鉄道ホビダス

2011年10月12日アーカイブ

河澄拓哉(栃木県)
2011_10_11_kawasumi_takuya001.jpg
着々と準備が整い、増投入に期待がかかるE5系。
'11.10.11 東北新幹線 仙台―古川
 このところ月1本ペースで量産の進むE5系だが10月11日にはU7編成の公式試運転が実施された。営業車輌として6本目が増備されたことにより11月19日から実施される一部〈はやて〉〈やまびこ〉への営業投入に向けた必要編成数が全て揃ったかたちとなる。
有木裕一(千葉県)
2011_10_09_ariki_yuichi002.jpg
"銀釜"再来! 朝の越後平野を南へひた走る。
'11.10.9 信越本線 矢代田―田上
 今年の9月に、門司機関区から無動力回送されてきたEF81 302・303号機だが、9月下旬頃より、北海道の十勝平野で収穫された農産物を輸送する臨時貨物列車(9078~9077列車)を、青森(信)―南長岡間で牽引している。
 門司機関区からのEF81 300番代貸し出しは、臨時貨物列車の運転に伴なう機関車不足に対応するための処置と思われる。
 また、ステンレス無塗装で特徴のある303号機は、今年の春にも震災の復興支援として日本海縦貫線には姿を見せており、約半年ぶりの再来となった。
増永祐一(神奈川県)
2011_10_10_masunaga_yuichi002.jpg
ヘッドマークのテーマである長瀞駅を出発。来年も力強い走りを! 
'11.10.10 秩父鉄道秩父本線 長瀞
 秩父鉄道の看板列車であるSL急行〈パレオエクスプレス〉は、10月10日(月・祝)をもって2011年の運転を終了した。例年、同列車は12月3日の「秩父夜祭」に合わせてフィナーレとなるものだが、本年は牽引機であるC58 363の検査時期にあたり、早めの運転終了となった。
 当日は「長瀞駅開業百周年記念号 林家たい平チャリティ寄席inながとろ」と書かれたヘッドマークが掲出され、また秩父出身の落語家である林家たい平氏が長瀞駅一日駅長となり同列車の熊谷→長瀞間に乗車、そして長瀞駅では同列車の到着に合わせて開業100周年の記念式典が開催された。
 本年の同列車は、東日本大震災の影響で運転開始日が4月1日に繰り下がっていたこともあり、短い運転期間となったが、来年の同列車は節目となる25年目を迎えるので、様々なイベントに期待したい。
 なお、今後秩父鉄道では10月22・29・30日、11月6・12・13・19・27日に電機牽引列車の運転が予定されているほか、10月15日(土)にはC58 363の検査が行なわれるJR東日本・大宮総合車両センターにて「鉄道ふれあいフェア」が開催予定で、同機が展示されることになっている。
岡田雄太郎(栃木県)
2011_10_09_okada_yutaro001.jpg
早朝の東北本線を下るチキ回送。
'11.10.9 東北本線 岡本―宝積寺
 10月9日、川崎貨物から札幌貨物ターミナルまでチキ7000形式10輌が回送された。これは、建築機材輸送に使用されるためだと思われる。川崎貨物―黒磯間はEF210-163〔新〕、黒磯―青森信間はEH500-73〔仙貨〕がそれぞれ担当した。
佐久間悠太(東京都)
2011_10_10_sakuma_yuta002.jpg
夕方に運転される競馬場前駅からの直通急行。
'11.10.10 京王競馬場線 競馬場前―東府中
 京王電鉄と日本中央競馬会との合同でに実施されている「京王線で東京競馬場に行こう!」キャンペーンの一環として、9000系9702Fに特製のヘッドマークが掲出されている。
 キャンペーン及びヘッドマーク掲出期間は10月8日~11月27日で、11月12日にはイベントが開催される模様だ。
増永祐一(神奈川県)
2011_10_08_masunaga_yuichi001.jpg
ヘッドマーク無しで東海道本線を走る"黒船電車"フル編成。
'11.10.8 東海道本線 横浜―戸塚(保土ヶ谷)
  毎週土曜・休日ダイヤ時に運転されていた、伊豆急行2100系「リゾート21」で東京―伊豆急下田間を結ぶ特急〈リゾート踊り子〉。3月に発生した東日本大震災以来運休となっていたが、10月8日(土)・9日(日)に同列車の運転が再開された。
 今後は同15・29日(いずれも土曜)、11月の各週土曜日に同列車の運転が予定されているが、使用車輌は当面、R-4編成"黒船電車"のロイヤルボックス付きフル編成となる模様である。
綿貫勝也(埼玉県)
2011_10_08_watanuki_katsuya002.jpg
DE10に牽引され、飯山線を行く"NO.DO.KA."。
'11.10.8 飯山線 信濃平―戸狩野沢温泉
 2011年10月8日、長野―(飯山線・上越線経由)―長岡―(信越本線経由)―長野間で、新潟車両センター所属485系ジョイフルトレイン"NO.DO.KA."を使用した快速〈飯山・上越・信越ぐるり一周〉号が運転された。また、非電化区間である飯山線内の走行にあたっては、長岡車両センター所属のDE10 1700が使用された。
有木裕一(千葉県)
2011_10_09_ariki_yuichi001.jpg
汽笛一声、早出川の名撮影地を通過! 
'11.10.9 磐越西線 五泉―猿和田
 2011年10月8・9日、〈SL秋風体験〉号が運転された。運転経路は新潟―馬下―新津で、牽引は馬下までの往路がC57 180、新津までの復路はDE10 1680が担当している。
 この列車は、10月8日に開催された新津車両製作所の公開に伴なって運転されたものである。なお、台風の影響で不通となっている馬下―津川間は10月15日に復旧する予定。
岡田雄太郎(栃木県)
2011_10_08_okada_yutaro001.jpg
東北本線を上る配給列車 いざ高崎を目指す。
'11.10.8 東北本線 宇都宮―雀宮
 高崎車両センター所属のキハ110-222が郡山総合車両センターでの検査を終えて、10月8日に所属区まで配給輸送された。黒磯―小山―高崎間はEF65 501が牽引を担当した。
福田智志(埼玉県)
2011_10_10_fukuda_satoshi001.jpg 下妻駅で首都圏色のキハ101と並ぶキハ350形。
'11.10.10 関東鉄道常総線 下妻 P:福田智志

