鉄道ホビダス

2011年10月 7日アーカイブ

田中康平(愛知県)
2011_10_05_tanaka_kohei001.jpg
既存車の転属なども行われる中、続々と出場する313系。
'11.10.5 東海道本線 木曽川―尾張一宮
 2011(平成23)年10月5日(水)、日本車輌から313系1300番代4編成が出場し、豊川―豊橋―関ヶ原―名古屋―春日井の経路で試運転を行なった。
 編成は米原方から、B508編成(クハ312-1316+クモハ313-1316)+B507編成(クハ312-1315+クモハ313-1315)+B506編成(クハ312-1314+クモハ313-1314)+B505編成(クハ312-1313+クモハ313-1313)となっており、今年8月上旬に出場したB501~B504編成に引き続き神領車両区所属となる模様。
 なお、翌6日(木)には神領―南木曽―名古屋―南木曽―神領の経路で試運転が行なわれている。
天本 翼(福岡県)
2011_10_05_amamoto_tsubasa001.jpg
九州を走る新たな観光特急が博多で展示。
'11.10.5 鹿児島本線 博多
 10月8日から熊本―三角間で運転を開始する観光特急〈A列車で行こう〉が、10月6日に博多駅と熊本駅で一般公開された。博多での公開が終了後、熊本へと回送されている。
中司純一(兵庫県)
2011_10_05_nakatsukasa_junichi001.jpg
クモヤ145に挟まれ吹田工場に向かうC33編成。
'11.10.5 福知山線 塚口―尼崎
 10月5日(水)の回7770Mで、福知山電車区183系C33編成が吹田工場へ回送された。廃車目的と思われる。
 吹田方をクモヤ145-1126、福知山方を同1052に挟まれ、通電状態で回送された。
 今春の運用離脱後、183系A及びC編成は主に福知山電車区に留置されていたが、このC33編成がC編成では最後の留置編成であった。
 このC33編成には、簡易貫通型に改造されたクハ183-851が組み込まれていた。
中村悠久(広島県)
2011_10_04_nakamura_yukyuu001.jpg
ヘッドマークが取り付けられた"グリーンムーバーMAX"。
'11.10.4 広島電鉄宇品線 本通
 10月14日の「鉄道の日」にあわせて、広島電鉄では10月1日から14日まで"テッピー号"の運転が予定されている。
 昨年までは3000形を使用していたが、今年は"グリーンムーバーMAX"の5108号を使用している。 車内では6月5日に開催された第16回「路面電車まつり」で実施した写生大会での最優秀作品と優秀作品を含む入選作品を車内で展示。また、車輌前部には"テッピー"の絵柄のヘッドマークを取り付けている。
 この"テッピー号"は主に1号線(広島駅―紙屋町東―宇品港)で運行している。
津田隆星(東京都)
2011_10_04_tsuda_ryusei001.jpg スカイツリーを望みながら、隅田川を渡る。
'11.10.4 総武本線 両国―浅草橋 P:津田隆星

2011_10_04_iwamoto_yuta001.jpg
秋の日差しの下、長野へ。

'11.10.4 高崎線 岡部―本庄 P:岩本優太
  10月4日、幕張車両センター所属の217+211編成が、上越線経由で長野総合車両センターに向けて自力回送を行なった。4輌編成を2本連結しての回送はこれで最後であり、 JR東日本管内の113系は、マリ116編成4輌のみとなった。

宮島昌之(石川県)
2011_10_04_miyajima_masayuki001.jpg
413系が青色の姿になる日はいつになるのだろうか? 
'11.10.4 北陸本線 東金沢―森本
 10月4日(火)、金沢総合車両所所属の413系B07編成が849Mで七尾線の代走を行っているのを目撃した。足回りが塗り替えられて綺麗であったことから、ここ最近に金沢総合車両所松任本所を検査出場したものと見られる。
 車体の外装は従来の北陸色のままであったことから、重要部検査を受けての出場と思われる。
目黒佳一(愛知県)
2011_09_30_meguro_keiichi001.jpg
MLX01-901Aを先頭に小形山架道橋を通過する試験車輌。
'11.9.30 山梨実験線 リニア見学センター付近
 去る9月30日、山梨実験線の先行区間18.4kmにおいて新実験線への延伸前最後となる走行試験が行なわれた。現行区間での走行試験は1997年4月に始まり、これまでの走行距離は累計約87.4万kmにも及ぶ。
 最終日の30日は、東京方の車輌基地を起点に先行区間を4.5往復して走り込みを行ない、集まった人々にその勇姿を披露した。
 JR東海によれば、今後は新実験線42.8kmへの更新・延伸工事に専念し、2013年度中には新実験線の工事完了を目指したいとしている。また、新実験線完成後はL0系での走行試験を予定しているため、現行の試験車輌の処遇についても気になるところである。

