鉄道ホビダス

【肥薩おれんじ鉄道】ラッピング車輌の話題

塚田英郎(鹿児島県)
2011_10_22_tsukada_hideo001.jpg HSOR-103「みなまた恋せよキャンペーン」ラッピング車。
'11.10.22 肥薩おれんじ鉄道 水俣
 肥薩おれんじ鉄道では、水俣市の観光キャンペーン「みなまた恋せよキャンペーン」に合わせて103号車にラッピングを施し、10月22日にお披露目および出発式が水俣駅で行われた。
 車体には水俣ローズガーデンをイメージした薔薇と、水俣市出身の漫画家江口寿史氏デザインの女性キャラクター、水俣市の四季の風景写真がデザインされている。また、車内にも随所に薔薇のデザインがあしらわれるとともに、この日に合わせて発表されたローズガーデンのイメージキャラクターや熊本のご当地ゆるキャラ「くまモン」も描かれている。掲出期間は3年で、製作費用は150万円。その半額は沿線活性化協議会が補助した。
 今後は通常運用に入り、土日は熊本駅や鹿児島中央駅に乗り入れる快速列車にも充当される予定だ。
レイル・マガジン

2011年10月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.