2011_10_10_matsubara_masaaki001.jpg
往路の水海道駅では記念セレモニーが催された。

'11.10.10 関東鉄道常総線 水海道(許可を得た安全な場所で撮影) P:松原政明

2011_10_10_matsubara_masaaki003.jpg
キハ358に貼付された特製サボ。

'11.10.10 関東鉄道常総線 下館 P:松原政明

2011_10_10_fukuda_satoshi004.jpg
青空の下、様々な色のキハ350形とキハ101が集まった。

'11.10.10 関東鉄道常総線 水海道車両基地 P:福田智志
 関東鉄道は、10月10日に「キハ350形さよなら乗車会&撮影会」を開催した。運転区間は守谷―下館―水海道―水海道車両基地間で、途中の駅では撮影タイムが設けられ、様々な車輌と並ぶシーンが展開した。
 水海道到着後は水海道車両基地まで直通し、水海道車両基地で撮影会が開催された。撮影会ではすでに引退した青色と旧関東鉄道色のキハ350形、首都圏色のキハ101が展示された。
 この運転を最後にキハ350形は全車輌営業運転から引退、1988年の営業運転開始から23年にわたる活躍に幕を閉じた。

森 康平(東京都)
2011_10_10_mori_kohei001.jpg 入場時に、この顔が見れるのは池上線内だけである。
'11.10.10 東急電鉄池上線 蓮沼―蒲田

2011_10_10_mori_kohei002.jpg
目黒線の有名撮影地を行く。

'11.10.10 東急電鉄目黒線 田園調布―奥沢
 東急7700系7914Fの検査に伴なう長津田車両工場への入場回送が、10月10日に雪が谷検車区―長津田車両工場の間で行なわれた。
 信号装置の関係で、雪が谷検車区―多摩川間はデヤ7200が、多摩川から先はデヤ7200・7290によるプッシュプルで運転された。