【JR西】DD51 1109 宮原へ帰区

小西昌史(広島県)
2011_10_01_konishi_masashi001.jpg
ピカピカのEF65 1128にエスコートされて帰区するDD51 1109。
'11.10.1 山陽本線 白市―入野
 山陰本線経由でSL〈やまぐち〉号重連イベント用の12系客車6輌を牽引してきた宮原総合運転所のDD51 1109が、10月1日に下関から宮原へと輸送された。
 この日の牽引機は全検出場間もないEF65 1128が担当、ピカピカのEF65+国鉄色のDD51のコンビが実現して日中に山陽路を上った。
大平雅明(愛知県)
2011_10_01_ohira_masaaki001.jpg
日本海をバックに門鉄デフC57が快走。
'11.10.1 信越本線 鯨波―青海川
 信越本線直江津―関山間が今年で開業125周年を迎えるのを記念し、10月1日(土)、2日(日)に〈SL信越線開業125周年号〉が運転された。運転区間は往路となる10月1日が長岡―直江津間、復路の10月2日が新井―長岡間(いずれも片道運転)で、C57 180が〈ばんえつ物語〉用12系7輌を牽引した。
 なおC57 180は、9月17日よりデフレクターがいわゆる「門鉄デフ」となっている。また、スノープラウも装備されており、門鉄デフ+スノープラウで信越本線を運転するのは初めてのことである。
岩片浩一(東京都)
2011_10_03_iwakata_koichi001.jpg
新幹線の高架下をゆく"山スカ"の訓練車。
'11.10.3 東北本線 赤羽―尾久(東十条付近)
 10月3日、豊田車両センターの訓練車である115系トタW2編成が豊田→新宿→東大宮操→尾久の経路で回送された。
中司純一(兵庫県)
2011_10_03_nakatsukasa_junichi001.jpg
クモヤ145-1001を先頭とした回7770M。
'11.10.2 福知山線 塚口―尼崎
 10月3日(月)朝の回7770Mで、福知山電車区のワンマン対応113系S2編成(JR西日本アーバン色)が吹田工場へ回送された。
 吹田方をクモヤ145-1001、福知山方を同1003に挟まれての通電状態での回送であった。
馬場 剛(埼玉県)
2011_10_02_baba_tsuyoshi001.jpg
良好な光線下の中、DD16と風っこの組み合わせが走る! 
'11.10.2 小海線 甲斐小泉―小淵沢
 2011年10月1日(土)・2日(日)、小牛田運輸区所属の"びゅうコースター風っこ"を使用した快速〈風っこ八ヶ岳高原号〉が中込―小淵沢間で運転された。
 全区間とも、長野総合車両センター所属のDD16 11が牽引するかたちでの運転となり、DD16 11には特製のヘッドマークが掲出された。
 なおDD16 11であるが、営業運転としては快速〈風っこ八ヶ岳高原号〉の運用が今年初となり、沿線にはその姿を収めようと多数のレイルファンが見られた。
宮島昌之(石川県)
2011_10_02_miyajima_masayuki001.jpg 自由通路の東口。手前の左右に見える工事用囲いの上を通って新幹線の高架橋が建設される。
'11.10.2 北陸本線 西金沢

2011_10_02_miyajima_masayuki002.jpg
自由通路の西口。視界には更地が広がり少々閑散とした雰囲気だが、今後駅西広場などの整備が予定されている。

