鉄道ホビダス

2011年9月20日アーカイブ

宮島昌之(石川県)
2011_09_17_miyajima_masayuki002.jpg 雨の能登中島駅。久しぶりに能登半島に国鉄型気動車が姿を見せた。
'11.9.17 のと鉄道七尾線 能登中島

2011_09_17_miyajima_masayuki003.jpg
田鶴浜駅で交換を行うNT212(のとドン号)とキハ47形(高岡色)。

'11.9.17 のと鉄道七尾線 田鶴浜
 2011年9月17日(土)、富山地域鉄道部高岡運転派出所属のキハ47形(高岡色)2輌編成が、のと鉄道七尾線を走行した。
 入線したのは穴水方よりキハ47 140+キハ47 1029で、これは9月24日(土)、25日(日)両日に、金沢―穴水間(のと鉄道七尾線へ乗り入れ)で予定されている直通列車に備えての試運転とみられる。
 2008年に同様に直通運転を行なった臨時〈能登ふるさと博号〉(キハ58系国鉄急行色)でも、本運転の前に実車を使った事前運転(試運転とみられる)が行なわれていることから、今回はいつ実施されるのかがレイル・ファンの間で話題になっていた。
 電化前の国鉄七尾線ではキハ58系やキハ20系等が主役であったことから、送り込みで通ったJR七尾線を含め両線でのキハ40系(47形)の入線は特に珍しい光景となった。
 同編成は翌18日(日)午後に、北陸本線を富山方に走行しているのを確認しており、一旦所属先の高岡に返却されたものとみられる。そのため、実際の本運転ではどの編成が使用されるのかが楽しみのひとつとなりそうだ。
 なお直通列車本運転の日には、のと鉄道穴水駅及び構内周辺で「のと鉄道フェスティバル2011」が開催されるが、あわせて直通列車到着の際に「歓迎セレモニー」も執り行なわれる予定である。また能登中島駅では25日(日)に、恒例となった「ふるさと鉄道保存協会北陸事務局・鉄道郵便ワーキンググループ」主催の鉄道郵便車一般公開「鉄道郵便車フェスティバル2011・オータム」も開催される予定とのことで、レイル・ファンには注目の2日間となりそうだ。

高橋孝一(群馬県)
2011_09_18_takahashi_koichi001.jpg デキ3がJRの旧型客車スハフ42を牽引。
'11.9.18 上信電鉄本社 P:高橋孝一

2011_09_18_oba_makoto001.jpg
デキ3+スハフ42 2173が高崎―下仁田間を1往復。どこか懐かしいような雰囲気。

'11.9.18 上信電鉄上信線 根小屋―南高崎 P:大場 真
 群馬の中小私鉄3社を応援する「頑張るぐんまの中小私鉄フェア」が、高崎の上信電鉄本社で9月18日に開催された。999号やED316などの展示のほか、特に注目を集めたのがデキ3とJRの旧型客車スハフ42。デキ3は、この展示のあと旧型客車1輌を牽引して、下仁田まで特別臨時列車として運行された。なお、相棒のデキ1も修理中ながら車内見学が可能であった。

妹背光洋(大阪府)
2011_09_17_imose_mitsuhiro001.jpg D653+D932編成で代走する〈オーシャンアロー1号〉。先頭はLED幕無表示のクロ381-5。
'11.9.17 阪和線 長滝―新家

2011_09_17_imose_mitsuhiro002.jpg
最後尾のクハ381-108は白幕表示。

'11.9.17 阪和線 長滝―新家
 台風12号の影響で運転を中止していた特急〈オーシャンアロー〉だが、9月17日より運転が再開された。しかし車輌不足のため381系パノラマ編成9輌が代走した。
 方向幕は、パノラマグリーンの先頭車クロ381-5はLED幕無表示、最後尾のクハ381-108は白幕で、横の行先表示幕も白幕であった。

