鉄道ホビダス

【JR西】新製287系が7連で福知山線を走行

中司朔良(兵庫県)
2011_05_16_nakatsukasa_sakura001.jpg
クモハ287-11を先頭とした回7770M。
'11.5.16 福知山線 塚口―尼崎
 今春のダイヤ改正で営業運転を開始した福知山電車区の新鋭287系だが、現在のところ福知山線内の運転は1日2仕業で、4連のFA編成と3連のFC編成が、各々単独で運用されている。
 そんな中、過日近畿車輛を出場し、6月から運用に就く予定の増備編成が、5月16日(月)の早朝、FC+FAの7連で福知山線を回送する姿が見られた。
 この増備により、6月初めには381系FH編成が置換えられることになる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年6月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.