'11.10.2 北陸本線 西金沢

2011_10_02_miyajima_masayuki003.jpg
橋上駅舎改札付近の様子。

'11.10.2 北陸本線 西金沢
 JR西金沢駅周辺での再整備事業及び北陸新幹線支障移転に伴ない、工事が進められていた同駅の新しい橋上駅舎が完成、また隣接の東西へ通じる橋上の自由通路もあわせて開通したことから、2011年10月2日(日)より全面供用が開始された。
 両建物とも旧跨線橋より米原方に建てられ、自由通路には階段の他にエレベーターを設置、駅改札内にもホームへ通ずるエレベーターを設けるなど、バリアフリー化を実現している。
 東口で2箇所設けられる階段のうち、現在は1箇所のみが完成し、残りの北陸鉄道石川線新西金沢駅寄りの階段は第二期工事で施工される予定となっている。
 一方、反対の西口を出て左手には住宅地、正面から右手には、かつてあった日本たばこ産業(株)金沢工場跡が更地となって広がっており、見た目閑散とした雰囲気だが、駅西広場や公園、駅西アクセス道路の施工を手始めに、これから徐々に周囲の整備が進むものと思われる。

伊須原公祐(兵庫県)
2011_10_02_isuhara_kimisuke001.jpg
臨時の幕に「全国登山鉄道‰会」のヘッドマークを掲げて運転された。
'11.10.2 神戸電鉄粟生線 藍那―西鈴蘭台
 2011年10月2日(日)、毎年鉄道の日を記念して開催される「神鉄トレインフェスティバル」が今年も神戸電鉄・鈴蘭台車庫で開催され、多くのレイルファンや家族連れで賑わった。  車輌に乗ったままの洗車体験や、6000系ミニトレインの運転、ちびっこ運転士・車掌体験などの他、今年は神鉄粟生線沿線のB級グルメが味わえる屋台も出展した。また、見津車庫での車輌撮影会のために今年も午前と午後に6000系による特別列車が運転された。  会場内では神戸電鉄粟生線活性化協議会や沿線の高校の生徒がチラシやアンケートを配るなど、ピーク時に比べ年間利用者が半分以下に減少している粟生線の活性化を訴えていた。
佐久間悠太(東京都)
2011_10_02_sakuma_yuta001.jpg
中央線での営業運転を控え、山線で試運転を行った。
'11.10.2 中央本線 相模湖-高尾
 10月1日から、大宮総合車両センター所属の253系1000番代OM-N01編成が豊田車両センターに貸し出され、中央本線で試運転を行なっている。これは10月8日から運行される特急〈はちおうじ日光〉にむけた乗務員の習熟訓練と思われる。なお、試運転の経路は豊田―四方津―相模湖―大月―豊田であった。
穂積諒介(東京都)
2011_10_01_hodumi_ryosuke001.jpg
八王子へ向かうEF65 1101+西武新101系。
'11.10.1 中央本線 立川―日野
 10月1日に西武新101系249F(夏編成)の甲種輸送が新秋津―新座ター八王子の行程で行なわれた。新秋津までは西武鉄道新101系263F、JR線内はEF65 1101が牽引した。なお、翌2日未明に八王子から武蔵境へと輸送されている。
福田智志(埼玉県)
2011_10_02_fukuda_satoshi001.jpg 昨年引退した101系のクハ1224が旧塗装に復元された。
'11.10.2 西武鉄道 横瀬車両基地 P:福田智志

2011_10_02_fukuda_satoshi004.jpg
保存されている機関車が勢揃い。

'11.10.2 西武鉄道 横瀬車両基地 P:福田智志

2011_10_02_nakamura_naoki001.jpg
E31などの機関車の図柄のヘッドマーク付いた30000系38107編成使用の臨時急行。朝の横瀬行きは「臨時」表示。

'11.10.2 西武鉄道池袋線 所沢―西所沢 P:中村直樹

2011_10_02_hodumi_ryosuke001.jpg
復路の急行池袋行。

'11.10.2 西武鉄道池袋線 ひばりヶ丘―保谷 P:穂積諒介
 西武鉄道は、鉄道の日を記念して10月2日に「西武トレインフェスティバル2011 in 横瀬」を横瀬車両基地で開催した。会場では、保存されている機関車や5000系レッドアローの展示、鉄道グッズの販売などを行なった。また、昨年引退した101系のクハ1124が新たに展示され、登場当時の旧塗装に復元された。
 なお池袋―横瀬間で運転の臨時列車には30000系が充当され、ヘッドマークを取り付けて運転している。

