鉄道ホビダス

2011年6月21日アーカイブ

濱田昂之(東京都)
2011_06_20_hamada_takayuki001.jpg
京葉車両センター201系の定期運用最終列車となった881Y列車。
'11.6.20 京葉線 舞浜 P:濱田昂之

2011_06_20_ebie_kazushi001.jpg
大勢のギャラリーが見守る中、終着新習志野へ到着。

'11.6.20 京葉線 新習志野 P:海老江和賜

2011_06_19_sakuma_yuta001.jpg
分割運用は18~19日が最後となった。写真は19日の623Mに充当された姿。

'11.6.19 東金線 福俵―東金 P:佐久間悠太
 6月20日、京葉車両センター所属の201系K4+54編成が81運用(新習志野→蘇我→東京→新習志野)をもって定期運用を終了した。
 京葉車両センターの201系は2000年に三鷹電車区(現:三鷹車両センター)から転入し、以来約12年活躍してきた。
 また当編成の離脱で、豊田車両センターで留置中のクハ201-1を除き、JR東日本から201系全車輌が引退することになる。

【JR貨】EF81 27号機の話題

宮島昌之(石川県)
2011_06_19_miyajima_masayuki002.jpg
3091レの先頭に堂々と立つ27号機。昨年秋に見た無動回送が嘘のよう。
'11.6.19 北陸本線 東金沢
 2011年6月19日(日)、日本海縦貫線貨物3091レに、富山機関区所属のEF81 27が牽引した。
 EF81 27といえば、富山機関区で長期間留置され暫しの沈黙の後、昨年10月24日に3092レにて無動力回送された旨を当欄で報告している。その後広島車両所に送られたことから、レイル・ファンの間では廃車ではないかと思われたが、今年の春になって再び広島から富山に戻り運用に復帰している。
 今回の復帰は東日本大震災に伴う日本海側ルートでの輸送増強にともなう措置と思われるが、同様に招集された他の機関車達は順次役目を終え、所属地へ帰還している機関車もある中で、このEF81 27は今現在も日々北へ南へと走り続けている姿を見ることができる。
 いわゆる「完全復帰」なのかどうかは不明だが、初期型の同機だけに今後の活躍や動向が注目される。

○関連記事
【JR貨】EF81 27 無動力回送

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年6月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.