鉄道ホビダス

2011年6月10日アーカイブ

宮島昌之(石川県)
2011_06_10_miyajima_masayuki001.jpg 「能登ふるさと博」ラッピング列車、"のとドン号"登場! 
'11.6.10 のと鉄道七尾線 穴水

2011_06_10_miyajima_masayuki002.jpg
能登地方を代表する「ゆるキャラ」達が集まった。

'11.6.10 のと鉄道七尾線 穴水(敷地外公道より撮影)
 7月1日(金)より石川県能登地方全域で開催される観光イベント「能登ふるさと博」をPRするため、のと鉄道七尾線でNT200形気動車を使用した「能登ふるさと博」ラッピング列車"のとドン号"が誕生、6月9日(木)より営業運転を始めている。
 ラッピングされたのはNT200-212で、デザインは「能登ふるさと博」の文字ロゴを中心に同博のイメージキャラクター"のとドン"をはじめ、和倉に温泉を発見したとされる白鷺が産んだ「タマゴ」をイメージした"わくたまくん"や、七尾市出身の画聖長谷川等伯をモチーフにした"とうはくん"のゆるキャラ達のほか、UFOの街でも知られる羽咋市からは"UFOと宇宙人"の絵も描かれるなど、子どもから大人まで親しみやすいデザインになっている。また"のとドン"のオリジナルヘッドマークも作られ掲示されている。
 「能登ふるさと博」は、能登地方の地域資源である、食や自然、祭、観光施設のほかイベントなど特別な建物を持たない能登地方全域が巨大な「パビリオン」となって観光客を出迎え、おもてなしをするもの。
 今後"のとドン号"は同線の普通列車の運用に逐次投入され、「能登ふるさと博」が閉幕する10月8日(土)まで運行される予定。

瀧之脇雅人(兵庫県)
2011_06_09_takinowaki_masato001.jpg
最後の営業運転となるのか、381系代走最終列車の〈こうのとり25号〉。
'11.6.9 福知山線 相野
 5月31日で特急〈こうのとり〉の定期運用から離脱していた国鉄色381系は、〈こうのとり〉に使用されていた183系の車輌不具合によって6月3日から〈こうのとり〉運用に入っていたが、当初予定の9日をもって代走運用を終了した。
 今後、緊急の場合を除いて営業運転の予定が無いため、381系の去就が注目される。なお、3編成のうち2編成がすでに吹田工場及び後藤総合車両所に回送されている。
後藤篤史(千葉県)
2011_06_07_goto_atsushi001.jpg
古巣にて最後の夜を過ごし、いざ旅立ち! 
'11.6.7 松戸車両センター(敷地外より撮影)
 6月7日(火)、松戸車両センター所属の203系マト51編成が前回のマト66編成同様、海外譲渡のため新潟貨物ターミナルまで配給輸送された。EF81 141号機〔長岡〕の牽引で松戸→東浦和→大宮→水上→新潟貨物ターミナルの経路で輸送された。

【JR貨】EF81 304 返却へ

渡辺基幸(福井県)
2011_06_09_watanabe_motoyuki001.jpg
九頭竜川を渡る。
'11.6.9 北陸本線 森田―福井
 6月9日に運転された3092列車の機次位にEF81 304が無動で連結された。なお3092列車の本務機はEF510-6だった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年6月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.