井口昌幸(大阪府)
2011_10_02_iguchi_masayuki001.jpg
USJ塗装の103系と201系が並ぶ。
'11.10.2 森ノ宮電車区
 10月2日、大阪環状線50周年を記念して事前申込・抽選制による森ノ宮電車区公開が実施された。
増永祐一(神奈川県)
2011_10_01_masunaga_yuichi001.jpg いよいよお目見えとなった「花電車」。デコレーションケーキをイメージしたもの。
'11.10.1 東京都交通局 荒川電車営業所 P:増永祐一

2011_10_01_minami_teruaki001.jpg
「花電車」出発に際してのテープカット。阪堺電車のキャラクター"ちん電くん"もゲストで登場。

'11.10.1 東京都交通局 荒川電車営業所 P:南 輝明

2011_10_01_masunaga_yuichi002.jpg
夕暮れ時以降はライトアップが行なわれた。行先表示器部分は前後で異なり、こちら側は「がんばろう 日本!」と書かれている。

'11.10.1 東京都交通局荒川線 面影橋―学習院下 P:増永祐一

2011_10_01_hamada_takayuki001.jpg
都民の日の夜を明るく照らす。

'11.10.1 東京都交通局荒川線 飛鳥山―王子駅前 P:濱田昂之
 10月1日(土)、東京都交通局の創立100周年を記念して、都電荒川線では33年ぶりとなる「花電車」が運転された。当初は「路面電車の日」にあわせて6月に運転を開始する予定だったが、先の震災の影響による電力事情を考慮し、延期となっていた。
 運転に先立ち、荒川電車営業所では「荒川線の日 2011」記念イベントが行なわれた。12時30分に「花電車」に充当される花100形電車が来場者に披露され、13時30分に出発式、そして14時00分に荒川電車営業所を出発した。
 荒川電車営業所や荒川線沿線各所には33年ぶりの「花電車」を撮影もしくは見物すべく、レイルファンや沿線住民、観光客など多数の観衆が集結し、そのため警備員や警察官、交通局の職員が多数配置された。また時間帯によっては「花電車」に前後して"回送車"表示の電車が運転されていたが、警備員の制服を着用した人が多数乗車していたので、警備員輸送のための専用列車と思われる。
 今回の「花電車」はこのあと、10月10日(月・祝)・16・23・30日(いずれも日曜)にも運転される予定。10月中の5日間のみという「花電車」であるが、今後も何らかの形で運転が行われることを期待したい。
 なお「荒川線の日 2011」記念イベントでは、都電荒川線グッズの販売や、都電荒川線とPR相互乗り入れを行なっている阪堺電気軌道・南海電鉄のグッズ販売も行なわれ、前月にデビューした〈サザンプレミアム〉の12000系関連商品も見られた。

斉藤利正(広島県)
2011_10_01_saito_toshimasa001.jpg
瀬戸内海を横に甲種輸送されるE657系。
'11.10.1 山陽本線 神代―由宇
 2011(平成23)年10月1日(土)~2日(日)にかけて、山口県下松市の日立製作所笠戸工場で落成したE657系5輌(K-2編成)の甲種輸送が下松―徳庵間で行なわれた。今後この5輌は、近畿車輌で落成の残り5輌と連結され、所属先の勝田車両センターへ甲種輸送される予定。  なお、牽引機は吹田機関区所属EF66 109だった。
井上遼一(大阪府)
2011_10_01_inoue_ryoichi001.jpg
北急線で試運転を行なう、御堂筋線用30000系。
'11.10.1 北大阪急行電鉄南北線 桃山台
 2011年12月より営業運転開始予定の大阪市交通局御堂筋線用30000系は、各種性能試験や乗務員のハンドル訓練などが続いているが、9月29日(木)からは北大阪急行電鉄の千里中央ー―江坂間で試運転が行なわれている。
 北大阪急行電鉄の乗務員が性能確認やホームでの停車状況などを念入りに確認していることから、各種性能試験と乗務員のハンドル訓練を目的とした試運転だと思われる。
酒井健一郎(東京都)
2011_10_01_sakai_kenichiro002.jpg 秋晴れの多摩川をEF64とDE10に牽かれ行く、元205系。
'11.10.1 武蔵野貨物線 梶ヶ谷貨物ターミナル―府中本町 P:酒井健一郎

