鉄道ホビダス

JR東+三陸鉄道】36形が検査で盛岡へ

戸村 学(東京都)
2011_09_06_tomura_manabu001.jpg
DE10に牽引されて閉伊川の橋梁を渡る回9639レ。
'11.9.6 山田線 陸中川井―箱石
 三陸鉄道北リアス線で使用されている36-102が、9月6日に盛岡まで回送された。これは東日本大震災で同鉄道に不通区間があり車輌検査が行えないため、代わりに盛岡車両センターで実施するために運転されたもの。宮古―茂市間は自力走行、茂市―盛岡間は青森車両センターのDE10 1122が牽引した。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年9月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.