鉄道ホビダス

【JR北】711系国鉄色営業運転開始

原 将人(北海道)
2011_06_17_hara_masato001.jpg
オリジナルに近い2編成がペアを組み、6連での運転。
'11.6.17 函館本線 豊幌―江別
 7月から実施される「プレ北海道デスティネーションキャンペーン」の一環で、旧塗色に変更を受けた711系のS-110編成は、苗穂工場出場後6月10日より営業運転に投入された。
 10~12日は手稲→東室蘭の2726Mを皮切りに千歳線・室蘭本線で活躍、13日からは函館本線へと舞台を移し、小樽―旭川間で単独3連または他編成との6連で、普通・区間快速で運用され、沿線を訪れた撮影者の話題となっている。
 ファンの間では、S-110編成同様に冷房化や3ドア化を受けていないもう1編成、S‐114との6連がいつ実現するかに注目が集まっていたが、17日の2146Mで両者の共演が実現した。
 工場内試運転時には助士席側窓にステッカーで表示されていた編成番号は、営業時には貫通扉窓に再設置された表示器に改められており、より国鉄時代に近い姿に変化したのは嬉しいところだ。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年6月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.