2011_10_01_suzuki_ryo001.jpg
西武新101系夏編成の甲種輸送とすれ違う。

'11.10.1 武蔵野線 東所沢―新秋津 P:鈴木 亮

2011_10_01_sakai_kenichiro001.jpg
DE10は新座(タ)から大月まで最後部に。

'11.10.1 中央本線 立川―日野 P:酒井健一郎
 9月30日から10月2日にかけて、長野総合車両センターにて改造された富士急行向け車輌(元京葉線205系)3輌編成がEF64の牽引で長野から大月まで甲種輸送された。運転経路は長野―八王子―梶ヶ谷(タ)―新座(タ)―八王子―大月であった。
 富士急行向け車輌は、元モハ205に運転台取り付け、通風器撤去、車外スピーカーと半自動用ドアボタン取り付け、行先表示器LED化等の改造が行なわれている。
 また特筆する点は、大月での引き渡しに入換機が必要なことから、梶ヶ谷(タ)よりDE10が同時に輸送され、梶ヶ谷(タ)―新座(タ)間が重連、新座(タ)からはプッシュプル形態で運転されたことである。
 なおEF64は1024号機、DE10は1101号機が充当された。

大川哲也(福岡県)
2011_10_01_okawa_tetsuya001.jpg
"コスモス号"ヘッドマークを取付けたAR303。
'11.10.1 甘木鉄道甘木線 基山
 甘木鉄道では、10月1日より今年の"コスモス号"の運転を開始した。今年は、国鉄風塗装になったAR303の前面貫通扉にヘッドマーク、室内にコスモスの造花を取付けて運転されている。
石丸純也(東京都)
2011_10_01_ishimaru_junya001.jpg
京浜東北・根岸線では珍しいヘッドマークの掲出。初日は21A運用に。
'11.10.1 京浜東北線 大井町―大森
 10月1日より、浦和電車区所属のE233系1000番代ウラ101編成に、さいたま市制10周年のヘッドマークが掲出されている。16日まで運行される予定で、同様のヘッドマークはさいたま市内を走る他の路線でも掲出されている。

【広島電鉄】花電車運転

斉藤利正(広島県)
2011_09_29_saito_toshimasa001.jpg 広島市内で交通安全をPRする「花電車」こと貨51号。
'11.9.29 広島電鉄本線 西観音町―福島町

2011_09_29_saito_toshimasa002.jpg
さまざまなシーンにおいてPRを行う「花電車」。

'11.9.29 広島電鉄本線 観音町―天満町
 「秋の全国交通安全運動」の一環として、広島電鉄では2011(平成23)年9月21日(水)~30日(金)の間、交通安全をPRする花電車を運転した。
 花電車は貸51号が使用され、側面には「平成23年交通安全運動」のスローガンである「あぶないよ いそぐきもちが じこのもと」が書かれていた。

船山太一(神奈川県)
2011_09_30_funayama_taichi001.jpg 車体ラッピング最終日の"小田急 F-Train"。
'11.9.30 小田急電鉄小田原線 座間―海老名

2011_09_30_funayama_taichi002.jpg
何気ない様子で車体ラッピング最後の旅路を迎えた。

'11.9.30 小田急電鉄小田原線 厚木―海老名
 8月3日から運行されていた3000形3093F使用のラ特別電車"小田急 F-Train"が、9月30日の6808レを以って車体ラッピング車としての運行を終了した。沿線には運行終了を哀しむ親子連れやファンで賑わっていた。しかし内装に関しては今後もそのままにする。

玉谷勇吉(兵庫県)
2011_09_29_tamatani_yukichi001.jpg
8000系では初のLED行先表示器採用。
'11.9.29 阪神電鉄阪神本線 甲子園
 阪神尼崎車庫(阪神車両メンテナンス)に入場していた8000系8231Fがリニューアル工事を終了し、9月28日(水)の741列車(阪神梅田7:07発急行甲子園行き)から運用に復帰した。
 これまでの8000系リニューアル車は外観の塗装変更や中間車のセミクロスシート化などが重点的だったが、今回の更新ではこれに加えて行先表示器のフルカラーLED化や標識灯の変更などが行なわれている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年10月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.