鉄道ホビダス

2011年9月27日アーカイブ

宮島昌之(石川県)
2011_09_24_miyajima_masayuki001.jpg 予想外のサプライズ! はNT801・NT802。綺麗にお色直しを受けピカピカに!
'11.9.24 のと鉄道七尾線 穴水

2011_09_24_miyajima_masayuki002.jpg
穴水に到着した直通臨時列車。復路出発までは車輌展示のお仕事。

'11.9.24 のと鉄道七尾線 穴水(穴水運転区)

2011_09_24_miyajima_masayuki003.jpg
今年は保守用車輌も勢ぞろい。ロータリーラッセル、マルタイ、バラスト散布車。

'11.9.24 のと鉄道七尾線 穴水

2011_09_24_miyajima_masayuki004.jpg
この日は通常募集での「運転体験」が行なわれ、NT204が使用された。

'11.9.24 のと鉄道七尾線 穴水(穴水運転区)
 2011年9月24日(土)、25日(日)の両日、のと鉄道穴水駅及び隣接の穴水運転区で「のと鉄道フェスティバル2011」が開催され、多くの家族連れやレイル・ファンなどで賑わった。
 例年「鉄道の日」に合わせて10月開催となるが、今年は9月に前倒しされ、さらに期間も2日間に増しての開催となっている。
 24日(土)は晴天に恵まれ、穴水運転区構内では車輌展示のほか、恒例の軌道自転車体験、NT213を相手に「のと鉄道列車と綱引き」が行なわれた。
 車輌展示では、同日に金沢から直通臨時列車として到着したキハ47+キハ40や保線車輌のほか、同駅で静態保存されているNT801・NT802と、お座敷車"やすらぎ"NT127の車内が特別に公開され、見学や休憩室に使用された。
 特に一番のサプライズ! はNT801・NT802で、まるで全般検査を受けた直後の様に車体外装や床下機器の塗装が新たに塗り替えられており、現役の車輌かと勘違いしてしまうほど綺麗な姿となっていた。
 一方、駅構内では四季を通じて撮影された「のと鉄道」の列車と風景の写真展示、鉄道模型の運転体験が行なわれたほか、駅前広場では地元ミュージシャン出演によるライブ演奏や飲食、鉄道グッズの売店などが並んだ。

星出昌宏(山口県)
2011_09_24_hoshiide_masahiro001.jpg DD51756牽引により、福川駅を通過するタキ1100形11連。
'11.9.24 山陽本線 福川 P:星出昌宏

2011_09_24_saito_toshimasa001.jpg
普段はあまり目にすることのできない瀬戸内海に沿って、新南陽へ向かうタキ1100形の走る光景が見られた。

'11.9.24 山陽本線 富海―戸田 P:斉藤利正
 美祢線復旧に伴うタキ1100形11輌の試運転は9月24日午前中に、厚狭―美祢間で1往復行なわれたが、その後同車は、乗務員訓練のため、門司機関区DD51 756の牽引で新南陽に向けて運転された。

斉藤利正(広島県)
2011_09_23_oshita_hideyuki001.jpg C57とC56の重連がオリジナルの12系客車を牽引。
'11.9.23 山口線 長門峡―渡川 P:大下秀幸

2011_09_23_saito_toshimasa001.jpg
近年、さまざまな編成で重連運転されるようになったSL〈やまぐち〉号。

'11.9.23 山口線 徳佐―船平山 P:斉藤利正

2011_09_23_saito_toshimasa002.jpg
往路は重連運転、復路はプッシュプル運転を行うSL〈やまぐち〉号も最近では多くなった。

'11.9.23 山口線 津和野―船平山 P:斉藤利正
 山口線 新山口―津和野間で運転されているSL〈やまぐち〉号だが、2011(平成23)年9月23日(金・祝)~10月16日(日)までの土日祝日において、梅小路運転区所属のC57 1とC56 160が重連で、京都総合運転所所属の12系客車6輌を牽引して運転されている。
 なお、すべての期間において往路は重連運転、復路はプッシュプル運転を実施し、ヘッドマークは通常のものとされる。

【JR貨】DD51 1027 門司へ回送

小西昌史(広島県)
2011_09_23_konishi_masashi001.jpg
1027号機は東北仕様そのままで門司区へ回送。
'11.9.23 山陽本線 宇部―厚東
 吹田にしばらく留置されていたDD51 1027号機が9月21~23日にかけて門司区へ回送された。9月21日は2077レ、9月22~23日は8867レ~8869レと、岡山区や広島車両所には留まらず回送された。  なお、1027号機は前面のプロテクターを全て装着した状態のまま回送されている。756号機は城東貨物線で一時運転士側もプロテクターを付けたまま運用についていたが、後に運転士側のプロテクターが外され、その後広島車両所で旋回窓も外されている。
 1027号機が今後どのようなスタイルで運用に就くか注目される。
廣島一貴(東京都)
2011_09_23_hiroshima_kazutaka001.jpg
1年以上続いた山手6ドア車配給輸送もこれで終了。
'11.9.23 中央本線 中野―高円寺
 9月23日、山手線E231系6ドア車の配給輸送が大崎―長野間にてEF64 1032の牽引で、元ミツB27編成の中間に組み込まれる形で実施された。
 今回輸送されたのは山手線に最後まで6ドア車を組み込んでいたトウ501編成とトウ502編成に連結されていたものであった。
 また、今回の輸送をもってE231系500番代の6ドア車は完全に消滅することになる。
石堂広知(東京都)
2011_09_21_ishido_hirotomo001.jpg
台風接近の中、終着駅を目指して力走する。
'11.9.21 信越本線 北長野―長野
 9月20日~21日にかけて、秋田車両センター所属の583系6輌(クハネ583-5+モハネ583-6+モハネ582-6+モハネ583-12+モハネ582-12+クハネ583-20)が秋田→長野総合車両センターで回送された。
 全区間を自力走行、前面の幕は抜かれて紙で「回送」と書かれたものが貼られていた。
 現在、秋田車両センターには、元仙台車両センター所属の583系6輌(N-1+N-2)が転属している。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年9月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.