鉄道ホビダス

2011年10月26日アーカイブ

山添大輔(大分県)
2011_10_23_yamazoe_daisuke001.jpg 日田彦山線を走る国鉄色。
'11.10.23 日田彦山線 志井―石原町
 10月22日(土)、長崎車両センター所属のキハ66・67形国鉄色車輌を使用した急行〈西海〉と急行〈雲仙〉が運転された。経路は、〈雲仙〉号が長崎―門司港間、〈西海〉号が佐世保―門司港(途中、肥前山口で連結)で運転され、前面にはヘッドマークが装着された。
 また、翌23日には国鉄色4輌編成が門司港―長崎(日田彦山線、後藤寺線、筑豊本線経由)間で運転された。
上屋敷憲史(東京都)
2011_10_25_kamiyashiki_kenji001.jpg DE10 1555号機のエスコートを受け新鶴見へ。
'11.10.25 武蔵野線 西国分寺
 EH500-75号機の甲種輸送が10月25日に北府中―新座(タ)―新鶴見(信)で行われた。なお、同機はもともと9月5日に輸送予定であったが、日程変更によりこの日の輸送となった。
宮島昌之(石川県)
2011_10_25_miyajima_masayuki001.jpg 能登半島の風景を楽しむ前面展望には生憎の天候であった。
'11.10.25 七尾線 金丸
 10月25日(火)、JR東日本新潟車両センター所属のジョイフルトレイン"NO.DO.KA"を使用した団体臨時列車が、平木田―和倉温泉間(往路:途中金沢で折り返し七尾線に入線)で運転された。展望席には多くの乗客が乗車していたが、当日は北陸特有の冬型の天候となったため、能登半島を上がる頃にはどんよりとした雲が立ちこめ雨が降るなど、"NO.DO.KA"ならではの楽しみである前面展望には生憎の天候であった。
 今回、いわゆるジョイフルトレインが七尾線を走行しただけでも珍しいことであるが、東日本地区から団体旅行客が臨時列車を仕立てて和倉温泉へ向かう場合、今年2月にRMニュースでも報告した"いろどり(彩)"のように、途中富山県の高岡駅で下車してバスで和倉温泉まで移動するコースが多いためか、和倉温泉の玄関口まで直接むかったことはとても珍しいといえよう。
 なお、復路は26日(水)に津幡―平木田間で運転が予定されている。
※関連
JR東JR西】485系"いろどり(彩)" 2年ぶりに北陸本線に入線

【韓国】釜山でLRTが開業

松原政明(神奈川県)
2011_10_23_matsubara_masaaki001.jpg 全線が高架式。見晴らしも抜群で、かぶりつき可能な先頭部はちびっ子たちの格好の場。
'11.10.23 釜山―金海軽電鉄 沙上

2011_10_23_matsubara_masaaki002.jpg
まだ真新しいホームだが、離発着便がない時間帯は人気がない。

'11.10.23 釜山―金海軽電鉄 空港
 9月9日、韓国釜山市の沙上駅と金海市の三渓・加耶大入口駅を結ぶ全長23kmのLRT「釜山―金海軽電鉄」が開通した。この路線の開通により、従来はバスが中心であった釜山市内から金海国際空港へのアクセスが、より便利となった。なお、韓国主要都市の地下鉄などで使えるTマネーカード(IC)が利用可能である。

【JR東】E653系 京葉線へ

有木裕一(千葉県)
2011_10_25_ariki_yuichi001.jpg 久々の京葉線入りとなったE653系。
'11.10.25 京葉線 潮見
 10月25日、羽鳥―舞浜間(回送で東京まで)で勝田車両センター所属のE653系K301編成を使用した団体臨時列車が運転された。普段は485系や583系などが団体臨時列車として入線する京葉線では、E653系の入線は珍しいものと思われる。
柿葉祐太(千葉県)
2011_10_25_mori_kohei001.jpg
池袋を発車し、大塚へと向かう。
'11.10.25 山手線 池袋―大塚 P:森 康平

2011_10_25_kakiha_yuta001.jpg
今日も外回り線で試運転。

'11.10.25 山手線 御徒町 P:柿葉祐太
 10月25日、山手線E231系500番代トウ538編成を使用した試運転が山手線外回りで運転された。行路は、池袋→(外回り)→池袋であった。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年10月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.