10105Fを初代レッドアローの色に塗色変更し、"レッドアロークラシック"として11月27日より営業運転を開始した。当日は池袋駅にて出発式が行なわれ、池袋―西武秩父間を臨時列車として1往復した。
 同編成は、車内の腰掛背面テーブルに昭和時代の西武線の沿線風景の写真が掲出されている。また今後は池袋線・西武秩父線のほか新宿線系統でも使用される予定。
野中麗央(香川県)
2011_11_27_nonaka_reo001.jpg 廃車予定の2編成目もついに引退。
'11.11.27 高松琴平電気鉄道琴平線 太田―三条 P:野中麗央

2011_11_27_nakamura_kazuyuki001.jpg
高松城ともお別れ。1089号には快特の、1090号には特急の副票を模したヘッドマークが掲げられた。

'11.11.27 高松琴平電気鉄道琴平線 太田―三条 P:野中麗央
 11月27日、1080形1089編成によるさよなら運転が行なわれた。これは長尾線1300形の導入や600形4輌が琴平線へ転属したことによる余剰等によるもの。
 定期運転の際には100周年ヘッドマークが掲げられたが、さよなら運転のため代わりに「惜別 1089-1090 引退 平成23年11月27日」と書かれた特製ヘッドマークが両方違うデザインで掲げられた。さよなら運転終了後は仏生山車両所にて撮影会や引退記念グッズの販売も行なわれている。
 10月30日には1070形1075編成も引退、これにより1300形導入および600形琴平線への転属の関係で廃車予定だった編成が全て引退したことになる。さらに冷房搭載車両が廃車・引退するのも1070形1075編成に次いで2度目である。

嘉藤史人(東京都)
2011_11_23_kato_fumihito001.jpg
205系の編成札はオレンジの14番を装着。
'11.11.23 中野電車区
 11月23日(水・祝)に中野電車区開設90周年「働く車両大集合!」が開催された。
 当日は大宮総合車両センター所属の183系OM103編成、豊田車両センター所属の115系M40編成、中原電車区所属の205系ナハ15編成、川越車両センター所属の209系"MUE-Train"や各種保線用車輌が展示された。
 ナハ15編成に関しては、かつて中央・総武緩行線で活躍していた205系を彷彿させるかのようにカナリア帯を身に纏い展示された。
 また車輌展示のほか、鉄道部品販売や物販販売なども行なわれ、多くの来場者で賑わった。
斉藤利正(広島県)
2011_11_26_saito_toshimasa001.jpg
久方ぶりにEF66 0番代が山陽本線において甲種輸送列車の牽引を担当した。
'11.11.26 山陽本線 廿日市
 11月26日(土)から27日(日)にかけて、東武鉄道50070型51076編成10輌が、山口県日立製作所笠戸工場から熊谷貨物ターミナルまで甲種輸送された。
 下松―新鶴見(信)間は吹田機関区EF66 33が牽引し、久方ぶりに山陽本線においての甲種輸送の任にあたった。
海老江和賜(千葉県)
2011_11_26_ebie_kazushi001.jpg EF60 19+旧型客車2輌+EF65 501の編成が昼間の横須賀線を走行。
'11.11.26 横須賀線 逗子―東逗子 P:海老江和賜

2011_11_26_kitamura_takuya001.jpg
久しぶりに横須賀線に旧型客車がやってきた。

'11.11.26 横須賀線 北鎌倉―大船 P:北村拓也
 11月26日、横須賀駅で開催される「YYのりものフェスタ2011」の展示車輌として高崎車両センター高崎支所所属のEF60 19+旧型客車2輌+EF65 501が使用された。
 送り込み・返却ともに日中時間帯に行なわれ、沿線には多くのファンが集まった。

三ツ倉 浩(秋田県)
2011_11_23_mitsukura_hiroshi001.jpg 鹿渡にて"リゾートしらかみ"に道を譲る485系T18編成の回9841M。
'11.11.23 奥羽本線 鹿渡

2011_11_24_mitsukura_hiroshi001.jpg
晩秋の奥羽路を行く配9881レ。

'11.11.24 奥羽本線 前山―鷹ノ巣

2011_11_25_mitsukura_hiroshi001.jpg
荒天の中、青森を目指す配9859レ。

'11.11.24 奥羽本線 鶴形―富根
 11月26日、青森車両センターにて「青森車両センター祭り」が開催されたが、このイベント実施に伴う展示用車輌の回送・輸送が11月23~25日にかけ、下記の行程で行なわれた。

11月23日
 485系6輌(新潟車セT18編成) 回9841M(新潟→青森)

11/23~24日
 EF81 133+EF64 1001+DD51 842 配9767~9881(高崎→新津→青森)

11月24日
 583系6輌(秋田車セ編成) 回9665M(秋田→青森)

11月24~25日
 EF81 95+E655系5輌 配9769~9859(尾久→新津→青森)

 目玉となった11月24~25日のEF81 95+E655系の輸送には、大荒れの天候にもかかわらず、県内外から多数のファンが駆けつけていた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年11月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.