鉄道ホビダス

2011年11月 9日アーカイブ

児玉尚久(三重県)
2011_11_09_kodama_naohisa001.jpg 試運転列車が仮復旧した橋脚を渡る。
'11.11.9 三岐鉄道三岐線 北勢中央公園口―保々

2011_11_09_kodama_naohisa002.jpg
セメント工場への返空列車も試運転を兼ねて運転された。

'11.11.9 三岐鉄道三岐線 三里-丹生川
 9月の台風12号による大雨の影響で橋脚が損傷したことにより、一部区間が運休(バス代行)となっていた三岐線だが、橋脚の仮復旧が完了したことにより、10日から全線で運行を再開することとなった。
 これを受けて、再開を前にした9日には貨物列車を使用した試運転列車が運転された。

佐久間悠太(東京都)
2011_11_09_sakuma_yuta001.jpg
相次いで疎開されるE233系田町車。
'11.11.9 中央本線 立川―日野
 11月9日、田町車両センター所属のE233系3000番代NT5編成(基本10輌)が、品川-新宿-豊田の行程で豊田車両センターへと疎開回送された。
 また付属編成のNT55編成も、品川―新宿―大宮―東大宮操―大宮―尾久の経路で尾久車両センターへと疎開回送されている。
宮島昌之(石川県)
2011_11_09_miyajima_masayuki001.jpg
七尾線に真っ青な475系が現れた。
'11.11.9 七尾線 能瀬
 11月9日(水)の七尾発842Mは、所定415系800番代のところを475系A07編成(青系色)が代走した。所定どおりの運用の流れだった場合、842Mの前の833Mも同編成が使用されたことになる。
 七尾線での475系入線は、「七尾線電化20周年記念」に関連したA19編成(国鉄急行色)が知られているが、定期列車の代走は413系が一般的であることから、今回の475系(しかも青系色)での代走はとても珍しい光景となった。
福田智志(埼玉県)
2011_11_08_fukuda_satoshi001.jpg
8輌編成の東急5050系が副都心線での試運転を開始した。
'11.11.8 東京地下鉄有楽町線・副都心線(東武鉄道東上本線) 和光市
 11月7日から東京メトロに貸し出されている東急5050系5159Fが副都心線で日中に試運転を開始した。
 8輌編成の5050系が他社線で日中に試運転を行なったのは今回が初めてのことで、和光市―渋谷間を3往復運転した。
 試運転の際、LED表示機による列車番号や行先は表示されず、前面に試運転及び列車番号の紙を掲出していた。
見学 智(大阪府)
2011_11_08_kengaku_satoshi001.jpg 長滝を出発した443系。
'11.11.8 阪和線 長滝―日根野

2011_11_08_kengaku_satoshi002.jpg
日根野電車区内へと入線する。

'11.11.8 阪和線 日根野電車区(構外より撮影)
 11月8日、443系が電気系統の定期検測のため日根野電車区へと回送された。
 これから数日中は同区を拠点に阪和線・紀勢本線等を検測する予定。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年11月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.