鉄道ホビダス

【マレー鉄道】シンガポール国内区間が廃止

松原政明(神奈川県)
2011_06_30_matsubara_masaaki001.jpg 多数の人だかりの中、予定より35分遅れて到着したシンガポール着の最終列車。
'11.6.30 マレー鉄道ウェストコースト線 シンガポール

2011_06_30_matsubara_masaaki002.jpg
古い駅舎が残るブキィ・ティマ信号場にも多くの人が詰めかけ、通過列車を見送る。

'11.6.30 マレー鉄道ウェストコースト線 ブキィ・ティマ信号場

2011_06_30_matsubara_masaaki003.jpg
ローカル便としては最終となる18時55分発の列車に乗り込む人々。

'11.6.30 マレー鉄道ウェストコースト線 シンガポール

2011_06_30_matsubara_masaaki004.jpg
最後の朝を迎えたシンガポール駅。壮観な佇まい。

'11.6.30 マレー鉄道ウェストコースト線 シンガポール
 マレー鉄道のシンガポール国内区間であるシンガポール―ウッドランズ間(約25km)が、6月30日22時30分発のマレーシア・クアラルンプール行き最終列車をもって廃止され、1932年開業以来79年にわたる歴史に終止符を打った。
 当日のシンガポール駅及びブキッ・ティマ信号場等では多数のシンガポール市民や外国人など、名残りを惜しむ乗客・見学者で終日賑わっていた。
 なお、シンガポール駅舎自体は今後も保存される模様。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年7月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.