瀧之脇雅人(兵庫県)
2011_10_09_takinowaki_masato001.jpg
堂々たる12連で運転された。
'11.10.9 東海道本線 島本―山崎
 10月7日大阪発、8日新潟発の急行〈きたぐに〉は、所定10連から2輌増結された12連で運転された。9日には、この増結編成を撮影しようと、早朝から多くの撮影者で賑わっていた。

【JR東】E655系試運転

佐久間悠太(東京都)
2011_10_10_funayama_taichi001.jpg 車体を黒光りさせながら中央本線を下る。
'11.10.10 中央本線 西荻窪 P:船山太一

2011_10_10_sakuma_yuta001.jpg
特別車輌を連結し中央本線で試運転。

'11.10.10 中央本線 日野―立川 P:佐久間悠太

2011_10_11_sudo_yusuke001.jpg
E655系が東京へと向かう。

'11.10.11 中央本線 四ツ谷―御茶ノ水 P:須藤佑介
 10月10・11日に尾久車両センター所属のE655系が特別車輌E655-1を組み込み中央本線で試運転を行なった。

 経路は尾久―東大宮(操)―新宿―東京―甲府―新宿―東大宮(操)―尾久で、試運転扱いとなったのは東京―甲府間の下りであった。

宮島昌之(石川県)
2011_10_10_miyajima_masayuki001.jpg 浅野川線は鉄道の日「テッピー」ヘッドマークを掲出。
'11.10.10 北陸鉄道浅野川線 粟ヶ崎―蚊爪

2011_10_09_miyajima_masayuki001.jpg
石川線は鶴来方に「ほうらい祭り」、野町方に「テッピー」ヘッドマークを掲出。

'11.10.09 北陸鉄道石川線 新西金沢
 北陸鉄道の浅野川線と石川線でヘッドマークの掲出が行なわれた。
 10月10日(月・祝)に確認した浅野川線においては、旧京王3000系の北陸鉄道8000系モハ8903-モハ8913に、鉄道の日を記念した「テッピー」のヘッドマークが掲出された。
 また前日の9日(日)に確認した石川線では、旧東急7000系の北陸鉄道7000系7100形のモハ7102-クハ7112に掲出されており、鶴来方には10月8日(土)・9日(日)に石川県白山市鶴来地区で開催の「ほうらい祭り」をPRするマーク、野町方は鉄道の日を記念した「テッピー」のヘッドマークがそれぞれ掲出されていた。

