鉄道ホビダス

2011年5月24日アーカイブ

中川健成(大阪府)
2011_05_08_nakagawa_takenari001.jpg
2614~2826編成の旧塗装と新塗装の混合編成を用いた教習列車。
'11.5.8 京阪電気鉄道京阪本線 香里園付近
 京阪電鉄では、5月7~8日にかけて本線上で教習列車の運行を行なった。この列車には新塗装と旧塗装の混合編成の2600系2614~2826の編成が用いられ、表字幕は黒一色で前後に「教」の円形副標識が掲げられた。また、乗降扉には「回送」の紙が貼られていた。
宮島昌之(石川県)
2011_05_07_miyajima_masayuki001.jpg
上り線ホームのうち1ヵ所の駅名標が「湯乃鷺駅」に掛け替えられた。
'11.5.7 のと鉄道七尾線 西岸
 2011年4月よりテレビ放送が始まったアニメ『花咲くいろは』に登場する「湯乃鷺(ゆのさぎ)駅」のモデルとなった、のと鉄道七尾線西岸駅ホームに、2011年4月29日(金)より「湯乃鷺駅」の駅名標が登場している。
 現在ホームに4つある駅名標のうち、上り線ホームの穴水方1ヵ所について、「西岸」から「湯乃鷺」に掛け替えられたもので、赤茶けた錆びの部分など作品を忠実に再現したものになっている。
 5月7日(土)に訪問した際も絶えずファンが訪れており、列車に乗って訪れたり、駅前には県外ナンバーの車を見かけたりした。そのファンの方から伺った情報や、地元地方紙の新聞報道によると、4月29日(金)には同駅で「湯乃鷺駅」駅名標のお披露目除幕式が執り行なわれ、同アニメの製作スタッフや「のと鉄道」の関係者のほか、県内外から多くのファンが駆けつけ撮影会が行われたとのことである。
 駅舎の中には、入口付近の壁に「ようこそ石川へ」と一言添えられた「花咲くいろは」の特大ポスターが飾られており、その背景にも満開の桜に包まれた「湯乃鷺駅」が描かれている。また備え付けの駅ノートの表紙も「花咲くいろは」仕様になるなど変化がみられた。この「湯乃鷺駅」駅名標は、全ての放映終了後も当分の間はこのまま掛けられる模様だ。
 なお現地の状況を見るかぎり、西岸駅前の駐車場は3、4台分しかなく、また当日も見かけたが、のと鉄道の列車を利用して西岸駅で下車する団体観光客を迎えるため、駅前に大型観光バスがしばらく駐車する場合があるようなので、車で直接西岸駅を訪れるのは控えた方が望ましいようだ。
 また同駅は今や貴重な存在になりつつある「木造駅舎」のひとつでもあり、綺麗な駅舎とホームを末永く守るためにも、マナーを守って撮影に望みたいものである。
森 康平(東京都)
2011_05_07_hagiwara_ryo001.jpg 高崎の新しい顔となったC61 20。
'11.5.7 高崎車両センター高崎支所 P:萩原 涼

2011_05_07_mori_kohei001.jpg
入換でC61 20とEF55 1の組み合わせが実現。

'11.5.7 高崎車両センター高崎支所 P:森 康平
 高崎車輌センター高崎支所にて、蒸気機関車C61 20の展示会が5月7日に開催された。C61 20以外にも、EF55 1・DD51 842・旧型客車が展示され、休憩車輌には12系6輌が使用された。
 なお展示会終了後、DD51 842は単機で、C61 20はEF55 1と連結してそれぞれ入換を行なっている。

中安喜一(長野県)
2011_05_03_nakayasu_kiichi001.jpg 5月3日は1000系"ゆけむり"と2000系D編成が並ぶ。D編成は「急行」表示! 
'11.5.3 長野電鉄屋代線 信濃川田

2011_05_05_nakayasu_kiichi001.jpg
5日はスノーモンキーと2000系D編成の並び。

'11.5.5 長野電鉄屋代線 信濃川田
 長野電鉄では5月3~5日に「ゴールデンウィーク特別企画」と称して2000系D編成と2100系"スノーモンキー"を使用した臨時急行列車の運転と信濃川田駅でミニ撮影会を開催した。
 臨時急行列車は、5月3・5日が2000系D編成、4日は2100系"スノーモンキー"が充当された。運転行程は須坂―湯田中―須坂―屋代(4日のみ松代)―須坂―長野―須坂で、種別幕は「臨時」を表示した。
 信濃川田駅でのミニ撮影会は3日が2000系D編成と1000系、4日が1000系と2100系、5日が2000系D編成と2100系の並びであった。この撮影会のために3・4日に1000系、5日に2100系の臨時回送列車が須坂―信濃川田間で運転された。また、撮影会会場ではグッズ販売も行なわれた。

野中麗央(香川県)
2011_04_29_nonaka_reo001.jpg
小さいラッピングだが四国代表として応援! 
'11.4.29 予讃線 高松
 4月29日より、2000・5000・8000系の一部編成に「がんばろう!日本」と書かれたラッピング電車が走っている。
 これは観光庁の国内旅行振興キャンペーンの一環で、当分の間ラッピングされる模様。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年5月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.