小西泰平(大阪府)
2011_09_16_harada_takashi001.jpg 天王山を背景に快走する24系25形。
'11.9.16 東海道本線 山崎―長岡京 P:原田敬司

2011_09_17_saito_toshimasa001.jpg
8月下旬から毎週のように山陽本線を下関を下った〈トワイライトエクスプレス〉編成。

'11.9.17 山陽本線 厚狭―埴生 P:斉藤利正

2011_09_17_saito_toshimasa002.jpg
山陽本線では、久しぶりの寝台客車列車の走行となった。

'11.9.17 山陽本線 宇部―厚東 P:斉藤利正

2011_09_18_konishi_taihei001.jpg
山陽本線の名撮影地"スマシオの大カーブ"を往く。

'11.9.18 山陽本線 塩屋―須磨 P:小西泰平
 2011(平成23)年9月16日(金)から18日(日)にかけて、宮原総合運転所所属の24系〈トワイライトエクスプレス〉編成10輌による団体臨時列車が運転された。
 往路は大阪→京都→米原→(北陸本線経由)→敦賀→(湖西線経由)→京都→大阪→下関で、復路は下関→大阪。
 復路の牽引機は、9月9日(金)から11日(日)に運転された時と同様、下関車両センター所属のEF65 1135で、ヘッドマークも掲げられた。

海老江和賜(千葉県)
2011_09_17_ebie_kazushi001.jpg
"貫通扉の切れ目"と"グレーの床下"が旧仙台車の証。
'11.9.17 京葉線 新浦安
 9月16日青森発で、団体臨時列車〈わくわくドリーム〉が青森―舞浜間で運転された。使用車輌は秋田車両センター所属の583系であるが、今回が仙台車両センターから転属後初の同運用となった。
 なお前面には従来のものと同じデザインのヘッドマークが掲出された。
熊崎耕介(愛知県)
2011_09_17_kumasaki_kosuke001.jpg
東海道本線の運用に就く。
'11.9.17 東海道本線 愛知御津―三河大塚
 9月17日(土)、大垣車両区に転属した元神領車両区所属の313系3000番代R101編成とR102編成が東海道本線運用に就いているのを確認した。現在、暫定的に所定211系0番代の運用に入っている。なお211系0番代は、大垣車両区から神領車両区に転属している。
長谷川航大(千葉県)
2011_09_17_hasegawa_koudai001.jpg
日本三大車窓を横目に関東へ向かう。
'11.9.17 篠ノ井線 桑野原信―姨捨
 9月17日、山手線E231系6扉車配給輸送の伴車に使用されたE231系元ミツB27編成が、長岡車両センターのEF64 1032の牽引により北長野から大崎へと配給輸送された。
 通例だと北長野から新津へ輸送され、山手線用E231系4扉車を組み込んで関東へ輸送されていたが、山手線E231系4扉車の新造が終わったことより、6輌編成のまま中央本線経由での輸送となった。

【JR貨】EF81 303が富山へ

斉藤利正(広島県)
2011_09_16_nakamura_yukyu001.jpg 再び北陸の地へ。
'11.9.16 山陽本線 廿日市─五日市 P:中村悠久

2011_09_16_saito_toshimasa001.jpg
EF66 104の牽引で山陽本線を上る。

'11.9.16 山陽本線 和木―大竹 P:斉藤利正

2011_09_17_miyajima_masayuki001.jpg
日本海縦貫線では17日の3091レの本務機(EF81 502)次位に連結。再び日本海を横目に颯爽と駆け抜ける"銀釜"の姿が見られそうだ。

'11.9.17 北陸本線 津幡―倶利伽羅 宮島昌之
 東日本大震災からの復旧にともなう日本海縦貫線輸送増強のため、一時的に約2ヵ月間、富山機関区へ貸し出されていた門司機関区のEF81 303だが、2011(平成23)年9月16日(金)の2074レ本務機次位無動力(本務機EF66 104)で再び富山機関区へ運ばれている。同車は貸出となるものと思われる。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年9月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.