三ツ倉 浩(秋田県)
2011_10_10_mitsukura_hiroshi001.jpg
桂根付近のSカーブを行く、工9883レ。
'11.10.10 羽越本線 桂根―新屋
 10月9~10日にかけて、羽越本線のレール輸送工臨が秋田―西目間(復路は西目―羽後牛島間)にて行なわれ、両日とも秋田車両センター所属のED75 767が牽引にあたった。
 行程は、10月9日が秋田―(工9880レ)―西目、10月10日が西目―(工9883レ)―羽後牛島であった。
佐藤一成(京都府)
2011_10_09_sato_kazunari001.jpg
「みやこ路快速」の文字が入った幕を掲出。
'11.10.9 奈良線 棚倉―上狛
 10月9日(日)、奈良電車区の103系6輌編成(NS619編成)が2631M「みやこ路快速」で運転された。通常運用されている221系に何らかの支障があったものと推測される。
 運用変更で103系の4輌編成が快速系統の代走を務めることはたびたびあるが、6輌編成での代走は珍しい。
佐野 徹(京都府)
2011_10_09_sano_toru001.jpg
ライトアップされた3輌の機関車。
'11.10.9 梅小路蒸気機関車館
 10月8・9日の両日、梅小路蒸気機関車館転車台南側においてC58 1号機・C51 239号機・B20 10号機が日章旗を掲げた状態で展示されライトアップされた。
高木一貴(東京都)
2011_10_09_takagi_kazutaka001.jpg
通常では表示されない「むさしの号 東所沢」を表示。
'11.10.9 武蔵野線 西浦和
 2011(平成23)年10月9日(日)、中央線国立駅構内の線路切替工事による影響で〈むさしの号〉が一部区間で運休となった。
 この日に限り、八王子始発の〈むさしの号〉は新秋津始発、大宮始発の〈むさしの号〉は東所沢止まりとして運転が行なわれた。
福田智志(埼玉県)
2011_10_09_fukuda_satoshi001.jpg
2000系の第3編成に15周年のヘッドマークが付いた。
'11.10.9 東京地下鉄東西線(JR中央本線) 中野
 東葉高速鉄道は今年で開業から15周年を迎えた。これを記念して10月8日から2000系の第3編成に開業15周年記念ヘッドマークを付けて運転している。ヘッドマークは11月6日まで付く予定であり、この他に開業15周年記念事業として記念乗車券の発売やピンバッチの発売など様々な企画が予定されている。
藤井尚紀(高知県)
2011_10_08_fuiji_naoki001.jpg
構内で運転されたキハ58・65形国鉄色。
'11.10.8 多度津工場
 「鉄道の日」を記念して、今年も多度津工場「きしゃぽっぽまつり」が開催された。当日は天候にも恵まれ、多くの家族連れや鉄道ファンで賑わった。
 多度津駅―多度津工場間のシャトル列車には今年も徳島のキハ47国鉄色編成が使用され、注目を浴びていた。また構内に限って、2008年に定期運転を終了したキハ58・65形が運転され、久しぶりにファンの前に元気な姿を見せてくれた。
 その他、フリーゲージトレイン、DE10 1、キハ32、2000系などが展示された。
綿貫勝也(埼玉県)
2011_10_08_watanuki_katsuya001.jpg
特急〈とき〉風のヘッドマークを掲げ、上越線をゆく183系。
'11.10.8 上越線 押切―北長岡
 2011年10月8日、上越線開業80周年を記念した特急〈上越線開業80周年記念号〉が、上尾―新潟間で運転された。
 車輌は大宮総合車両センター所属の183系OM103編成が使用され、特急〈とき〉のデザインをモチーフとしたヘッドマークが掲出された。
海老江和賜(千葉県)
2011_10_08_ebie_kazushi001.jpg
タイフォンはほとんどの区間で開いたままとなっていた。
'11.10.8 東北本線 東大宮―蓮田
 10月8日、JR東日本横浜支社発足15周年を記念し、横浜→青森で〈つなげよう、日本。〉号が運転された。使用車輌は583系秋田車で、前面には〈みちのく〉のヘッドマークが掲げられた。
 なお8~9日にかけては、青森→酒田で〈つなげよう、東北。〉号として運転されている。
齋藤大暉(千葉県)
2011_10_08_ozawa_tadashi001.jpg 久しぶりに重連で運転された〈SLかわね路号〉。
'11.10.8 大井川鐵道大井川本線 千頭 P:小澤忠司

2011_10_09_tanaka_seiya001.jpg
多くのファンが待ち受ける有名撮影地を通過。

'11.10.8 大井川鐵道大井川本線 抜里―家山 P:田中誠也

2011_10_09_saito_daiki001.jpg
復路の次位にはオハニ36が連結され渋い編成となった電機牽引客車列車。

'11.10.9 大井川鐵道大井川本線 抜里―家山 P:齋藤大暉
 大井川鐡道では「全国SLサミット」および「SLフェスタ2011」開催にあわせ、10月8・9日に〈SLかわね路〉号を蒸機重連牽引で運転した。
 8日はC11 190とC56 144による重連、2日目となった9日はC11 190とC10 8の重連で、それぞれ旧型客車7輌を牽引した。なお、C11 190は今回の「全国SLサミット」に合わせてお召し仕様に戻されての運転となった。また、9日には電気機関車牽引による列車も運転され、E31形導入により去就の心配されるE102が旧型客車3輌を牽引した。

斉藤利正(広島県)
2011_10_08_saito_toshimasa001.jpg 瀬戸内海に沿って運ばれる名古屋市交通局N3000形。
'11.10.8 山陽本線 神代―由宇 P:斉藤利正

2011_10_09_inoue_ryoichi001.jpg
滋賀県内を行く、鶴舞線用N3000形甲種輸送列車。

'11.10.9 東海道本線 彦根 P:井上遼一
 2011(平成23)年10月8日(土)~9日(日)にかけて、山口県下松市にある日立製作所笠戸事業所において製造された名古屋市営地下鉄鶴舞線用の新型車輌N3000形6輌編成が笠寺まで甲種輸送された。列車は吹田機関区所属のEF66 113が牽引した。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年10月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.