鉄道ホビダス

2011年6月24日アーカイブ

宮島昌之(石川県)
2011_06_24_miyajima_masayuki001.jpg C11編成にラッピングが施された。
'11.6.24 北陸本線 東金沢―森本

2011_06_24_miyajima_masayuki002.jpg
オリジナルヘッドマークは正式運転開始までお預けのようだ。

'11.6.24 北陸本線 東金沢―森本
 JR七尾線は今年9月に電化開業20周年を迎えまるが、石川県能登地方全域で来月より開催される「能登ふるさと博」とも連携したさまざまな記念事業が予定されている。
 そんな中、2011年6月24日(金)、金沢総合車両所所属の415系800番代の1編成にラッピングが施され、841Mにて営業運転を行っているのを確認した。
 ラッピングされたのは茜色のC11編成で、デザインは中間2輌目の"七尾とうはくん号"の文字ロゴを中心に、七尾市出身の画聖長谷川等伯をモチーフにしたキャラクター"とうはくん"と水墨画の風景をイメージした絵柄になっている。
 JR西日本金沢支社発表のプレスリリースによると、来月7月1日(金)に七尾駅で出発式を行ない正式に運転開始、9月30日(金)まで運行する予定となっている。オリジナルヘッドマークも準備される予定とのことだが、写真を撮影したこの日には掲出されておらず、正式運転開始の日が楽しみである。
 なお、他2編成についても地域色豊かなラッピングが施される予定となっている。

伍賀渓介(東京都)
2011_06_22_goga_keisuke001.jpg
昨年のものに比べて大型化されたヘッドマーク。
'11.6.22 小田急電鉄小田原線 成城学園前
 6月21日頃から、小田急線4000形の4058×10と4061×10の2編成に、「花と寺社めぐりスタンプラリー」のヘッドマーク(シール式)が掲出されている。
 これは、5月27日~8月31日まで実施されている「2011年春・夏 ゆるり散策、私鉄沿線 花と寺社めぐりスタンプラリー」をPRするものである。
海老江和賜(千葉県)
2011_06_23_ebie_kazushi001.jpg 京葉車両センターを後にする201系。
'11.6.23 京葉線 新習志野 P:海老江和賜

2011_06_23_nishikawa_hideki001.jpg
海浜幕張を通過する。編成札は付けられたまま。

'11.6.23 京葉線 海浜幕張 P:西川英希

2011_06_23_tsuda_ryusei001.jpg
久し振りにこの場所を走って、何を思うのだろうか。

'11.6.23 総武本線 秋葉原―御茶ノ水 P:津田隆星

2011_06_23_shimoda_hiroyuki001.jpg
県境、小仏へ向け進行する。

'11.6.23 中央本線 高尾―相模湖 P:霜田博行

2011_06_23_ebie_kazushi002.jpg
方向幕は抜かれた状態で回送。小さいながらも「201系 おつかれさまでした」の文字が。

'11.6.23 京葉線 新習志野 P:海老江和賜
 6月23日、京葉車両センター所属の201系K4+54編成が、廃車目的のため新習志野―誉田―千葉―新宿―長野の行程で長野車両センターへ回送された。
 同編成は、京葉線で活躍する201系の中で最後の1本として活躍、6月7日から20日までヘッドマークを掲げて有終の美を飾った。

石井裕哉(神奈川県)
2011_06_23_ishii_yuya001.jpg
夕日に照らされ、「東海道線」の小田原を行く。
'11.6.23 東海道本線 小田原
 東急車輛を出場した小田急4000形4064Fの小田原方4輌が、6月23日に逗子→新鶴見信→松田の経路で甲種輸送された。
 牽引機は逗子→新鶴見(信)がDE10 1749で、新鶴見(信)→松田はEF65 1079だった。

【JR貨】DD51 1027回送

渡辺基幸(福井県)
2011_06_23_watanabe_motoyuki003.jpg
プロテクターと旋回窓を装備するDD51 1027が梅雨空の下、回送される。
'11.6.23 北陸本線 森田―福井
 6月23日運転の3092列車で、DD51 1027が吹田(信)までEF510-15の次位に連結されて無動回送された。
玉木裕一(埼玉県)
2011_06_22_tamaki_yuichi001.jpg
首都圏から離れ直江津へ目指す。
'11.6.22 京葉線 南船橋
 6月22日、京葉車両センター所属の205系ケヨ9編成のうち4輌が疎開のため、新習志野から直江津へとEF64 1030の牽引により配給輸送された。
宮島昌之(石川県)
2011_06_21_miyajima_masayuki001.jpg 〈北越6号〉で姿を見せたR27編成。乗務員室側面のウイングマークが消えた。
'11.6.21 北陸本線 津幡―森本

2011_06_22_miyajima_masayuki001.jpg
反対側も撤去済み。検査明けで綺麗とはいえ少々淋しい姿に。

'11.6.22 北陸本線 金沢
 新潟車両センター所属485系R27編成の外観上の特徴でもあった乗務員室側面のウイングマークが撤去された。
 このウイングマークは、以前特急〈はくたか〉の運用の一部をJR東日本所有の車輌が受け持った際の証として同編成に今まで残っていたもの。
 2011年6月21日(火)に特急〈北越6号〉で見かけた同編成にはウイングマークが見えず、翌6月22日(水)に改めて金沢駅で特急〈北越7号〉を確認したところ、跡形も無く消えていた。
 同編成の外塗装が綺麗に塗り直されていたほか、足回りも綺麗になり、台車には「2011-6-1 AT」や「2011-6-3 AT」の記載があったことから、今月に秋田総合車両センターで検査を受け、出場した時点で既に外されていたものと思われる。

矢野忠彦(兵庫県)
2011_06_21_yano_tadahiko001.jpg
 
'11.6.21 阪急電鉄京都本線 大山崎
 日立製作所から納入され、正雀車庫で調整が行なわれていた今年度新造車1本目の9004F8連だが、6月17日(金)より正雀―桂間での試運転が開始された。
 9000系はこれで5本となり、置換対象となる3000系の去就が気になる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年6月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.